バイナンス、独自のSBT保有者向けの特典を付与へ

独自SBT保有者への特典

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは8日、独自のSoulboundトークン(SBT)であるBAB(Binance Account Bound)トークン保有者に向けた特典を発表した。

ApeSwapなど14のWeb3プロジェクトにおける限定インセンティブを付与していく。

対象となるプロジェクトは以下の通り。限定NFTの配布やトークンのエアドロップ(無料配布)、また保有者限定のゲーム内特典へアクセス可能となる。

  • ApeSwap
  • PearDAO
  • Project Galaxy
  • X World Games
  • Cyberconnect
  • P12
  • Summoner’s Arena
  • Mathwallet
  • Liveart
  • OpenOcean
  • TinyWorld
  • The Harvest
  • Ultiverse
  • Appolox

Soulbound Token(SBT)とは

一度受信するとその後取引や譲渡が不可能なNFT。ユーザー認証など本人証明などアイデンティティ(ID)におけるユースケースが期待されている。

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏など複数の開発者が2022年初頭に概念を提唱した。

▶️仮想通貨用語集

BABとは

Binance Account Bound(BAB)トークンはバイナンスが提供する初の譲渡不可能なNFT。バイナンスの本人確認業務を終了したユーザーに配布されており、次世代の個人認証手段として8月に発表されたばかりだった。

BNBチェーン上で発行されるSBTは初の試みで、対象ユーザーはバイナンスのウォレットへ直接発行できる。

SBTを提唱したのはイーサリアム(ETH)の共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏。教育資格やプロジェクトへの貢献など、Web3(分散型ウェブ)時代における身分証明への貢献が期待されている。

関連:イーサリアム創設者ブテリン氏らが提唱|「Soulboundトークン(SBT)」とは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します