CoinPostで今最も読まれています

OpenSea、既存NFTのロイヤリティー制度を維持

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「クリエイターへのロイヤリティーを維持」

最大手のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスのOpenSeaは10日、既にプラットフォームに掲載されているNFTコレクションについてはクリエイター手数料(ロイヤリティー)を徴収し続ける方針だと発表した。

クリエイター手数料は、NFTクリエイターやプロジェクト側に支払われるロイヤリティー(著作権使用料)のことだ。OpenSeaは、次のように意見を表明している。

私たちNFT市場の参加者は転換点にいる。もし、クリエイターへのロイヤリティが私たちの未来にとって重要であると信じるすべての人々が協力すれば、ロイヤリティーを持続させることはできるだろう。

背景

背景としてOpenSeaは、NFTクリエイターの多くは現在、経済停滞を受けて自分のNFTをできるだけ高く売ろうとしており、その際には、ロイヤリティーを強制しないマーケットプレイスに出品する傾向が高いと指摘した。

NFTコレクターも、欲しいNFTがクリエイター手数料を強制しないプラットフォームに出品されていることから、そうした場所で購入することが多くなっている。たとえコレクターが「クリエイターにロイヤリティを支払いたい」と考えていても、そうできるプラットフォームに出品されていない場合があり得る。

OpenSeaは、こうした状況を確認できるグラフを示した。NFTコレクションの上位20プロジェクトがクリエイター手数料を受け取っていた割合は、10月12日時点で77%だったが、11月2日時点では56%であり、急激に減少していることが分かる。

OpenSeaが指摘するように、現在のNFT市場では、ロイヤリティーなどを無料、あるいは選択制とするプラットフォームが台頭しているところだ。

関連ソラナNFT市場大手「Magic Eden」、ロイヤリティ支払いの選択機能を実装

OpenSeaは、こうした状況を踏まえ、「すぐに何かが変わらない限り、NFTの世界ではクリエイターに支払われる報酬が大幅に減少していく傾向にある」と指摘した。

その上で、クリエイター/プロジェクト側が今実行できることとして以下の3つを挙げている。

  • 既存のコレクションのために、オンチェーンでクリエイター手数料を徴収する方法を取る
  • NFTコレクターにクリエイター手数料を払うインセンティブを提供する
  • コレクションのウェブサイトで、クリエイター料金を回避するマーケットプレイスへのリンクを拒否する

OpenSeaは、オンチェーンで手数料を徴収する方法をサポートし、インセンティブについてもNFT商品ページに掲載することができるとしている。

また、NFTコレクターに対しては、クリエイター手数料を尊重するプラットフォームを選ぶこともできると呼びかけた。

なお、OpenSeaは6日、NFTクリエイターへの手数料を徴収するためのオンチェーンツール導入を発表している。新しいNFTプロジェクトは、手数料を徴収することを選択した場合、このツールを利用することが必要だ。

関連OpenSea、NFT作成者への手数料制度を見直しへ

Yuga Labs創設者もロイヤリティを擁護

BAYCを提供するYuga Labsの創設者であるWylie Aronow氏も8日、NFTのクリエイター手数料を擁護し、それを拒否するマーケットプレイスを非難していたところだ。

同氏は、「多くのアーティストやクリエイターをNFTエコシステムに引き寄せたのは、ロイヤリティーの存在が大きい」と述べた。以前こうしたシステムは「レコード会社や実店舗のオークションハウスにしかなかった」が、現在はブロックチェーンを用いて透明性も高い状態でそうしたシステムが実現したと指摘している。

もしロイヤリティーの仕組みがなければNFT市場は現在ほど発展していなかったと論じる形だ。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧