CoinPostで今最も読まれています

10日朝の金融市場短観|NYダウ下落 ビットコイン年初来安値を更新 バイナンスがFTX買収を断念

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11/10(木)朝の相場動向(前日比)

  • ビットコイン:16,202.30ドル -11.3%
  • イーサリアム:1,155.79ドル -12.3%
  • ソラナ:13.22ドル -44.7%
  • FTT:2.65ドル -51%
  • NYダウ:32,595.97ドル -1.70%
  • ナスダック:10,390.56ドル -2.13%
  • 日経平均:27,716.43円 -0.55%
  • 米ドル指数:110.469ドル +0.76%
  • 米国債10年:年利回り4.080% -1.17%
  • WTI原油先物:85.63ドル -3.69%
  • 金先物(ゴールド):1,708.20ドル -0.45%

今日のニューヨークダウ平均は昨日の続伸から反落。ここ数日は米中間選挙が話題になっているが、現在は両院とも拮抗状態で結果はまだ未確定。一部からは、選挙の結果が今後の金融政策に重大な影響を与えることはないという見解も出ているが、歴史上株式市場はホワイトハウス(行政府)と議会のねじれを好む傾向が証明されているという。一方、市場の注目はむしろ今夜(日本時間22時30分)発表予定のCPI(米消費者物価指数)に移りつつある格好だ。今回のCPI数値(前回=8.2%)がFOMCが12月に利上げ幅(タカ派/ハト派)を決めるための裏付けになると見られている。

出典:CNBC

出典:CNBC

また、仮想通貨市場は暴落が続いている。ビットコインは年初来安値を更新し、執筆時一時約15,800ドルまで下落。一方、イーサリアムの方は今年の6月の安値880ドルまでは落ちておらず、1,130ドル台で取引されている。FTXの関連銘柄であるFTTや、ソラナ(SOL)も連日暴落している。

出典:バイナンス

以下が約10時間後にソラナブロックチェーンのエポックからアンロックされる(売り圧になりうる)予定のSOLで、現在は28,923,878 SOL。一時は5,000万SOLに達したが、徐々にステーキング数が回復しているようだ。大量アンロックは、先日ドイツのクラウドホスティング大手Hetzner社が、同社のホスティングサービスを利用している全てのソラナノードへのネット接続を遮断したことに関連しており、ソラナ財団は10日に2,850万SOLの再ステークを行ったことを伝えた。

出典:solanacompass

昨日はバイナンスは流動性危機に陥ったFTX(FTX.com)を買収する意向を発表したものの、一夜明けて状況は180度転換。買収方針が白紙撤回になるうわさが広まる中、バイナンスは朝6時ごろに「FTXを買収することを諦めざるを得なかった」と発表した。理由については「企業デューディリジェンスを踏まえた結果」とした。一部では、当初FTXが開示した約10億ドル規模のバランスシート穴が実は60億ドル以上あった状況や、米規制当局による精査の可能性なども買収断念の理由とされている。

関連バイナンス、FTXの買収は行わないと正式発表

関連FTXと姉妹企業アラメダ、FTT頼りの資金繰りを解明

関連クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース・グローバル|45.98ドル(-9.54%/-22%)
  • マイクロストラテジー|170.36ドル(-19.58%/-39%)
  • ロビンフッド・マーケッツ|8.40ドル(-13.76%/-32%)
  • ハイブ・ブロックチェーン・テクノロジーズ|2.29ドル(-10.55%/-20%)
  • シルバーゲート・キャピタル|34.69ドル(-12.00%/-34%)

マイクロストラテジーに関しては、ビットコインを最も保有する上場企業としてビットコインの続落が財務に影響を与える懸念が強まった格好だ。同社の保有するビットコインの総量は130,000BTC。平均取得価格が30,639ドルだったため、含み損は拡大している。

関連メルカリアプリで「仮想通貨ビットコイン」を買えるように、来春ローンチ予定

関連仮想通貨からはじめる株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア