CoinPostで今最も読まれています

アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー 今後の注目セール情報やトークンエコノミクスの展望は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

STRAYMインタビュー

独自ブロックチェーン・スマートコントラクト「Fractional STRAYM Ownership Protocol(FSOP)」によって、分割オーナー権証明書をNFT化するなど、先進的な取り組みが好評を博すNFTプラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。

今回、共同創業者CEOの長崎幹広氏と同じく共同創業者CDOの山崎正典氏、COOを務める片岡治樹氏にインタビューを実施した。

STRAYMでは、各アート作品ごとに分割された“共同持分の単位”となるオーナー権NFTは、ユーザー間で売買することが可能だ。

さらに、2次流通市場での転売時には、売買手数料の一部がロイヤリティとしてアーティストに分配されるため、創作活動を持続的に支えることにも繋がる。

STRAYMは、英国を拠点とする素性不明の人気アーティスト「バンクシー」や米国の芸術家「アンディー・ウォーホール(Andy Warhol)」など、世界的に名の知れた美術品に関するNFTを展開する。

インタビュー内容

長崎幹広CEO

どのような経緯で生まれたサービスなのか

クリエイターをバックグランドに持つ我々創業陣が、現代アーティストと通じていく中、GDP(国内総生産)が日本の70%程度である英国のアート市場規模が日本の約6倍であることを知りました。

「才能ある日本の作品をもっと購入する人を増やせないか」と考察した結果、アート市場が発展している国は、アートを資産として考える価値観が浸透、セカンダリー市場が大きいことに気がつき、アートを資産として捉える考え方を導入できないかと考えるようになりました。

日本のアート市場は伸びしろが大きく、潜在力があるだけではなく、日本のアートコンテンツは世界での競争力もあります。

我々がまず取り組んだのはアート購入の経済的なハードルを下げるために、つまりアートの作品を小口で買えるようにする「共同保有」という新しい概念でアプローチする手法を創案して、日本で初めて発表しました。

また、保有者や資産性を可視化できればSNSとの連動も可能になり、ビジネスとして非常に大きくなるのではないかということで取り組み始めました。

今までは1つのアート作品を保有するのは一人のオーナーで、アート作品数以上にオーナーが増えることはありませんでした。

一人でも多くの方にアートを購入して頂く機会を増やして、市場規模を拡大し、結果、アーティストの創作活動の支えとなる活躍の場を提供したい。そんな信念から「ストレイム」は生まれました。

現在では、日本円とイーサリアムでの購入、独自のプロトコルによる分割オーナー権証明書のNFT化、ロイヤリティ還元など厳選したアート・NFTのオーナー権を分割して保有することができる分散型保有プラットフォームとしてアップデートしてグローバルマーケットに向けて始動しております。

フラクショナルオーナーシップの仕組み

アートNFTの選定基準は

海外の著名アーティスト作品や著名NFTプロジェクトなどの他に、アート・ファッション界隈などの人脈の強い創業陣によって発掘された、まだオークションハウスなどのセカンダリーマーケットでも買うことにできない有望な若手作家の作品です。

さらに、ミュージシャンやファッションブランドなどの各業界の先鋭クリエイターによって“カルチャーをアート変換”したSTRAYMオリジナルのレアなNFT作品などを扱っています。

主なターゲットはどのエリアか

日本、香港、アメリカ、イギリスをターゲットにしています。

最初は香港を重点的に攻める考えで、香港は近年日本の現代アートを含めアート市場が世界で二番目に大きくなっている地域です。また香港は、中国本土で取引が禁止されている暗号資産・NFT取引が開放されアート市場と同様にNFT市場においても世界的に活発な地域です。

加えて、1990年代に人気化した裏原宿アパレルブランドやアニメなど日本のサブカルチャーに対してもファンが多く存在することから、ストレイムの強みを発揮しやすいと考えているのも理由です。

海外戦略の重要拠点である香港マーケットを取り込んだ後は世界最大のNFT市場・アート市場を有するアメリカに目を向ける予定です。そうやって、一つ一つマーケットを攻略していこうと考えています。

過去最も高値のついたアートNFT価格は

6ヶ月(半年)で30倍に高騰してるものもございます。

どのようなセキュリティ対策を講じているか

STRAYMで公開されるアート作品は、寺田倉庫や美術館など安全で最適な保管環境を維持できる場所として認定した倉庫や施設、または美術館などで保管・展示され、作品の価値を守るため厳重な保管体制で管理致します。

作品の展示場所が決定した際には、STRAYM内の各作品詳細ページにて公表されます。

また、NFT作品については、ハードウェアウォレットとマルチシグツールによってセキュリティを担保した形で保管しております。

今後予定する「ホワイトリストセール」の詳細は

STRAYMロードマップ

12月初旬販売予定

日本発のストリートファッションブランドとして、国外でも絶大な人気を誇るストリートファッションブランド「#FR2」初のNFTアートをストレイムで販売予定です。すでにホワイトリスト募集期間は終了しており、数百名からの応募がありました。

#FR2® コラボレーションアート 限定Tシャツ

12月末販売予定

日本が生み出したバーチャルシンガーとボカロPによる楽曲付きNFTアートをホワイトリストで配布予定です。

NFTホルダー限定に特別な体験を用意していますが、詳しい内容は順次公開予定です。ファンの皆様は、楽しみにしてお待ち下さい。

その他、コーエーテクモゲームスの不朽の名作ゲーム「信長の野望」の絵師である長野剛さんと、ゲーム内音楽を作曲した音楽アーティストとのコラボレーション楽曲付きNFTアートも予定しています。

織田信長NFT

さらに某海外自動車メーカーとのコラボレーションや「Bored Ape Yacht Clube」等ブルーチップNFTとのコラボレーションについても企画を進めています。

今後予定するトークンエコノミクスの詳細は

DAOによる作品企画・選定及び展示先などの意思決定。$STM(ストレイムトークン)によるガバナンストークン化です。

また、いずれ“X to Earn”の導入も検討しています。例えば、STRAYMがアートスポットを選定してGPSによる$STM(ストレイムトークン)がエアドロップされる仕組みです。アート業界の様々なプレイヤーと協業を実現し、$STM(ストレイムトークン)のみで購入可能なスーパーレアコンテンツNFTの販売などなどを想定しています。

関連:アートの分散型保有権をNFT化したプラットフォーム「STRAYM」が大幅アップデート

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。
08:30
Optimism、初のアップグレードは3月実施を提案
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア