DeFi大手Aave、分散型の運営継続を強調 米国のTornado Cash制裁受け

分散型の運営継続を強調

DeFi(分散型金融)の大手レンディングプラットフォーム「Aave」は、CoinPostの提携メディア「The Block」に対し、政府による制裁を理由にウォレットの監視をスマートコントラクトレベルで行う場合は、コミュニティの同意を必ず得ると説明した。

米国が暗号資産(仮想通貨)ミキシングサービス「Tornado Cash(トルネードキャッシュ)」を制裁対象にした後、Aaveにアクセスできなくなったユーザーがいる。しかし、これはあくまでフロントエンドレベルでの監視だとした。

フロントエンドとは

「前部」といった意味のある英単語で、アプリにおいてはユーザーが直接、入力や操作を行う部分を指す。

▶️仮想通貨用語集

関連AAVEとは|有望DeFiプラットフォームの特徴と将来性を解説

米国では8日、財務省外国資産管理局(OFAC)がトルネードキャッシュを制裁対象に指定したことを発表。オランダでは、トルネードキャッシュに関与したとして開発者が逮捕される事例も起きており、規制機関の取り締まりに業界からは批判の声も上がっている。

関連オランダの捜査機関、Tornado Cash関与の開発者を逮捕 業界の反応は

また、OFACの発表の後に、何者かがトルネードキャッシュから様々なアドレスにイーサリアム(ETH)を送信。これは制裁措置に対する一種の抗議とも見られており、送り先には著名人と関連する仮想通貨ウォレットも多く含まれている。この影響で、トロン(TRX)創設者のジャスティン・サン氏も13日、「誰かがトルネードキャッシュから0.1ETHを送信したことで、Aaveにブロックされた」と報告した。

関連何者かがTornado Cashから著名人らにETH送金 制裁措置への抗議か

しかし、このように間接的にトルネードキャッシュを利用したとみなされたことによってAaveを使用できなくなることは、単なる設定ミスだという。Aaveはすでに設定を訂正しており、トルネードキャッシュを直接使ったことがないユーザーのブロックは解除されている模様だ。

Aaveはスマートコントラクトレベルでのプロトコル変更について、以下のように説明している。

Aaveのスマートコントラクトは分散型。1人の人間や1つの企業がプロトコルを変更、管理、更新、閉鎖することはできない。

プロトコルのこういった変更は、Aave DAOによる承認という正式なプロセスを経て実施される。

米国の制裁発表後には、dYdXやBalancer、UniswapなどのDeFiプラットフォームもユーザーをブロックした事例が報告されており、ユーザーからは中央集権的な対応に不満の声が上がっていた。

関連Tornado Cash制裁措置の影響、dYdXでブロックユーザーが急増

Aaveの発表

Aaveは14日、今回の一連の状況に関してコメントを発表。Aaveでは安全にユーザーが利用できるようにすることが最優先事項だと述べ、米国がトルネードキャッシュを制裁対象にした後に、「TRM」というソリューションを導入したと説明した。

TRMは米国の制裁決定後にトルネードキャッシュと通信したウォレットを発見できるようになっており、サン氏らのブロックは、このTRMの設定にミスがあったようだ。Aaveは即座に設定を訂正したと説明している。

そして、Aaveはこれからもイノベーションを継続すると主張。Aaveのプロトコルは今後も分散型で運営されるとし、公平な金融サービスを提供するため、コミュニティに参加を継続して欲しいと訴えた。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します