中東クウェートのWarba Bank、メタバースゲーム領域参入へ 若年層の顧客との関係強化などが目的

Web3トレンドを意識した動き

中東クウェートに拠点を構えるイスラム銀行Warba Bankは6月末、メタバース(仮想現実)ゲーム領域への参入を発表した。

同行が参入するのは、NFT(非代替性トークン)ゲーム「ディセントラランド(MANA)」と「ザ・サンドボックス(SAND)」。コミュニケーションチャンネルの強化と、若年層(アルファ世代およびZ世代)の顧客との繋がりを強化するのが目的とされる。

イスラム銀行は、一般的な銀行とは異なり、イスラームの教義、慣行に基づいて運営される。基本的に、無利子の金融機関として運営されるのが特徴だ。

関連:米TIME、ザ・サンドボックスで「タイムズ・スクエア」構築へ

発表によると、メタバース領域への参入は、Web3(分散型ウェブ)への転換が進むデジタル上のトレンドを鑑みた形で実現したという。現時点では、Warba Bankのメタバース内での具体的な取り組み内容は発表されていない。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使い、様々な楽しみ方ができる。

▶️仮想通貨用語集

Warba Bankの、Anwar Bader Al-Ghaithサポートサービス・財務担当上級VPは、今回の試みでバーチャルリアリティのパイオニアになることを期待していると説明。以下のようにコメントしている。

バーチャルリアリティの世界は、サービス、教育、健康など、いくつかの先進的な分野で使用されている。Warba Bankは、バーチャルリアリティで顧客に寄り添い、商品やサービスを紹介するとともに、デジタル変革のパイオニアである同行のイメージを反映した革新的な方法で、顧客とコミュニケーションを実施することを目指す。

英HSBCなどもメタバースに参入済

暗号資産(仮想通貨)市場が冷え込みを見せる一方、メタバースへの参入を発表する企業は日増しに増え続けている格好だ。

6月末には、米著名ニュース誌TIMEが「ザ・サンドボックス」との提携と、バーチャル版「タイムズ・スクエア」を構築する計画を発表。世界4大会計事務所のひとつKPMGの米国部門とカナダ部門も、コラボレーション・ハブの開設する予定を公表している。

金融業界としては、英大手銀行HSBCが3月に「ザ・サンドボックス」に参入する方針を明らかにしている。同ゲームの仮想土地(LAND)を取得し、スポーツやゲーム分野での活用を目指して開発を行う予定だ。

「ザ・サンドボックス」は、全世界で4,000万ダウンロードを突破する人気ブロックチェーンゲーム。ゲーム内アイテムをNFT(非代替性トークン)として制作・売買することなどで、独自の経済圏を提供する「ゲームメイキングプラットフォーム」だ。

「ディセントラランド」は、2015年、2Dプラットフォームとして誕生。その後、VR(バーチャルリアリティ)とブロックチェーン技術を組み合わせた仮想空間プラットフォームに発展した。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します