グレースケール、投資信託からDOTやBCHなど7銘柄を売却

計7銘柄が対象外に

米国の大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケール社は8日、同社の運用する投資信託ファンドの再編成を発表した。

22年2Q(4月から6月)期の審査に応じて対象銘柄を多数取り除いた。

グレースケール社は適格投資家を対象に、機関投資家らが仮想通貨を保有せずエクスポージャーを得る手段としての仮想通貨投資信託を提供する大手投資企業。

特に、ETFへの転換を米SECに申請中のビットコイン投資信託(GBTC)は2013年に設立されており、BTC総供給量の3%に相当する638,200BTCの運用規模を誇る。

出典:coinglass

投資比率などが変更された投資信託は以下の通り。

  • Digital Large Cap Fund(GDLC)
  • DeFi Fund(DeFi Fund)
  • Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE Fund)

エクスポージャーとは

投資家や金融機関、企業が保有する金融資産のうち、価格変動などのリスクにさらされている金額や残高、比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連:米グレースケールのビットコインETF転換申請、SECが非承認

対象銘柄の変更

Digital Large Cap Fundはバスケット型の投資信託で、これまでは10銘柄で構成されていた。しかし、2Q中の価格パフォーマンスなどを受け、以下の銘柄を売却する形で比率を再編した。

これを受け、同信託の投資比率は以下のように変更された。

また、DeFi Fundからはヤーンファイナンス(YFI)が対象外となり、GSCPxE Fundからはステラルーメン(XLM)が売却された。これらのファンドを通じて、投資対象に未だ含まれている銘柄は以下の通り。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します