スタートバーン社、ブロックチェーン関連サービスをリブランディング

自社ブロックチェーンを普及させるための変更

スタートバーン株式会社は17日、自社サービス「Startbahn Cert.」の名称を「Startrail PORT」に変更することを発表した。

同社は、アート向けのブロックチェーンインフラ「Startrail」を提供しており、京都⼤学公認VCみやこキャピタル株式会社と、株式会社東京⼤学エッジキャピタルパートナーズが出資を行っていることで知られる企業。

「Startrail」自体は、ブロックチェーンおよびNFT(非代替性トークン)を活⽤して、アート作品の信頼性と真正性を担保し、作品の⼆次流通・利⽤を管理できる仕組みを実現するシステムだ。

「Startrail PORT(旧Startbahn Cert.)」は、「Startrail」を使用するためのツールでウェブアプリやAPI、ICタグを提供。ブロックチェーン証明書「Cert.」も取り扱い、同インフラのより簡単な利用を可能にする。

利用する事業者は「Startrail」のNFTを発行・移転することも可能で、アート作品を購入した所有者は、StartrailのNFTに記録されている情報を閲覧可能だ。

出典:スタートバーン株式会社

スタートバーン株式会社は、今回のリブランディング(サービスおよび企業ブランドの名称やデザインの統一)は、「Startrail」をより広く普及させるための取り組みと説明。機能の拡充も進めていくとしている。

リブランディングに伴い、「Cert.」は、「SRR」へと改称される。各種ロゴなどの変更も行われる予定で、8月17日より順次、名称やデザインの変更が実施される計画。NFCタグも「Startrail PORT」のシンボルマークを使ったデザインに刷新される予定だ。

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:京⼤・東⼤VC、アートの価値をブロックチェーンで⽀えるスタートバーンへ出資

関連:「NFT鳴門美術館」リニューアルオープンへ 国内美術品・アート作品NFT化の普及目指す

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します