Free to Own(F2O)を提唱する米BCG開発会社「LimitBreak」、270億円を資金調達 エアドロップしたNFTが高騰

新しい時代のゲーム開発を目指す

米ユタ州に本拠を置くブロックチェーン・ゲーム開発会社「LimitBreak」(リミットブレイク)は29日、Buckley Ventures(Mino Games創業者のVC)、Standard Crypto、Paradigm Ventures(Web3投資企業)などから、約273億円(2億ドル)の投資資金を調達したと発表。大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXをはじめコインベースの投資部門、コインベースベンチャーズも投資ラウンドに参加した。

リミットブレイクは無料モバイルゲーム「ゲーム・オブ・ウォー」「モバイルストライク」「ファイナルファンタジーXV」などの人気ゲームを開発した米Machine Zone社の共同設立者 Gabriel Leydon氏とHalbert Nakagawa氏により、2021年8月に設立された。Leydon氏は今回の発表にあたり、「ゲーム業界に新しい時代をもたらすために、完璧なパートナー、完璧な投資家、そして完璧なチームが揃った」とコメントしている。

Leydon氏は無料プレイを導入口に課金を促すモバイルゲーム(Free-to-Play)のパイオニアとして知られているが、その時代は終わりつつあると同氏は指摘。リミットブレイクでは、Free-to-Playに代わる新しいビジネスモデル「Free-to-Own」(無料で所有、以下F2Oと表記)の導入にフォーカスするという。

NFTの無料配布から開始

F2Oモデルで重要な役割を果たすのがNFT(非代替性トークン)だ。

NFT とは

「Non-Fungible Token」の略称、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーン上で管理・取引を行うことで、デジタルコンテンツの作成者、保有者、取引履歴などの情報が保存される。固有のIDが付与されることにより、唯一無二のものであることが証明される

▶️仮想通貨用語集

リミットブレイクは今月初め、NFTマーケットプレイスのOpenSeaで「DigiDaigaku」という2,022個のNFTコレクションのうち、最初のバッチを無料でリリース。運営チームの素性や規模、構想が明らかになるにつれ、同コレクション(DIDA)には投機的な買いも集まり、フロアプライス(市場最安値)は15.97ETH(約300万円)まで高騰している。

OpenSea

Leydon氏が「フリーミント・ゲーム」と呼ぶこのアプローチは、ゲームの発売前にNFTを販売する従来のモデルとは対照的だ。無料のNFTを共有することで、興味を持ったプレイヤーがゲーム発売前からゲームの支持者になり、ゲームの成功を願う伝道者になるとLeydon氏は考えているという。

デジタル資産の一部は、リミットブレイク側が保有する。このシンプルなビジネスモデルが、リミットブレイクが巨額の資金調達に成功した理由であるとLeydon氏は述べている。

P2Eゲームと一線を画す

一方、同じくNFTを利用した最近のトレンドである「P2E(Play-to-Earn=遊んで稼ぐ)」モデルについて、同氏は批判的だ。

少数のP2Eゲームは一定の成功を納めたが、継続的な新規参加者の資本流入が必要な仕組み上、プレイヤーである投資家が結果的に市場価値とNFTの価値下落を招いてしまうため、必然的にP2EからPlay-to-Sell(売るために遊ぶ)へと変化していくと主張する。

このような状況から、同氏はF2Oモデルを思い付いたという。原資ゼロからの出発であるため、プレイヤーは「一刻も早く原資を取り戻す」ためではなく、気長にゲームを楽しむことができるという考えだ。

リミットブレイクに投資したベンチャーキャピタル「Standard Crypto」の共同創設者Alok Vasudev氏は、リミットブレイクのチームは、長年仮想通貨を研究した結果、ゲームの未来はF2Oにあると確信していると指摘している。

このチームは、これまで「型破りなアプローチをとっても、最終的には正しいやり方として採用される」能力を発揮してきたと高く評価。チームの成功は、心理学や社会学に基づき、ゲームが生活の一部となるには何が必要なのかについて、「一段上の見解」を有していることが大きいと述べた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します