NFTゲーム「スターアトラス」、POLISトークンのステーキング開始へ DAOの初期ガバナンスも導入

預入期間で投票力が変化

ソラナブロックチェーン上に構築中の戦略ゲームStar Atlas(スターアトラス)は22日、同ゲーム向けのDAO(分散型自立組織)「スターアトラスDAO」の初期ガバナンス実装を発表。ガバナンストークン「POLIS」のステーキングサービスを開始することを明かした。

スターアトラスは、2620年の宇宙空間を舞台としたSF作品だ。プレーヤーは3つの派閥のうち1つに属し、構成員として宇宙船に乗りながら宇宙空間を開拓し、領土を拡大する。

基盤となるブロックチェーンはソラナ(SOL)で、エコシステムはNFT(非代替性トークン)、ならびにPOLISとATLASという2つの独自通貨を中心に構成。ゲームは現時点では開発中だが一部はリリースされており、4月時点でNFTの売上は累計約260億円(2億ドル)に達している。

関連:ソラナ基盤のNFTゲーム「スターアトラス」、決済企業MoonPayと提携

POLISは、3億6,000万枚が発行されており、所有者はスターアトラスDAOのフレームワーク内でロックすることで、報酬のほか各種議題に関する投票権を得られる仕組み。

ステーキングは、8月2日から開始される。スナップショットは1日に実施され、預入期間は2週間から5年までを設定可能となる。早期のロック解除は不可能で、スターアトラス運営自体も、所有するPOLISを3~5年周期でロックアップする計画だ。

スターアトラスのDAOには「投票力」を示すPVPと呼ばれるシステムが導入されており、この数値はPOLISのステーキング(ロックアップ)期間の長さによって増加する。同じ量のトークンを所有するユーザーの場合、ステーキング期間が長いユーザーの方が投票における大きな影響力を行使できるシステムとなっている。

ステーキングとは

一定量の暗号資産(仮想通貨)を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組み。厳密には、仮想通貨を保有するだけでなく、ネットワーク上に預け入れておく必要がある。

▶️仮想通貨用語集

POLISトークン所有者がDAOに参加可能

スターアトラスDAOには、POLISの所有者が参加できる。現段階ではPOLISのステーキングにフォーカスした状態となっているが、将来的には主に、以下のような統治システムが導入される予定だ。

  • エコシステムの開発と相互運用性(に関連する要素)
  • メタバース経済
  • 報酬、インセンティブ、税率を設定する権限
  • ゲームシステムの設計
  • ゲーム内法の制定

スターアトラスには、全体に関与するスターアトラスDAOのほか、ゲーム内の派閥やマップ地域に応じた「下層DAO」も設置。これらには各組織や地域の土地を所有するプレイヤーのみが参加可能だが、将来的にはスターアトラスDAO側でも下層DAOに関するルールやプロトコルを制定する投票が可能になる予定だ。

本作は最終的に、自律的なプレイヤーが所有するゲームとなる計画で、DAOが管理と資金供給を行うことが構想されている。初期段階から、経済はDAOの階層を通じて実行されるように設計されており、POLISとATLASのキャッシュフローによって支えられる形となっている。

関連:Star Atlas(スターアトラス)とは|注目すべき点や将来性を解説

DAOとは

「Decentralized Autonomous Organization」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します