過去1年間のNFT盗難総額は130億円超=Elliptic

NFT犯罪のペース衰えず

暗号資産(仮想通貨)分析企業Elliptic社は24日、NFT(非代替性トークン)を利用した犯罪に関するレポートを発表した。

Elliptic社は2021年7月から22年7月にかけて130億円(1億ドル)以上のNFTが盗難されたと報告。なお、価格データは遡及的に計算されたため、実際の被害総額は予想を上回る可能性も残る。

また、22年5月に盗難された事例が確認されたものでは(2400万ドル)相当のNFTがあった。

22年7月に最も多くの詐欺事例(4,600件)が多発しており、弱気相場でもNFTの盗難は減少しなかったとEllipticは分析した。

また、最近ではSNSを介したNFTの不正流出事例も多発している。

特に、NFTプロジェクトの公式ディスコードが不正アクセスされるケースが目立つ。NFTの不正流出事例の23%がこの要因で盗難された。

NFTを利用した資金洗浄

なお、2017年以降、最低でも(800万ドル)相当の違法資金がNFTを利用して資金洗浄されたことが確認されている。これは総取引量の0.02%規模だ。

一方でミキシングなどの難読化サービス利用は総額450億円(3.28億ドル)にのぼり、これは総取引量の0.81%に相当する規模だった。

また、米政府から制裁対象に指名されたトルネードキャッシュではNFTマーケットプレイスから190億円(1.37億ドル)相当の仮想通貨が資金洗浄された。NFT詐欺事例における52%の資金洗浄がトルネードキャッシュを通過している点からも、NFTプラットフォームにおける効果的なスクリーニングが喫緊の課題だとElliptic社は結論付けた。

関連:米財務省、仮想通貨ミキシング「Tornado Cash」を制裁対象に指定

Ellipticとは

Ellipticは英ロンドンを筆頭にニューヨーク、シンガポール、そして東京に拠点を置くブロックチェーン分析企業。

22年5月にはシリーズCの資金調達ラウンドでJPモルガンやソフトバンクのビジョンファンド2、SBIグループなどから80億円(6,000万ドル)を調達していた。

関連:仮想通貨分析企業Elliptic、シリーズCの資金調達ラウンドを完了

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します