CoinPostで今最も読まれています

NFT市場大手「X2Y2」、クリエイター手数料を再開へ 業界大手OpenSeaに追従

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTのクリエイター手数料

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤のNFT(非代替性トークン)電子市場「X2Y2」は17日、すべてのNFT取引で設定されたクリエイター手数料を徴収することを発表した。

NFTのクリエイター手数料(ロイヤリティー)とは、売買価格の一部が自動的にクリエイターに還元される仕組みのこと。スマートコントラクトではNFTの移転が購入か譲渡かを識別できないため、多くのマーケットプレイスレベルで自発的に設定されてきた。

クリエイター手数料にプロトコルレベルの強制力はなく、市場競争の中でロイヤリティーフリーを取り入れるNFTプラットフォームの新興勢力(SudoSwap、HadeswapやYAWWW)が台頭。ソラナ基盤のNFT市場大手「Magic Eden」もクリエイター手数料を全額支払うか否かを買い手側で選べる機能を実装するなど、業界慣習の転換期を迎えつつあった。

関連:ソラナNFT市場大手「Magic Eden」、ロイヤリティ支払いの選択機能を実装

X2Y2の決断は、業界リーダーであるNFT電子市場OpenSeaの10日の発表を受けてのもの。OpenSeaは既にプラットフォームに掲載されているNFTコレクションについてクリエイター手数料を徴収し続ける方針を表明。さらに、新規コレクション向けにクリエイター手数料を強制するプログラムコード「Operator-Filter」をリリースした。

関連:OpenSea、既存NFTのロイヤリティー制度を維持

これまでX2Y2は、MagicEdenと同様のオプション式のロイヤリティーモデル「Flexible Royalty」を導入してきた。同社はツイッターで、NFTクリエイターへの支持を示したOpenSeaの判断を賞賛しつつ、 業界シェアを失いかねないOpenSeaの判断がNFTクリエイター側の支持を集め、多くの新規コレクションがOperator-Filterで立ち上がったと認めている。

そのため、Operator-Filterを使用するNFTコレクションについて、X2Y2でFlexible Royaltyの適用除外とすると表明。さらに、今後既存のすべてのNFTプロジェクトにおいても、設定されたロイヤリティーを徴収すると加えている。

X2Y2とは

X2Y2はOpenSeaの最大のライバルになることをポリシーに、OpenSeaユーザーに独自トークンX2Y2をむりょう配布(エアドロップ)する「ヴァンパイア攻撃」などで、ユーザーの獲得に取り組んできた。

OpenSeaへのヴァンパイア攻撃で誕生した別のNFT電子市場LooksRareを含め、OpenSeaとX2Y2の取引量は以下の通り。11月18日時点に、OpenSea 4,960ETH(8億4,000万円)に対してX2Y2は3,400 ETH(5億7,600万円)となっている。

出典:Dune

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10/01 日曜日
11:30
相場上昇でBTCは下げ幅を解消、2.8万ドルを試す展開も視野に|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、上昇に拍車が掛かり、前週の下げ幅をほぼ解消した今週のビットコインチャートを図解。今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
09/30 土曜日
19:23
a16zが物理製品×NFTドロップのIYKに出資-web3資金調達まとめ
過去1週間にWeb3プロジェクト12社が計約90億円を調達。NFTドロップを実現するNFCチップ提供の「IYK」はa16zらから23億円を集めた。アディダス「NFT NYC 2023限定シャツリリース」の実績を有すIYKは、個人サービス向けサービス基盤をリリース。
15:33
米サークル社がステーブルコインの「非証券性」を主張、SEC対バイナンス訴訟めぐり
米サークル社は28日、バイナンス対SECの訴訟で書面を提出。決済用ステーブルコイン自体は証券ではないとの見解を述べた。
15:17
米Circle、ステーブルコイン運用基盤を無償公開
ステーブルコイン発行の米Circleは、「Perimeter Protocol」をオープンソース化した。リアルワールドアセットのトークン化の需要増加に対応し、USDCのユースケース拡大を狙う。
10:45
スリーアローズ破綻に進展、Zhu氏をシンガポールで逮捕
破綻した仮想通貨ヘッジファンド3AC共同創設者の一人Su Zhu氏はシンガポールで逮捕された。清算人の調査に協力しなかったことで懲役刑となる。
10:05
グーグルクラウド、Polygonバリデーターに参加
Google Cloudが、Polygonのバリデーターとして参加していることがわかった。同社は今年4月からPolygon Labsと「継続的な戦略的協力関係」を維持している。Google Cloud APACは、関連するYouTube動画を公開した。
08:25
SBI、XDC Network運営企業と合弁会社設立へ
SBIホールディングスは、UAE拠点のTradeFinexと日本における合弁会社の設立について基本合意した。仮想通貨XDCの上場を望む取引所のサポートなど、新会社の事業を説明している。
09/29 金曜日
18:24
世界のゲーム企業時価総額トップ40企業のうち、29社がWeb3分野を模索
時価総額上位40のゲーム会社の中で、29社がWeb3分野を模索している。NFTゲームの開発を進めているNexon、バンダイナムコ、コナミ、Krafton、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフトの7社を中心に動向をまとめた。
16:53
米決済大手PayPal、NFTの購入・送信システムで特許出願
米決済大手PayPalは、NFTの購入・送信システムに関する特許を米国特許商標庁に申請している。オフチェーン取引機能などを備えるものだ。
13:56
BISと各国中央銀行、CBDC取引の実証実験成功
国際決済銀行は、フランス、シンガポールおよびスイスの中央銀行とともに行った、ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)のクロスボーダー取引および決済の実験に成功したと発表した。
13:00
米コインベース、米国外のリテールユーザーに無期限先物サービス提供へ
米大手仮想通貨取引所コインベースは、バミューダ金融庁から米国外のリテールユーザー向けに無期限先物を提供するライセンスを得たと発表した。
12:53
ビットコインやや反発、MakerDAO(MKR)前月比50.0%高の背景は
暗号資産(仮想通貨)相場では米株指数の反発の影響もありビットコインが反発。アルト市場ではMakerDAO(MKR)が前月比50.0%高となり年初来高値を更新した。
12:00
アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostは、アジア最大級のWeb3国際カンファレンス「WebX 2024」の開催を発表した。第2回は、ザ・プリンスパークタワー東京で行われる。
11:38
FTX Japanが支払い能力証明を導入
FTX Japan株式会社のセス・メラメドCOO、顧客から預かった資産の保全状況を証明するため、新機能「Proof of Solvency」を導入したと発表した。取引所の残高が預かり資産を上回っていることを、改ざん不可能で検証可能な方法で証明する。
10:26
イーサリアムのテストネット「Holesky」起動
仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンについて、新たなテストネット「Holesky(ホレスキー)」が起動した。次期ハードフォークDencunに向けた重要なステップであり、開発計画の進展につながる動きだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/10/19 14:00 ~ 16:00
東京 東京都渋谷区
2023/10/28 14:00 ~ 17:00
東京 東京都中央区
重要指標
一覧
新着指標
一覧