夕刊CoinPost|7月27日の見るべきニュース・仮想通貨情報

目次
  1. CoinPost重要ニュース
  2. Pick Up(日本国内ニュース)
  3. Pick UP(海外ニュース)
  4. 取引所上場情報

CoinPost重要ニュース

ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化

ウィンクルボス兄弟の申請していたビットコインETF申請が米国証券取引委員会(SEC)不許可となり、仮想通貨市場のBTC価格が暴落。

本命視されるCboeのETFへの影響など、市場の重要点に変化はあるのか?

ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化
ウィンクルボス兄弟の申請していたビットコインETF申請が米国証券取引委員会(SEC)不許可となり、仮想通貨市場のBTC価格が暴落。本命視されるCboeのETFへの影響など、市場の重要点に変化はあるのか?内容を読み解いていきます。

ベネズエラ:仮想通貨に価格連動させる新法定通貨を発表

ベネズエラのMuduro大統領は、新通貨ソブリン・ボリバル(ボリバル・ソベラノ)の流通を8月20日から開始することを発表した。

新通貨は、現在の法定通貨ボリバル・フエルテの単位を5桁切り下げるデノミを行い、さらに石油価格と政府の信頼性で価格決定する仮想通貨”ペトロ”にペッグする通貨となる予定。

ベネズエラ:仮想通貨に価格連動させる新法定通貨を発表
ベネズエラで、新通貨の流通が8月20日から開始することを発表された。新通貨は、現在の法定通貨ボリバル・フエルテの単位を5桁切り下げるデノミを行い、さらに石油価格と政府の信頼性で価格決定する仮想通貨”ペトロ”にペッグする通貨となる予定。

Pick Up(日本)

ブロックチェーン事業に参入。block9に出資、事業提携のお知らせ。

株式会社カヤックは、ブロックチェーン事業に参入し、株式会社block9に出資することを発表した。

出資を通じてblock9の開発強化をサポートするとともに、地方創生事業およびゲーム関連事業におけるブロックチェーン技術の実用化・商用化を視野に入れ、連携するとのこと。

ブロックチェーン事業に参入。block9に出資、事業提携のお知らせ。

Pick UP(海外ニュース)

スイス金融市場監査局が約112億円のICOに成功したEnvion AG社を調査へ

木曜日、スイスの金融市場監査局(FINMA)は、規制局からの許可を得ずに、ICOを行った疑いで、ブロックチェーンスタートアップEnvion AGに対する調査を開始した。

Envion AGは、EVNトークンの発行を行い、3万人を超える投資者から約1億フラン(約112億円相当)を集めていた。

スイス金融市場監査局が約112億円のICOに成功したEnvion AG社を調査へ
木曜日、スイスの金融市場監査局(FINMA)は、規制局からの許可を得ずに、ICOを行った疑いで、ブロックチェーンスタートアップEnvion AGに対する調査を開始。Envion AGは、EVNトークンの発行を行い、3万人を超える投資者から約1億フラン(約112億円相当)を集めていた。

米CMEグループCEO、当面アルトコイン先物を開始の検討はないと明言

本日、ブルームバーグでのインタビューで、世界最大の先物取引所CMEのCEOを務めるTerry Duffy氏は当面、ビットコイン以外の仮想通貨先物取引の開始を検討しないと発言。

Duffy氏は、「しばらくは時間をかけて、ビットコイン先物の様子を静観する」と会社の方針を述べた。

CMEが提供するBTC先物は7月24、日間取引量が12,878もの取引量に達し、過去最高を記録している。

仮想通貨マイニング最大手のBitmainが米テキサス州へ進出、地域活性化なるか

米国テキサス州のRockdale市で、低迷しているアルミ製錬所の閉鎖が相次ぐ中、仮想通貨マイニング最大手のBitmain社は、その内一つの工場を仮想通貨マイニングビジネスに転換すると表明した。

Bitmain社は現在、求人広告も公開している。

仮想通貨マイニング最大手のBitmainが米テキサス州へ進出、地域活性化なるか
米国テキサス州のRockdale市で、低迷しているアルミ製錬所の閉鎖が相次ぐ中、仮想通貨マイニング最大手のBitmain社は、その内一つの工場を仮想通貨マイニングビジネスに転換すると表明した。

Amazon AWS:サーバーレスブロックチェーンリソース開発のため、Manifold Technologyと提携

Amazon社のAmazon Web Services(AWS)は、サーバーレスブロックチェーンベースのサービスを提供するために、Manifold Technologyと提携したことを発表した。

ManifoldはすでにAWSと提携していたが、今回の提携は、ブロックチェーン技術に基づく新世代のサーバーレスホストを導入するという明確な意図がある。

Amazon AWS:サーバーレスブロックチェーンリソース開発のため、Manifold Technologyと提携
アマゾンのAmazon Web Services(AWS)は、サーバーレスブロックチェーンベースのサービスを提供するために、Manifold Technologyと提携したことを発表した。 ManifoldはすでにAWSと提携していたが、今回の提携は、ブロックチェーン技術に基づく新世代のサーバーレスホストを導入するという明確な意図がある。

イラン政府が独自仮想通貨発行を準備:米国経済制裁への対策か

今週水曜日、イランの投資業務担当の副理事Alireza Daliri氏が、以下の発表を行った。

現在、我が国の国内デジタル通貨を発行する準備を進めている。

この通貨は、全世界への送受金を可能にするものだ。

と述べ、複数のイラン技術会社が通貨発行前に確認をしている事を明かした。イランの独自通貨のプロジェクトは、イラン中央銀行と共同で進められているとのこと。

アメリカのイランに対する経済制裁は、8月6日の米ドル取引の制限から始まることで、制裁逃れの一環であるという指摘も出ている。

また、南アフリカのベネズエラでは、埋蔵量が豊富な石油資源に裏付けた仮想通貨ペトロを政府が発行。国家レベルのプロジェクトとして話題を呼んだ。トランプ米大統領は今年5月、南米ベネズエラに新たな経済制裁を科す大統領令に署名している。

イラン政府が独自仮想通貨発行を準備:米国経済制裁への対策か
今週水曜日、イランの投資業務担当の副理事Alireza Daliri氏が発表を行った。現在、我が国の国内デジタル通貨を発行する準備を進めています。この通貨は全世界への送受金を可能にするものです。と述べ、複数のイラン技術会社が通貨発行前に確認をしている事を明かした。

イーサリアム(ETH)共同設立者は、ブロックチェーン技術の重要拠点をベルリンと考えている

Joseph Lubin氏は、ブロックチェーン界隈にとって最も重要な場所であるのはベルリンと述べた。

Lubin氏によれば、ベルリンはブロックチェーン技術が発展するために、国に支援を要請している。

また、この新興技術は始まったばかりだ。

イーサリアム(ETH)共同設立者は、ブロックチェーン技術の重要拠点をベルリンと考えている
Joseph Lubin氏は、ブロックチェーン界隈にとって最も重要な場所であるのはベルリンと述べた。Lubin氏によれば、ベルリンはブロックチェーン技術が発展するために、国に支援を要請している。また、この新興技術は始まったばかりだ。

取引所上場情報

Upbit:Refereum (RFR)

Upbit:Dmarket (DMT)

免責事項

仮想通貨投資は必ず利益が得られるものではございません。その商品性を理解し、仮想通貨投資、仮想通貨購入時は自己責任の下行なって下さい。

また、仮想通貨は非常にその変動性が高くハイリスク・ハイリターンとなっている他、価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク、さらにはセキュリティリスクなど様々なリスクがあり、そのリスクを十分理解した上で、投資家の自己責任原則の下投資を行なって下さい。

取引所の口座開設時のリスクに関する項目等もよくお読みになった上で、投資をされる事を推奨いたします。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加