CoinPostで今最も読まれています

OpenSea、22年にクリエイター報酬の総額が10億ドル突破

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTクリエイターエコノミーに貢献

NFT電子市場大手OpenSeaは30日、同サービスを利用するNFT(非代替性トークン)クリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドル(約1,370億円)を突破したことを発表した。

クリエイター手数料の収益力トップ10のコレクションのシェアは10億ドルのうち約20%に留まり、80%はその他のコレクションに支払われたという。NFT市場の多様化、ロングテール化が進行していることを示している。

OpenSeaによると、このデータは22年1月1日〜同年11月23日までの取引量に基づいており、スポンサー収入、助成金などは除外されている。

NFTのクリエイター手数料(ロイヤリティー)とは、売買価格の一部が自動的にクリエイターに還元される仕組みのこと。2018年に作成されたNFT標準には含まれていなかったが、OpenSeaはNFTのクリエイターエコノミー拡大のため、早期からロイヤリティ機能を自発的にサポート。

クリエイターは任意で最大10%のロイヤリティを設定可能。OpenSea上で作品の売買によってクリエイター手数料が発生すると、クリエイターの手元へブロックチェーン上でトランザクションが即座に決済される仕組みだ。

年間10億ドルのマイルストーン到達について、OpenSeaは以下のように述べている。

激動の市場環境が特徴的な年であっても、今年のデータは、クリエイター手数料が革命的であること、そして私たちがNFTエコシステムをより広く構築できていることを証明している。

関連:OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始

一次販売市場へ進出

10億ドルという金額は、InstagramやTikTokといった主要なインターネットサービスが、クリエイターの複数年かけた収益規模の目標値として設定してきたラインだ。

OpenSeaは、Meta(旧Facebook)やSnapchatなどのUGC(ユーザー生成コンテンツ)サービスが公言してきた、クリエイターの収益目標の比較材料として以下のようにまとめている。

  • Metaは2021年7月、「2022年末までにFacebook(SNS)とInstagram(画像投稿SNS)で合計10億ドル以上がクリエイターに支払われる」と主張
  • TikTok(短尺動画サービス)は2020年、「今後3年間でクリエイターへの支払い額が10億ドルを達成する」と公言
  • Patreon(会員制サービス)は創業9年(2021年時点)で合計35億ドルをクリエイターに支払ってきた

また、Snapchat(画像投稿SNS)は、21年に12,000人以上のクリエイターに合計2億5,000万ドルを支払ったことを報告している。

Openseaは「プライマリー(第一次マーケット)」と呼ばれる、NFTの新規発行及び一次販売用のプラットフォーム「Drops」をリリースした。

販売形態はプロジェクトにより様々だが、一般的にパッケージ販売であるため、買ってみないと中身が分からないのも投機的需要の1つ。OpenSeaは視覚、聴覚、動作を通じて、没入感のあるリッチな演出でクリエイターのファン・コミュニティ拡大を支援しつつ、さらなる収益力増加が見込めると述べている。

プライマリードロップは、クリエイターにとってより強力な収益源となり、クリエイターの総収入の中でより大きな割合を占めるようになると考えている。

関連:OpenSea、既存NFTのロイヤリティー制度を維持

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧