米FRB、中央銀行デジタル通貨についての協議書を発行

CBDCの長所と課題についての協議書

米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての協議書を発表した。米国がデジタルドルを発行する場合の恩恵とリスク・課題について議論し、その内容について、一般から広く意見を募集するものだ。

FRBは、「CBDCが安全で効果的な国内決済システムを促進できるかどうか、またどのように促進できるかを議論するための最初のステップだ。この協議書自体は、特定の政策を支持するものではない」と説明している。実際のデジタルドルに向けた動きはすべて米国議会に委ねられているという。

FRBは、協議書について次のように述べた。

CBDCは、決済システムが進化し続ける中で、家庭や企業に安全なデジタル決済の選択肢を提供し、国家間の決済の高速化をもたらす可能性がある一方、課題も存在し得る。

通貨と金融の安定性をどのように維持するか、国民のプライバシーをどのように保護するか、違法な金融行為に対抗する能力をどのように保つかなど、政策上考慮すべき重要な点がある。

この協議書では、こうした要素やその他の事柄について、詳細に論じた。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

CBDCのもたらす恩恵とリスク

FRBは協議書で、CBDCの長所として、「国際決済の効率化」や「金融包摂」などを挙げた。また、他の国がCBDCを発行した場合に、米国もデジタルドルを発行することで、国際的な基軸通貨としての米ドルの地位を保つ効果もあるとしている。

一方で、潜在的なリスクや政策課題についても論じた。

まず、CBDCが銀行預金を置き換えてしまうことにより、企業や政府の信用力を低下させたり、信用コストを上昇させたりする可能性があると指摘。特に、利子付きのCBDCの場合、他の低リスク資産(投資信託、財務省証券、その他の短期金融商品)からの資産流入をもたらしかねないとした。

また、CBDCは金融政策の効率性についても、影響を与える可能性があると続けている。FRBは長期的に、CBDCの増加に対応するため、バランスシートを拡大する必要があるかもしれないという。ただ、現物の法定通貨などへ対する需要が、CBDCにシフトしていく場合、そうした必要性は緩和されるとした。

その他、消費者のプライバシー保護、マネーロンダリングやテロ資金調達の防止、サイバーセキュリティの確保などを課題として挙げている。

FRBの問いかけ

FRBは、想定されるCBDCの恩恵やリスク・政策課題を説明した上で、協議書の最後で、いくつもの問いを投げかけ、意見募集した。例えば、以下のような質問である。

  • CBDCは金融セクターに悪影響を及ぼし得るか? ステーブルコインや他の民間マネーが金融部門に与える影響とはどのように異なるか?
  • 米国がデジタルドルを発行しない場合、米国内および国際的なデジタル決済はどのように発展するか?
  • CBDCは、完全な匿名性を提供せず、不正な金融活動を誘発せずに、どのように消費者にプライバシーを提供することができるか?
  • CBDCは有利子とすべきか、また、その理由と方法は?
  • どのような企業がCBDCを仲介すべきか? こうした仲介企業の役割と規制構造はどうあるべきか?
  • 将来の技術革新は、CBDCの設計や政策にどのような影響を与えるだろうか?

FRBのジェローム・パウエル議長は、協議書のリリースに際して「国民、議員、幅広い関係者と一緒にCBDCの長所や短所を探っていきたい」と述べた。FRBは、2022年5月20日まで、オンラインで意見を受け付けている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します