BlockFi、希望退職を募集

20%の人員削減に続き

暗号資産(仮想通貨)融資サービス大手のBlockFiが、市場環境に合わせて組織サイズをアジャストするため、希望退職者を募集していることが分かった。

同社は相場急落と業界各社の債務問題の影響で6月に従業員数を20%削減したばかり。その後FTX(米国)との買収契約を締結したが、依然として財務再編に迫られているようだ。

匿名の情報提供者と、BlockFiの広報担当者が認めた内容によると、同社は従業員に優遇条件を提示して自主退職を促しているようだ。退職に応じれば、10週間の有給休暇や健康保険の継続、その他失業保険の受給資格といった確約がある。

BlockFiは希望退職者を募集している背景について、仮想通貨メディアDecryptに以下のように伝えた。

BlockFiは、現在の市場環境に合わせて組織サイズを適正にするために、自発的離職プログラムを開始した。これは決して軽率な行動ではなく、従業員にとって正しい決断を検討するための選択肢を持たせたい。

関連:BlockFi、仮想通貨取引所FTXの米国部門に買収権を付与へ

BlockFiの近況

これまでBlockFiを巡り、大手顧客のポジション清算や規制当局への罰金の支払い、人員削減といった苦境が明らかになっていた。

BlockFiの苦境の一端は、債務超過に陥ったヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)が担っている。3ACは2020年にBlockFiに戦略的投資を行った経緯で、BlockFiから多額のビットコイン(BTC)を融資されていたとみられる。

財政難に直面したBlockFiは6月13日に従業員数を20%削減し、850人から約680人に減らしたことを公表。7月には仮想通貨取引所FTX USに買収権利を提供する代わりに、融資枠を確保する最終契約を締結。FTXがオプションを行使すれば、BlockFiの従業員を含む株主全員の保有株の価値が損なわれるとの見方も出ていた。

関連:BlockFiへの緊急融資に不都合な条件、筆頭株主が対策を模索=報道

BlockFiのZac Prince最高経営責任者(CEO)は7月2日、FTX.USの融資枠はまだ利用しておらず、プロダクトやサービスは通常通り運営できると主張した。債務超過に陥った競合企業のVoyagerやCelsiusと同類ではないと強調する一方で、マーケティングやベンダーへの支出や、役員報酬を削減し、採用活動を抑制するなど財務の健全化に取り組んでいると加えていた。

仮想通貨市場では、大手ファンドの債務不履行に端を発する、連鎖的な破産法の適用申請が相次いでいる。7月1日にシンガポールのヘッジファンドThree Arrows capital(3AC)が米国で破産申請を出した。3ACに約900億円(6.5億ドル)相当を貸していたVoyager Digitalも、5日に破産申請を提出。

仮想通貨融資企業Celsius Networkも13日、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)に基づいた破産申請を行ったことを発表した。

関連:セルシウス、再建に関する公聴会は来週開催へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します