Googleがブロックチェーン企業2社と提携:Cloud上でブロックチェーンフレームワークを提供へ

GoogleCloudの提携
世界的に有名なGoogleが、Digital Asset社および、Block Apps社という2社のブロックチェーン企業と提携を結び、自社サービスGoogle Cloud上でブロックチェーンフレームワークを提供することを発表した。
Google Cloud Next 2018会議
Google Cloudは7月24日に、Google Cloud Next 2018年会議にて「Google Cloudのブロックチェーン技術提携」というテーマのセッションも行った。Googleがブロックチェーン業界に進出してきたのは、非常に注目すべき事柄だ。
ブロックチェーンとは
非中央集権の分散型台帳技術、または分散型ネットワークのこと。基本的に改竄できず信頼性が高いため、仮想通貨のみならず煩雑な契約自動化によるコスト削減など、幅広い用途での活用が期待されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Googleとブロックチェーン

世界最大級のIT企業として知られるGoogleは、ブロックチェーン企業のDigital Asset社および、BlockApps社と提携を行い、Google Cloud プラットフォーム(以下、GCP)を通じて、ブロックチェーンフレームワークを提供することを発表しました。

Digital Asset社は、アメリカにて2014年に創業され、金融機関向けのブロックチェーンプラットフォームを提供しており、現在では世界5カ国にオフィスを構えるほどにまで成長。出資者には、ゴールドマン・サックスやIBMなど世界的にも有名な企業が名を連ねています。

BlockApps社は、2015年に同じくアメリカで創業され、「BlockApps STRATO」という容易に使用でき、強力なサービスとしてのブロックチェーン(BaaS)プラットフォームの提供を行なっています。

CBInsightsの報告書によると、2012年から2017年の間にブロックチェーン技術に投資を行ってきた企業において、Googleは、日本の「SBIホールディングス」に次ぐ第2位に位置付けられるなど、高い評価を受けています。

その他の大手企業の動向としては、2018年4月に、アマゾン社が自社のアマゾンウェブサービス(AWS)にてブロックチェーンフレームワークを導入し、IBMは2017年10月に仮想通貨ステラーと提携を締結。

今月7月には、法定通貨とのペッグ通貨である仮想通貨Stronghold USDの支援を行うなど、グローバル企業が続々と仮想通貨業界に参入してきている一方で、今日に至るまでのGoogle社の(仮想通貨業界に対する)スタンスは、消極的な印象が拭えませんでした。

提携によるメリット

しかし、今回の提携により、ユーザーはGCPを通じて、ブロックチェーン技術のフレームワークを使用することができるようになり、、ブロックチェーン技術を一から設定せず気軽に使用できるようになります。

さらに同社は、年末にオープンソースの「Hyperledger Fabric」やイーサリアムの組み入れも検討していると記述されています。

Digital Asset社のCEOを務めるBlythe Masters氏は、今回の提携によって新たな革新的技術であるブロックチェーン全般のソリューションを提供することができるようになると言及し、以下のように語りました。

今回の提携で、Google Cloudに分散型台帳プラットフォームおよびモデリング言語を提供することで、ブロックチェーンアプリケーションの発展における技術的障壁を大幅に下げることができる。

同じく、 Google社と提携を行なったBlockApps社は、「イーサリアム基盤のBlockApps STRATOは、企業レベルでのAPI調整、承認アルゴリズム設定、既存のSQLデータベースを使用したブロックチェーンデータの読み込み、書き出しを可能にする。」と記述。

「アプリケーション開発者は、STRATOを容易に使用することができ、既存のシステムに統合することができる。」と、メリットを主張しています。

ブロックチェーン技術提携に関するセッションが開催

Google Cloudは7月24日、サンフランシスコで開始されたGoogle Cloud Next 2018年会議では、「Google Cloudのブロックチェーン技術提携」というテーマで、50分間のセッションを開催しました。

世界で広く認知されているGoogleが、ブロックチェーン技術に関心を持ち、今回のような提携を結びブロックチェーン関連のサービス提供を行うことは、非常に注目すべき出来事だと言えるでしょう。今後も同分野でのさらなる発展が期待されています。

CoinPostの関連記事

Googleがブロックチェーン技術の開発に着手か
Googleは、同社のクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術の開発に着手しています。クラウドサービスに分散台帳を応用することで顧客のデータ管理体制がより強固なものとなり、他社サービスとの差別化を図る意向です。
Cardano(ADA)クリエイターがGoogleから招待:ウロボロスアルゴリズムを解説
仮想通貨CardanoクリエイターのCharles Hoskinson氏は、Googleロンドン本部から、ウロボロスと呼ばれるProof of Stakeアルゴリズムの質問に答えるため、社内講演の招待を受けた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用