CoinPostで今最も読まれています

ビットコインの取引処理を100倍効率化するプランとは 「ZKロールアップ」型の提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインにZKロールアップ

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のブロックチェーンに、ZKロールアップ型のレイヤー2ソリューションをもたらすコンセプト「Validity Rollups(VRUs)」が提案された。

ビットコイン向けZKロールアップ技術の研究者としてヒューマンライツ財団(HRF)とStarkware(ゼロ知識証明ソリューション開発企業)から支援を受けるJohn Light氏は12日、論文「Validity Rollups on Bitcoin」を公開した。

HRFとは

ヒューマンライツ財団は、世界的に人権の促進と保護に取り組む非営利団体。2020年に、世界中の人権活動家、市民社会組織、ジャーナリストのための金融ツールとしてより機能するよう、ビットコインネットワークをよりプライベートで分散化し、弾力的にするソフトウェア開発者を支援するための基金を立ち上げた。

▶️仮想通貨用語集

Light氏によると、Validity Rollups(VRUs)によりL1ブロックに保存する情報を極小(12バイト)にとどめるため、ビットコインの取引処理能力を最大100倍向上できるという。混雑しがちなビットコインブロックチェーンの外で取引を行うことができ、取引の高速化や手数料削減につながる。

現在、ビットコインは1秒間に平均7件のトランザクションを処理(TPS)しており、VRUs実装により秒間700件以上に増やす可能性がある。

ZKロールアップはトランザクションを集約してオフチェーンで処理し、生成した暗号証明のみを親ブロックチェーンに保存する技術。ゼロ知識証明というメカニズムを利用し、処理コストの高いデータをオフチェーンで処理することによってコストを大幅に削減する特徴を持つ。

Light氏は、すべてのZKロールアップがゼロ知識証明を使用しているわけではないとして、「Validity Rollups(有効性ロールアップ)」を提唱しているが、基本コンセプトは上記とほぼ同義だ。

関連:米Cash App、ライトニングでビットコイン受け取り可能に

ライトニングネットワークとの比較

ビットコインのセカンドレイヤーとしては「ライトニングネットワーク」が先行しているが、取引相手同氏が決済チャネルを設置し、十分な流動性を管理し続ける必要がある。よりトラストレスな設計のValidity Rollupsの方が資本効率や使い勝手が良いと主張されている。

論文によると、実装にはまずビットコインのフルノードに有効性証明(Validity Proof Verification)を検証する機能を持たせる必要がある。またビットコインのスクリプト言語で使用するOpcode(オペコード)に、「再帰的誓約(Recursive Covenants)」を追加する。後者はスマートコントラクトの一種で、ロールアップとL1の資金の出し入れを制限するのに使用される。

主な課題はビットコインには中央機関が存在しないため、その仕様がビットコイン改善提案 (BIP) を通じてコミュニティの同意を得る必要があること。ビットコイン開発者のTrey Del Bonisを含め、再帰的誓約についてビットコインコミュニティで長年議論されてきたが、有力なビットコイン改善提案(BIP)はまだ無い状況だ。

Light氏は、ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「Liquidブロックチェーン(Elements)」を挙げて、有効性証明は無いが再帰的誓約は既に備えていることを指摘。Validity Rollupsのテストネットとして活用できると主張した。

本レポートは、イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏、後述するTrey Del Bonis氏など、ブロックチェーン業界の著名人からのフィードバックを得て作成された。

Validity Rollupsの提案はメーリングリストを介して通知され、コミュニティからフィードバックを集めている。Liquidを手掛ける大手ブロックチェーン開発企業Blockstream社は、簡潔な技術仕様と機能の理論的根拠を提供するよう要求している。

概ね実装までには長期間かかると見られているが、仮に実装に向けて動き出すとなればアンチ・マネー・ローンダリング(AML)法を初めとする規制との折り合いも重要となる。Validity Rollupsの実装は、ビットコインにプライバシープロトコル(取引の秘匿化技術)を追加することになるため、トランザクションを追跡困難にするからだ。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのトランザクション処理能力を解消するため、レイヤー2を利用したオフチェーン技術のこと。取引の高速化や手数料削減が実現すれば、少額決済が行えるようになるため、それによって新しい商品やサービスが生み出されることも期待されている。

▶️仮想通貨用語集

関連:ビットコイン初のサイドチェーン『Liquid Network』がローンチ|BitbankやBitfinex含む23の大手取引所が参画

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧