CoinPostで今最も読まれています

史上最大のアップグレード迫るイーサリアム、画期的なトークンセールから始まった分散化の歴史

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

PoSへの移行「マージ」への期待

時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は今年、大きな転換点を迎えようとしている。

ネットワークを支えるコンセンサスアルゴリズムを、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行させる大型アップグレード「The Merge」(マージ)の実施予定日が、9月19日に設定された。

関連:イーサリアム開発者、「マージ」実施目標を9月に設置

マージ(Merge)は英語で「統合」を意味しており、The Mergeでは、ユーザーが現在利用している旧イーサリアム(メインネット)と「ビーコンチェーン」と呼ばれる新しいチェーンを「統合」することにより、PoSへのアップグレードが完了する。

20年12月にローンチされたビーコンチェーンは、ステーキングの管理やバリデータの選択、シャードチェーン同士の連携など、イーサリアムが適切に機能するためのインフラを提供する。トランザクションなどの処理は行わず、コンセンサス形成を担うレイヤーとして機能する。(=コンセンサスレイヤー)

一方、現在のメインネットはトランザクションやスマートコントラクトの実行(=エクセキューション)を担うレイヤーとなり、コンセンサスレイヤーとエクセキューションレイヤーの二つのレイヤーが統合することで、新たなイーサリアムを構成することになる。

PoS移行によりブロック生成を行うのはマイナーからバリデータに変更されるため、ETHのマイニングは終了する。マイニングによるPoWブロックチェーンのエネルギー消費量が、仮想通貨懐疑論者の批判の的となっているが、その問題も大幅に解消されると見込まれている。

しかし、イーサリアムのエコシステムにおいて最も大きな影響を受けるのは、マージ完了後にETHの1日あたりの生成数が激減することだろう。PoW時の12,000 ETHから1,280 ETHとなり、推定インフレ率は約90%減少することになる。

関連: 待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

画期的だったトークンセール

マージの実施により新たなETHの発行モデルが導入されることになるが、イーサリアムの最初期に行われたクラウドセールは、当時、ビットコインを利用した画期的な資金調達方法として大きな注目を集めた。

ETHのトークンセールは、ネットワーク立ち上げの1年前、2014年7月から9月まで実施されたが、早期参加を促すためのインセンティブとして、早期に購入するほど割安にETHを入手できる仕組みとなっていた。最初の2週間は1BTCあたり2,000ETHを購入可能だったが、その後、短期間で1BTCあたり1,337ETHまで価格は急騰していく。

仮想通貨データ分析企業Coin Metricsによると、この期間のクラウドセールで計6,000万ETHが販売され、売り上げは31,000BTCに達した。そのうちの約5,000万ETHは割安感のあった初めの2週間に集中している。最大購入額の上位3位は、500BTC、466BTC、330BTCで、クラウドセール参加者の平均購入額は「3.65BTC=約7,000ETH」だったという。

イーサリアムの総供給量の変遷

早期購入者には、さらなるインセンティブが用意されていた。

創成期にエコシステムへ貢献した報酬として、早期購入者は販売されたETH全体の約10%に相当する量を追加で受け取った。また、イーサリアム財団にも約10%の量が確保されたため、ネットワークローンチ時のETHの総供給量は7,200万ETHとなり、8,893のアドレスで保有されていた。

最初期の保有者(ジェネシス・アカウント)の92%は、その後ETHを移動しており、現在に至るまで一度もETHを動かしていないアドレスは693のみ。そのうちの最大のウォレットは25万ETHを保有しているという。

現在、マイニング(採掘)によりETHが新たに発行され続けた結果、ETHの総供給量は約1億2,000万ETHとなっている。今日までに新たに5,000万ETHが発行されたことになるが、イーサリアム創成期に作成されたウォレットが保有するのは、ETHの総供給量の約2%に当たる266万ETHと年々減少しているようだ。(2018年は700ETHを保有)

8年というイーサリアムの短い歴史の中で、分散化が進んできた証左と言えるかもしれない。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧