英VCのNorthzone、1,400億円規模のWeb3ファンドをローンチ

仮想通貨企業やフィンテックに出資

英国に拠点を構えるベンチャーキャピタル(VC)Northzoneは13日、1,400億円(10億ユーロ)規模のWeb3(分散型ウェブ)ファンドを新たに設立したことを発表した。

Northzoneは、1996年に設立された企業で、オープンバンキングを手掛けるTrueLayerから音楽配信プラットフォーム「Spotify」、Web3プライバシー企業のSunscreenなど、ジェネラリスト型で幅広い企業に投資を行っていることで知られる。

今回、同社が設立を発表したファンドは、暗号資産(仮想通貨)関連や、フィンテック領域のスタートアップに出資することを想定したもの。

関連:英CoinShares、アルゴランドの利回りETPをローンチ

同社のパートナーWendy Xiao Schadeck氏はNorthzoneが、株式投資と(仮想通貨)トークン販売の両方でスタートアップを支援するインフラを備えていると説明。

企業として仮想通貨のステーキングを行ったこともあり、また適切な状況下においては、分散型自立組織(DAO)への出資も検討すると述べた。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨専門ファンドについては判断保留

大規模なWeb3ファンドの設立を発表したNorthzoneだが、仮想通貨に特化したファンドを設立するかについては現在、判断を保留している。

Schadeck氏は仮想通貨を専門に取り扱うファンドについて、以下のような見解をコメントした。

我々は、そのため(仮想通貨ファンド設立)の正しいタイミングであるかを、LP(リミテッド・パートナーシップ)と議論し、評価する必要がある。

最も可能性が高いケースは、コアファンドからWeb3企業に投資し続け、彼らがトークンをローンチする際に、我々がそれを保有することで、そのアプローチに関しては、問題は存在しない。

なお、Northzoneは記事執筆時点では資産としてNFT(非代替性トークン)を所有していない。この方針については「(現時点では)資金の一部をNFTの購入に充てるといった段階ではない」とSchadeck氏は解説している。

英バークレイズも仮想通貨企業への出資を検討

英国では、所謂「仮想通貨の冬」が続く現在も、仮想通貨に関連した出資や金融商品のローンチが行われている。

7月には、大手仮想通貨投資企業CoinSharesが、アルゴランド(ALGO)のETP(上場取引型金融商品)をドイツの株式電子取引所「クセトラ」に上場させたことを発表。

また、同月には英バークレイズが機関投資家向けの仮想通貨カストディ企業Copperへの出資を検討していることが報じられた。

関連:英バークレイズ、機関投資家向け仮想通貨企業への出資を検討か=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します