ビットコイン堅調な推移も、直近3日間に注視すべきイベントが2つ控える|仮想通貨市況

仮想通貨市場
ビットコイン相場は29日、昨日の2度目の急騰から24時間たった20時現在も大きな反落は見られず堅調な推移しているものの、直近3日間で、bitFlyerのメンテナンスとCMEのSQ日と注視すべきイベントが2つ控えている。

仮想通貨市場

ビットコイン相場は29日、昨日の2度目の急騰から24時間たった20時現在も大きな反落は見られず堅調な推移を継続させています。

昨日の19時30分に米ドル建7000ドルを超えたビットコインは、日本円建でも80万円目前まで迫っており、20日ぶりとなる高値を更新しています。

CoinPostの「ビットコイン7000ドル越え後に重要な2つの動き|米ドルとの逆相関相関係も」にて掲載した様に、強い値動きを継続させるビットコインの動きに比例しアルトコインも全体的に弱気相場が緩和されつつある現状を受け、時価総額が約15日間を通し日本円換算で約4.7兆円の回復を見せ、市場全体の時価総額は約15%上昇しました。

新たに逆相関が指摘された米ドルインデックスは、ドル高に調整が入り、15日から値を一時下げているが、今回の値動きにもビットコインの逆相関が見られています。

出典:TradingView

出典:investing.com

また、フィボナッチリトレースメント上では、昨日で高値圏から38.2%のレジスタンスラインを大きく上回り、次の節目の50%戻しのラインを目指して価格は動いています。

次の注目点となる50%の戻しのラインは、日本円建でおおよそ80万円となります。

1日足でのRSIは買われすぎを示す60%近辺に迫っておりますが、70%まではまだ幅があり、より上値を目指す展開も想定されます。

出典:TradingView

明日以降の注目は?

明日以降注目されるファンダメンタルズ要因は以下の2点です。

bitFlyerの早朝メンテナンス(日本時間30日4時から6時)

CME ビットコイン先物SQ日(日本時間9月1日0時)

bitFlyer早朝メンテナンス

日本の取引所bitFlyerが、仮想通貨取引所とbitFlter Lightning(ビットコインFX)の早朝メンテナンスを予定しています。

FXも取引が停止しポジションが動かせなくになる上に、先日BitMEXのメンテナンスでの買い仕掛けが起きた直後であることで、ビットコインの値動きに影響がでるかが注目されています。

ここ最近のメンテナンスで大きな価格変動は報告されていないものの、緊急メンテナンスでは無いメンテナンスは通常30分が多い傾向にあり、今回は事前予告での2時間メンテナンスということが影響し注目されている格好です。

また前回のBitMEXでのメンテナンス時同様、USDTが大量に送金された履歴が確認されており、類似点も多いことでポジションを持たずに静観する動きが多く見られるかもしれません。

なお、今回の送信は8月27日夜、50,000,000ドル(55億円)相当のUSDTが送信されたことが、USDTをトラッキングするomniexplorer.info上で確認されています。

CME ビットコイン先物SQ日

先日公開した「先読み投資情報」でお伝えしたCME「ビットコイン先物」の8月SQ日が、米国時間の8月31日16時(日本時間9月1日0時)に控えています。

このSQ日に関して、上記のメンテナンス同様、8月16日 午前4時45分に期日を迎えた、CBOEのビットコイン先物8月物決済日にて、直接的な影響こそ軽微だったものの、ビットコインFXで仕掛け売りが入ったことでBTC価格が乱高下するなど、間接的な影響を与えるました。

出典:CryptoWatch

米CMEが7月20日に取引量が日平均で、前期(Q1)から93%高となっている状況を発表したことで、BTC先物への関心が高まっていたことも影響が出た要因の一つとなっていました。

最終取引日には、コントラクトを清算しなければならない日時となり、買いを入れている場合は売る必要があり、売りで入っている人は買う必要があります。

この清算が最終取引日時に集中して行われることなどが要因となり、現物市場の相場へと影響する可能性が指摘されています。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン7000ドル目前、価格を上昇に導いた3つの要因とは|仮想通貨市況
ビットコイン相場は、米ドル建てで7000ドルに迫る勢いを見せている。日本時間午前に価格が大きく急騰したが、それには3つの価格上昇要因が考えられる。
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表
【10/26更新】ビットコインETFの審査期限、BTC先物満期日、ハードフォーク情報など、仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報をまとめている。あらかじめ材料をチェックしておくことで、投資判断に役立てることができる。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

日経平均株価は小幅高。

SBIホールディングス(8473)は28日、ユーロ円建て新株予約権付社債を500億円発行すると発表、「CB発行に伴う株式の需給への影響を緩和する」として、同時に100億円を上限とする自社株買いを29日に実施すると発表しましたが、本日は2.16%安と売り優勢のまま引けました。

関連銘柄では、リミックス(3825)が4.39%高、メタップス(6172)が4.57%高と好調に推移しています。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加