CoinPostで今最も読まれています

CoinPostがグローバル進出へ、仮想通貨プロジェクト招待の「GM Radio」を開催 第1回ゲストはLayerZero Labs CEO

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost、グローバル展開へ

国内最大手の暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーンメディアを運営する株式会社CoinPostは、グローバル事業展開への第一歩として、「CoinPost Global」のTwitterアカウントを新設いたします。

CoinPost Globalでは、Web3業界で関心の高い暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトを招待し、音声配信ツイッタースペース(+Podcast)を行う「GM Radio」の開始も決定しました。

今後、暗号資産(仮想通貨)市場のハブとなり、グローバル・および日本市場活性化への貢献を目指す方針です。

GM Radioとは

CoinPost Globalでは、2017年より暗号資産メディアCoinPostを運営してきた知見と経験を活かし、厳選された情報流通網の一元化を図ります。

その一端を担う新プロジェクトの「GM Radio」では、各プロジェクトが形成する“Web3の未来”をテーマに、個人投資家の関心度の高い暗号資産プロジェクトとの対談やインタビューを実施予定。

音声主体のツイッタースペースを定期的に実施し、収録したアーカイブについては、SpotifyやiTunesなどの主要プラットフォーム上でも配信予定です。

第1回ゲストはLayerZero

記念すべきGM Radioの第1回放送は、2022年12月15日(木)12:30〜13:00に、ツイッタースペースで開催予定。

特別ゲストとしてLayerZero Labsの共同創業者兼CEOのBryan Pellegrino氏をお招きし、「LayerZeroが構築するWeb3の未来」を題材としたインタビューを実施いたします。

LayerZero Labsは、インターブロックチェーンのソリューションを開発するスタートアップであり、既存ブロックチェーンの相互運用性を高めるための通信プロトコル「LayerZero」を開発中。

LayerZeroの詳細とドキュメントについては、こちらをご覧ください。

LayerZero誕生の経緯

昨今、イーサリアム(ETH)やポリゴン(MATIC)、アバランチ(AVAX)、ソラナ(SOL)などさまざまなブロックチェーンが世界各国の上場企業のサービスに採用される事例も増えています。

その一方、Web3業界の市場規模が大きくなるにしたがって、課題として挙げられるのがスケーラビティ(拡張性)問題とインターオペラビリティ(相互運用性)問題です。

Web3文脈でのインターオペラビリティとは、複数の異なるブロックチェーンを接続した際の互換性の改善を指し、各ブロックチェーンが抱えるセキュリティやスケーラビリティ(拡張性)などの問題解決に必要不可欠なものです。

そのため、ブロックチェーン技術の基盤であるレイヤー1(L1)の膨大な処理負担を軽減するために、レイヤー2(L2)やサイドチェーンの技術が開発されました。

また既存の仕組みでは、規格の異なるブロックチェーン同士で相互運用することはできませんでした。例えば、特定の暗号資産やNFT(非代替性トークン)を「チェーンA」から「チェーンB」に転送する際に、チェーン間を跨ぐためのクロスチェーンブリッジを行う必要があります。

しかし、ブリッジ時には暗号資産やNFTをチェーンA上のブリッジプロトコル内にロック(担保)し、チェーンB上で一時的にコピー(Wrapped ETHなど)を利用することになるため、預け入れ先のプロトコルに脆弱性があった場合、ハッキング攻撃で資産を抜き取られるなどのリスクが発生します。

このような問題を解決し、異なるチェーン上でのインターオペラビリティを向上するために開発された画期的なサービスが「LayerZero」です。LayerZeroでは、暗号資産をブリッジする際にプロトコル内に資産をロックする必要はなく、チェーンAからチェーンBへ円滑なデジタル資産の転送が可能です。

さらに、22年3月にはa16zやセコイアキャピタルなど目利きの鋭い大手VC(ベンチャーキャピタル)から資金調達を実現したことで、個人投資家からも高い関心が寄せられる注目のプロジェクトです。

関連:LayerZero、a16zやセコイアなどから約165億円調達

視聴者に限定NFT配布へ

GM Radioのライブストリーミングを公式Twitter Spacesでご鑑賞いただいたみなさまへ、参加者限定「NFT」を配布いたします。受け取り方法は下記をご参照ください。

プラットフォーム Galxe(キャンペーン詳細
受け取り条件1 CoinPost GlobalのTwitterアカウントをフォロー
受け取り条件2 LayerZero LabsのTwitterアカウントをフォロー
受け取り条件3 Twitterスペースを15分以上聴取

今後、複数の限定NFTを集めた方のみを対象としたキャンペーンなども企画しております。

先着ではなく参加者全員へ無料配布予定となります。この機会にぜひどうぞ。

ライブ配信告知を見逃さないため、Global版の公式アカウントフォローもよろしくお願いします。

▶️CP_GlobalのTwitterをフォロー

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア