CoinPostで今最も読まれています

OpenSea、NFT作成者への手数料制度を見直しへ 有識者からは反論の声も|決断迫られるNFT業界

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

クリエイターフィーの新システム

最大手のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスのOpenSeaは6日、NFT創作者への手数料(ロイヤリティ)を強制するためのオンチェーンツールの導入を発表した。

11月9日午前2時(日本時間)以降、新規NFTプロジェクトがオンチェーン上のエンフォースメント(執行)ツールを導入しない場合、OpenSeaで取引されてもクリエイターフィーを設定することができなくなる。

OpenSeaは、既存コレクションに対する一律の手数料導入については22年12月8日まで変更を行わないと説明。コミュニティーと対話を重ねて、最善策を模索する方向を示した。

具体的には、全てのユーザーやクリエイターが同じ意見ではない点を踏まえ、一部ではオンチェーンのエンフォースメントツールの導入やオフチェーンでの手数料の徴収など、複数の選択肢を提供していく予定だ。

新たなロイヤリティ制度

OpenSeaは2018年から、クリエイターを誘致するためにクリエイターフィー(ロイヤリティー)制度を導入したが、過去数ヶ月でオフチェーンでの徴収は脆弱性があると説明。特に、ロイヤリティーが任意である場合は創作者への手数料が2割に留まる統計もあると指摘した。また、競合マーケットプレイスでは全く導入していない場合もある。

NFT取引量の大半を占めてきた同社の「業界における役割」を踏まえ、OpenSeaは洗練された原則に基づいたアプローチが必要だとコメント。多くのクリエイターがオンチェーン上での手数料の導入を求めている点から、クリエイター自身が手数料の有無とビジネスモデルを選択できるべきだと説明した。

これを受け、OpenSeaは新たに発行されるNFTにおけるロイヤリティ徴収をオンチェーンで義務付けるツールを米時間の11月8日(火)から一般公開。このコードが導入されたNFTの販売が実施される際、クリエイター費の支払いが義務付けられる。

OpenSeaは今後、更なるツールや改善をローンチして現行の支払いシステムを変えていくと意気込みを語った。今週は新たなNFTが変更されるが、プロジェクトやコミュニティの意見を重宝しながら、既存NFTへの変更については最低でも12月8日まで導入を見送る計画を明らかにした。

そのため、今後は新たなNFTコレクションがオンチェーンでのエンフォースメントを導入する場合、クリエイターフィーが強制される反面、オンチェーン・エンフォースメントを導入しなかった場合はロイヤリティーが強制されない。

OpenSea側は、オンチェーンでの支払いの強制はNFTの検閲耐性やパーミッションレスや性質に反する側面を認めつつ、現状ではロイヤリティーの徴収モデルにおける持続可能性がない為、オンチェーンでの強制は必要だと判断。Web3における重要なマネタイズ手段かつビジネスモデルになり得るため、クリエイターが選択肢を持つべきだと説明した。

また、このようなシステムを導入してもOpenSeaは全てのクリエイターがロイヤリティーを導入するわけではないと認めている。しかし、オンチェーン上でのツールを提供することで、クリエイター自身の決断を支援する姿勢を示した格好だ。さらに、今後はプロジェクトやコミュニティと対話を重ね、より良い仕組みを創っていきたいと意気込みを述べた。

競合マーケットプレイスの取り組み

2022年1月のピークを境に取引量が減少傾向のNFT市場だが、OpenSea以外では創作者へのクリエイターフィー及びロイヤリティーなどの二次手数料の支払いコストは無料とするシステムが主流となってきた。

ソラナ(SOL)基盤の大手NFTマーケットプレイス「Magic Eden」は10月からNFT購入者がロイヤリティの提供を選択できる「オプション(選択型)ロイヤリティ」機能を実装したばかり。しかし、XYX2やSudoswap、LooksRareなどではロイヤリティが無料、または購入者が選択できる。

関連:「Magic Eden」、ロイヤリティ支払いの選択機能を実装

GAFAAから搾取されたクリエイターに還元する目標もあるWeb3の精神に基づき、創作者を尊重したい「理想」と取引量の低下や収益性の追求などの「現実」に直面せざるを得ない状況となっている。

web3とは

ウェブ3.0(Web3.0)は、Web1.0およびWeb2.0に続く、ウェブサイトおよびインターネットの潮流、特徴および構造を表している概念。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連:NFT(非代替性トークン)とは|主な特徴と将来性を解説

業界内の見解

今回のOpenSeaの方針転換を受け、業界からは賛否両論の声が強まっている。

NFT界隈の有識者であるmewny氏は、「コミュニティはOpenSeaの動きを認めるべきではない」とコメント。依然として最多のNFT取引量を誇るマーケットプレイスが影響力を悪用した場合、今後さらに違った要因でNFT業界の発展を阻害しかねない」と懸念するなど、懐疑的な見方を示した。

出典:Twitter

また、最も権威ある文化賞のひとつであるエミー賞にノミネートされた経歴を持つ写真家のJohn Knopf氏は、「NFTを持つようになったきっかけは本来、NFT独自のロイヤリティーだった」と説明。最大の魅力を変更するのは「この界隈で最大のラグプルと言えるしれない」と大きく批判した。

国内のNFT情報コレクターであるmiin氏は「NFTはクリエイターにロイヤリティが還元され続ける」という神話は崩れはじめていると指摘。業界全体で新たな仕組みの再考が余儀なくされていると分析した。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア