CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム共同創業者ブテリン氏、マージ後の「4部構成アップデート」構想を語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムの完成度は40%

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は21日、フランスで開催されたイーサリアム・コミュニティの年次会議で講演し、大型アップグレード「マージ」完了後にも複数のアップグレードが計画されており、ネットワークは急激な変化期に突入すると語った。

マージとは

イーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行させる大型アップグレード。マージ(Merge)は英語で「統合」を意味し、現在のメインネットとコンセンサス形成を担う新しいチェーンを統合することで、新たなネットワークが構成される。

▶️仮想通貨用語集

ブテリン氏は、ビットコイン支持者がビットコインは80%完成していると見ているのに対し、イーサリアム支持者はイーサリアムの完成度は40%程度と見ていることに同意。今年9月に予定されるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行が完了すると、この数字は55%まで跳ね上がるだろうと述べた。

マージに至るまでの「長く複雑な移行プロセス」を完了することで、イーサリアムはより強固なネットワークになると同氏は主張。一方、アップグレードが完了しても、イーサリアムの完成度は道半ばであり、今後、以下のような四部構成のアップグレードが計画されているという。

  1. サージ(Surge):64のシャードチェーンの追加=メインネットの混雑緩和
  2. ヴァージ(Verge):Verkle tree(数学的証明)とステートレスクライアントの追加=ネットワークの分散化
  3. パージ(Purge):履歴データの削除=ネットワークの合理化
  4. スプラージ(Splurge):上記すべての統合

イーサリアムに「深い変化」を引き起こす一連のアップグレードは、安全で分散化されたネットワークづくりを目的としている。また、このロードマップの最終地点では、「よりスケーラブルなシステム」となり、毎秒10万件のトランザクションが処理できるようになるとブテリン氏は主張した。(現在の処理能力は15〜20件/秒)

関連:イーサリアム開発者、「マージ」実施目標を9月に設置

関連:史上最大のアップグレード迫るイーサリアム、画期的なトークンセールから始まった分散化の歴史

短期的な痛みと長期的な進歩

イーサリアム・ネットワークでは、今後しばらく前述したような大きな変化が続き、イーサリアムの能力は急速に高まることになるが、将来的には変化の速度を減速し「落ち着く」必要があると、ブテリン氏は語る。

ネットワークにとって安全性と予測可能性を最適化は重要だが、将来のイーサリアムは大型アップグレードを必要としないほど、十分な発展を遂げるかもしれないと同氏は主張した。

チューリング完全性に類似している。。。十分に強力なコンピュータであれば、ほとんど何でもその上で構築できる。

その目標に到達するまでの過程では、「短期的な痛み」を伴うが、長期的には「将来の世代がとても感謝する事になるだろう」と同氏は述べ、自信を示した。

関連:イーサリアムL2「zkSync 2.0」、22年11月にローンチへ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。
07:30
バイナンス、新たな機関投資家向けソリューション提供へ
仮想通貨取引所バイナンスは、機関投資家向けの新たなソリューショーンを発表。開発の目的やプロジェクトの現状を説明している。
07:15
韓国Upbit、仮想通貨「SPACE ID」新規上場 一時30%高
韓国最大手仮想通貨取引所Upbitは30日、銘柄SPACE ID(ID)をBTC建て通貨ペアとして新規上場した。上場ニュースを受けてIDは一時30%急騰。
06:30
米SEC、フィデリティのイーサリアムETF上場申請で審査開始
米SECは新たに、フィデリティの仮想通貨現物イーサリアム(ETH)のETF上場申請について、パブリックコメントを募集し始めた。
05:30
約6億ドル分のビットコイン買い増し、マイクロストラテジー
米マイクロストラテジーは30日夜、再びビットコインを買い増ししたことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア