中国が第4回「ブロックチェーン格付け」を発表 | 仮想通貨ビットコインは16位から大幅躍進

第4回「国際パブリックチェーンランキング」
中国の行政機関は5月、世界中のブロックチェーン専門家が技術的に評価する「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公表、大きな反響を呼んだ。最新ランキングの総合評価では、EOSが3ヶ月連続の1位に。ICOプラットフォームの機能も備わるKomodo(KMD)が前回の10位から3位に。BTCは前回の16位から10位に上昇した。
パブリックチェーンとは
ビットコインのように非中央集権でオープンなP2Pネットワーク。 パーミッションレスかつトラストレスなネットワーク参加者が協力し合うことでブロックチェーンを管理、PoWやPoSなどで経済的インセンティブを得ることで成り立っている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

中国による、第4回「国際パブリックチェーンランキング」

中国の行政機関である産業情報技術省の一端を担う中国情報産業省電子情報産業発展研究院(China Center for Information Industry Development 以下、CCID)は、先月5月に、初の試みとなる第1回「国際パブリックチェーン技術評価指標」を公開しました。

この指標は、仮想通貨で使用されるブロックチェーンを”技術ベースで評価した指標”であり、毎月1回更新され、中国政府、民間、教育機関に在籍する専門家によって評価が行われています。

北京にて8月17日、第4回目となる国際パブリックチェーン技術評価指標が公開されました。

プロジェクト名詳細総インデックス総合順位

(前回比)

基本技術応用性革新性
EOS

特徴

104.317.636.7158.71

→(±0)

Ethereum

特徴

82.027.429.6139.02

→(±0)

Komodo

特徴

75.916.518.9111.33

↑(+7)

Nebulas

特徴

75.026.19.4110.64

↓(-1)

NEO

特徴

72.927.37.2107.45

→(±0)

Stellar

特徴

76.719.99.5106.16

→(±0)

Lisk

特徴

66.518.620.7105.97

↑(+1)

GXChain

特徴

71.817.914.7104.58

↓(-4)

Steem

特徴

87.86.69.1103.49

↓(-2)

Bitcoin

特徴

46.015.440.3101.710

↑(+6)

Waves

特徴

67.818.315.1101.111

↓(-2)

BitShares

特徴

81.09.88.599.412

↓(-1)

Stratis

特徴

63.818.615.197.613

↑(+5)

Cardano

特徴

56.513.925.595.914

↑(+5)

Ark

特徴

63.719.013.095.715

→(±0)

Ripple

特徴

75.58.811.495.715

↓(-3)

Qtum

特徴

62.922.59.194.517

→(±0)

Verge

特徴

69.815.27.092.018

↑(+3)

EthereumClassic

特徴

71.312.26.790.319

↑(+1)

NANO

特徴

68.510.910.189.520

↑(+7)

NULS

特徴

62.610.415.288.221

↑(New)

IOTA

特徴

67.114.66.388.022

↓(-8)

Monero

特徴

58.312.513.384.123

↓(-1)

Sia

特徴

60.111.711.983.824

↑(+1)

Zcash

特徴

53.713.015.281.825

↑(+1)

DASH

特徴

52.619.29.981.726

↓(-14)

Bytecoin

特徴

66.211.63.581.327

↓(-4)

Tezos

特徴

53.411.916.081.228

↑(New)

Bitcoin Cash

特徴

51.415.511.878.629

↓(-4)

Hcash

特徴

61.211.14.576.830

↓(-1)

Litecoin

特徴

48.810.714.173.531

↓(-3)

Decred

特徴

51.610.89.271.632

↓(-2)

NEM

特徴

49.618.01.969.533

↓(-1)

3位にランクイン:Komodo

今回3位にランクインしたKomodoはZcashからフォークしてできた通貨です。

Zcashのプロトコルを使い、匿名性を高めており、匿名の取引か公開の取引かを選んで処理できます。

また、ICOプラットフォームとしての機能や、匿名で交換可能な法定通貨のペッグ通貨を発行することで、法定通貨とのゲートウェイにもなるという高い機能性を有しています。

初登場:NULS

今回初登場のNULSは21位にランクインしました。

Nulsを使うことで、スマートコントラクト、マルチチェーンシステム、クロスチェーンコンセンサスを実装予定で、企業がブロックチェーン技術を取り入れ易くなるよう設計されています。

また、高い柔軟性によりモジュールの組み換えが可能でアプリケーションの開発にも役立ちます。

PoC(Proof of Credit)と呼ばれる独特な承認方式を採用しているのも特徴です。

初登場:Tezos

今回もう一つ初登場したのがTezosで、28位にランクインしました。

Tezosは、2014年よりスタートしているプロジェクトで、分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームです。

また、Tezosのプラットフォームとしての目的は、ビットコインなどの既存の仮想通貨システムの弱点を克服するためのもの、としています。

その為、スケーラビリティやハードフォークなどに対しても考慮されており、通貨のシステム・規定変更に至っては、新旧のシステムに互換性を持たせることが出来る為、ハードフォークの必要性がない、とされています。

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
ICOの爆発的増加を可視化した動画が公開・1位は Petroに|調達額ランキングも掲載
2018年3月までのICOの爆発的拡大をビジュアル化した動画が公開されています。最近はICO健全化のため、大口投資家や機関投資家のみを対象とするICOが増えてきていますが、ICOの規模の拡大は今年に入っても失速する様子は見られません。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら