CoinPostで今最も読まれています

米VanEck「仮想通貨市場11の予測」、ビットコイン価格を動かす要因は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場11の予測

米資産管理大手VanEck社は、2023年の暗号資産(仮想通貨)市場について11の予測を発表した。ビットコイン(BTC)価格回復のきっかけや、採用拡大を迎えるユースケースについて説明した。

  1. 23年第1四半期にビットコインは1~1.2万ドルの底値に到達する
  2. 23年後半にビットコインは3万ドルまで回復する
  3. 金融機関、100億ドル以上のオフチェーン資産をトークン化する
  4. ブラジル政府、国債の一部をトークン化する
  5. ツイッター社、決済サービスを強化する
  6. 分散型ステープルコインが時価総額10億ドルに達する
  7. 石油輸出国、政府系ファンドに仮想通貨を組み込む
  8. リップル社、SEC(米証券取引委員会)訴訟で敗訴する
  9. ゲイリー・ゲンスラー委員長、SECを退任する
  10. Web3ゲーマー数、トリプルA級ゲームの市場投入により劇的に増加する
  11. イーサリアムでステーキング解除が可能になる

ビットコイン価格の見通し

電気代の上昇とビットコイン価格の下落により、ビットコインの採掘(マイニング)事業者の多くは22年以降採算がとれない状況が持続している。VanEckは、23年に入っても当面は破産申請や合併が続くと予測する。

また、リップル社のSEC訴訟が第1四半期末に解決するも、リップル側の敗訴となる可能性があると指摘。これが下落圧力の最終波となり、ビットコインが1万ドル〜1.2万ドルの底値を付ける。この水準への到達は、2020年5月の半減期後の上昇幅の一掃を意味する。

しかし、2023年後半にはビットコインは3万ドルへ上昇するとVanEckは予測する。原動力となるのは、ウクライナ停戦、インフレ率の低下、エネルギー高騰の緩和、マネーサプライ(M2)拡大の4つ。

ウクライナ戦争の終戦によりエネルギー問題が解消され、先進国で「ビットコインのマイニングが政治的に受け入れられやすくなる可能性が高い」とVanEckは指摘。ひいてはインフレヘッジとしてのビットコイン投資論文(テーゼ)の復活につながると加えた。

また、23年にインフレ率の低下を背景にFRB(米連邦準備制度理事会)が政策金利の利上げを停止すると予測される。仮想通貨市場固有の問題がない限り、これらの影響でビットコイン価格は3万ドルに回復するとした。

関連:国債と金利の関係、仮想通貨市場への影響について解説

実世界資産のトークン化

23年には、金融機関によるパブリックチェーンの採用が拡大。実世界資産のトークン化市場は1.3兆円(100億ドル)以上に拡大する見通しだ。

トークン化資産の取引ネットワーク企業Owneraは22年9月、シリーズAで28億円を米メガバンクのJPモルガン、不動産投資企業LRC Groupなどから調達した。

関連:JPモルガン、トークン化資産関連企業の資金調達ラウンドに参加

11月には、JPモルガン・チェースとSBIデジタルアセットホールディングスが、パブリックブロックチェーンを利用した最初のDeFi(分散型金融)取引を実行したことを発表した。イーサリアムのスケーリングソリューション「ポリゴン(MATIC)」上に構築されたAave(修正版)が使用された。

関連:JPモルガンとSBIデジタルアセット、初のDeFi取引を完了

特にVanEckは、ブラジルで国債のトークン化がスタートすると予測。同国最大規模の銀行イタウ・ウニバンコは資産のトークン化プラットフォームを構築しており、顧客向けにカストディサービスを提供する予定だ。

関連:ブラジル最大手銀、来年にもビットコイン保管へ

VanEckはまた、ある石油輸出国が、ビットコインなど仮想通貨を政府系ファンドのポートフォリオに含める計画を発表すると予測した。

私たちは、複数の仮想通貨企業から、サウジアラビアの政府系ファンドが小規模ながら既にビットコインを採掘しているという話を直接聞いている。

関連:サウジアラビア政府、メタバースなど最先端技術に7000億円以上を投資へ

米ツイッター社は22年11月、送金事業を行うため、米財務省の機関「金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)」に登録申請を行った。VanEckは、同社が米ドルだけでなく、ビットコインやドージコイン(DOGE)などの仮想通貨も統合すると予測する。

関連:ツイッター社、米当局に送金事業の認可を申請

SECの動向

SECは22年11月、独自トークンLBCを販売したLBRY社を相手取った、証券法違反に関する訴訟で勝訴している。VanEckはこの判例により、2020年以来継続しているリップル社の裁判に不利に働くと指摘した。

関連:トークンの証券問題で新たな裁判事例 LBRY社

リップル社とSECは9月、略式判決の申し立てを提出。リップル裁判に関心を持つ一般弁護士のJames K.Filan氏は、2023年3月31日かそれ以前に、米連邦地方裁判所のアナリサ・トーレス判事による略式判決が下ると予測している。

関連:米コインベース「XRPの証券性について、SECは公正な事前通知を怠った」

一方、SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は、仮想通貨に対する規制アプローチに欠陥があったとして批判を集めている。米連邦下院のトム・エマー議員は12月、ツイッターで「ゲンスラー氏が旧テラ(LUNA)、セルシウス、Voyager、FTXを見過ごす原因となった、明らかに矛盾したアプローチを議会に示すことができただろう」と主張した。

VanEckもまた、「適切なガイダンスと規制があれば、2022年に仮想通貨業界の崩壊を防ぐことができたかもしれない」と指摘。

歴代のSEC委員長の平均在任期間が2.75年、中央値は2年であることから、21年4月に就任したゲンスラー氏がリップル社に対するSEC側の勝訴を以て退任すると予測している。

関連:「仮想通貨規制は失敗だった」米議員、SECゲンスラー委員長に議会証言要求

ユースケースの拡大

仮想通貨固有のユースケースとして、VanEckはWeb3(分散型アプリ)ゲームと、分散型ステーブルコインに注目している。

特に、NFT(非代替性トークン)採用のPlay2Earn(プレイして稼ぐ)ゲームは、AAAレベルの高品質ゲームの参入及びヒットにより、「Web3月間総ゲーマー数は200万人から、2,000万人規模に増加する」との見解を示した。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスの松田洋祐社長は1日の年頭所感で、ブロックチェーンゲームについてさらに開発を進めていくと述べていた。

関連:スクエニ年頭所感「ブロックチェーンゲームにさらに注力」

分散型ステープルコインは、特定の仮想通貨、あるいは需要と供給のバランスをとるオンチェーンアルゴリズムに基づいて、一定価格を維持するように設計されているデジタル資産のこと。

昨年のテラ(LUNA)ショック以降、アルゴリズム型ステーブルコインは規模縮小傾向にある。反対に、規制された保全機関に保管された法定通貨を担保に発行されるUSDCoin(USDC)やBUSD、テザー(USDT)などの中央集権型ステーブルコインは市場シェアを拡大させてきた。

中央集権型ステープルコインのポイントは、発行者によりユーザーの保有する資金を凍結できる機能があること。また、MakerProtocolの「ダイ(DAI)」は総発行量57億ドルと最大の分散型ステーブルコインだが、DAIの担保資産の50%ほどはUSDCであるため、規制当局の影響を間接的に受ける恐れがある。

VanEckによれば、「規制当局に押収される懸念のない、検閲に強いステーブルコインの需要」は高まり続けている。DeFiレンディング大手のAave(アーべ)が発行予定のステーブルコインGHOなどのような分散型ステーブルコインが支持を集める可能性があると同社は予測した。

関連:Aave DAO、独自ステーブルコインGHOの発行を承認

VanEckはまた、22年9月に待望のアップグレード「マージ(Merge)」を実装し、PoS(プルーフオブステーク)への移行を果たしたイーサリアムについても言及。マージ後の最初のアップグレード「Shanghai(上海)」により、ステーキングETHの引き出しが可能になることが、「新規ステーキング参加者の増加につながる」と予測した。

関連:イーサリアム共同創業者ヴィタリック氏、2023年はロールアップに強気

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧