CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン反転上昇、来週からは様子伺う展開が濃厚か|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週(9日〜15日)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

9日〜15日レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円相場は、6月の米消費者部下指数(CPI)の発表を控え、週明けからアジアの株式市場が軟化したのに連れ安となり、290万円を割り込み280万円割れを試す展開で始まると、金融安定理事会(FSB)が10月のG20会議で暗号資産(仮想通貨)の包括的且つ国際的な規制枠組みを提案するとの報道や、Uniswap V3のLP(Liquidity Provider)に対するフィッシング攻撃で巨額のETHが不正流出したことを嫌気し270万円を目指した。

週央に差し掛かると、CPIを警戒して米株が強く押しBTCの連れ安。結果は9.1%と市場予想を上回り、相場は一時260万円にタッチしたが、ショッキングな結果は織り込み済みだったことや、インフレのピークアウト観測も台頭し相場は同水準から反転上昇した。

さらに、14日は米大手金融機関の決算が振るわずリスクオフムードが一時広がるも、米連邦準備制度理事会(FRB)のウォーラー理事とセントルイス連銀のブラード総裁が、7月も75ベーシスポイント(bp)の金利引き上げを支持したことで、CPIの結果を受けた100bp利上げ織り込みが巻き戻し、BTCは280万円台に戻した。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

ウォーラーFRB理事が以前に言及した9月の利上げ幅縮小の可能性が、CPIの上振れにより掻き消されたかと思いきや、タカ派として知られる同氏とブラード総裁が75bp維持を支持したことは意外だった。

もっともウォーラーFRB理事は、7月の75bp利上げ維持は今後の小売売上と住宅市場の需要によって柔軟に考える必要があるとも発言しており、金融政策の引き締めによる需要の抑制、引いては物価上昇圧力の低下を月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)までに確認できるかが鍵となってくるだろう。

今週からは米企業の決算シーズンの幕開けとなっており、来週も大手金融機関や航空会社にツイッター、テスラといったIT、テック企業の決算が控えている。

好決算が続けば企業価値的にはプラスとなるが、政策金利動向の観点からは大幅な利上げを促すこととなり得るため、単純にBTCにプラスとは言えないか。今週は利上げサイクル減速の兆しが見えてきたとも言えるが、依然としてその確証を掴むまで見通しの悪さは続くだろう。

市場が金利動向に敏感となる中、来週からはFOMCを控えた参加者のブラックアウト期間も始まるため、経済指標と企業決算を手掛かりにしつつ様子を伺う展開が濃厚かと指摘される。

テクニカルの側面では、BTCは1時間足と4時間足の200本移動平均線がレジスタンスとなっており、短期的には足元の水準で戻り一服となってもおかしくはなさそうだ。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン2万ドル水準回復の一方、マイニング巡る需給バランスは悪化

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧