CoinPostで今最も読まれています

FTXの盛衰物語にハリウッドも注目、制作ラッシュ相次ぐ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

事実は小説より奇なり

破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの創設者、サム・バンクマン=フリード(SBF)氏の栄枯盛衰を題材とした、映画やドラマ・シリーズの制作が進んでいるようだ。

創設から2年という短期間に暗号資産(仮想通貨)業界を席巻したFTXを率いて、時の寵児としてもてはやされたSBF氏だが、昨年11月、同社は経営破綻。同氏は米捜査当局から電信詐欺やマネロンなどの罪で起訴され、現在、保釈中で厳しい監視下に置かれている。

FTXの急激な隆盛と転落、犯罪的要素、そしてSBF氏の独特のキャラクターは製作者にとって、垂涎の条件を満たしているのかもしれない。

関連:FTX前CEOサム氏、330億円で保釈

現在進行中の制作プロジェクトで、まず目を引くのは、2015年のヒット映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の原作者、マイケル・ルイス氏が出版予定のSBF氏に関する最新作の映画化だろう。ルイス氏の所属事務所によると、同氏は6ヶ月間、SBF氏と共に過ごしインタビューしたとのことだ。SBF氏の逮捕後も、ルイス氏は取材を継続しているとニューヨーク・ポスト紙は伝えている。

米業界紙ハリウッド・レポーター紙によると、アップル社(Apple TV Plus)が、ルイス氏の新作の映画化及びテレビ放映権を交渉中で、契約料は数百万ドルになると見られている。

2014年の歴史ドラマ映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」の脚本を手がけたグレアム・ムーア氏も、FTXの失墜をテーマにしたニューヨーク・マガジン誌の特集記事を脚本・監督することが決定したという。映画か、テレビシリーズとなるかは未定だが、ムーア氏は「複雑で非凡」という言葉では、SBF氏を語りきれないと評している。

ニューヨーク・マガジン誌は、この脚本化と並行して、Vox MediaとFTXの崩壊に関するドキュメンタリーを共同製作中だ。

FTXとは

SBF氏が率いていた仮想通貨取引所。2019年の創設後、急速に頭角を表し、業界最大手バイナンスに次ぐ大手取引所へと成長していた。その後に経営破綻し、11月に米国で破産申請を行なっている

▶️仮想通貨用語集

アマゾン・プライム

アマゾン・プライムでも、独自の制作が進む。マーベルの「アベンジャーズ」を監督したジョー&アンソニー・ルッソ兄弟が、FTXのミニシリーズを担当するという。ルッソ兄弟は声明で、SBF氏を「歴史上、最も大胆な詐欺の一つ」を敢行した「複雑で危険な動機を持つ極めて謎めいた人物」と表現した。

また、「SBFとシリコンバレーの終焉」と題したドキュメンタリーが、今年第2四半期に公開予定だ。制作はVice Mediaと技術メディアThe Information。このドキュメンタリーではFTXのリーダーシップの未熟さやベンチャーキャピタルの役割、SBF氏が提唱していた「効果的利他主義」にメスを入れるという。

「この物語は、シリコンバレーのひとつの時代の終わりを告げるものだ。新たな暗黒時代がやってくる。」と、The Informationの創設者ジェシカ・レシン氏は声明で述べている。

その他にも仮想通貨メディアDecryptの制作部門や、ノンフィクションに特化したスタジオXTRなどが、独自の取材や独占映像を使ったドキュメンタリーの制作を進めており、今年夏に公開される予定だ。

無罪を主張

話題の渦中にあるSBF氏は3日、ニューヨーク連邦裁判所に出廷。罪状認否が行われたが、同氏は詐欺、マネロン、違法な選挙資金提供等の八つの容疑を全て否認。無罪を主張した。

初公判は10月2日に開始され、詐欺を巡る意図の有無などが焦点となると見られる。全ての起訴容疑で有罪となった場合、最大115年の懲役となる可能性もある。

関連:FTXサム前CEO、罪状認否で無罪を主張

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/03 日曜日
11:30
1000万円に迫るビットコイン、先物と現物の価格乖離進む|bitbankアナリスト寄稿
大台1000万円台が射程圏内に入ったビットコイン相場の今後について、国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|JPモルガンのBTC価格予想に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインのJPモルガンによる価格予想や含み益の状況、裁判におけるサトシ・ナカモトのメール公開に関する記事が最も関心を集めた。
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア