bitFlyer、ポリゴン(MATIC)とメイカー(MKR)を販売所取扱へ

ポリゴン(MATIC)、メイカー(MKR)を取り扱い開始予定

国内暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は6日、「ポリゴン(MATIC)」「メイカー(MKR)」の新規取扱開始予定を発表した。

発表によると、bitFlyerの「販売所」で新たにポリゴン・メイカーの取扱いが開始される予定。取引開始日などの詳細は決まり次第報告される。

メイカー(MKR)は2017年にローンチされたMakerDAOのガバナンストークン。同プラットフォーム上で発行されるDAIの発行・管理などを行ういわゆるブルーチップのDeFiプロジェクト(イーサリアム基盤)だ。DAIは1DAI=1米ドルが目標価格として設定されており、ステーブルコインUSDCやETHおよびその他のERC20トークンによって裏付けられている。

ポリゴン(MATIC)は、ブロックチェーン上のトランザクション速度を向上させ、コストを削減することを目指すイーサリアム(ETH)のセカンドレイヤープロジェクト。MATICは、Polygonのネイティブトークンであり、取引にかかるネットワーク手数料の支払いやステーキングなどで使用できる。

販売所は、bitFlyerが取引相手となり、bitFlyerの提示する価格で即時に売買できるサービス。執筆時点にbitFlyerの販売所では以下15種類の銘柄を取り扱っている。

関連:米Circleの決済サービス、ポリゴン版USDCに対応開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します