CoinPostで今最も読まれています

NYダウ反発もナスダック続落 FRB高官発言などに一喜一憂の展開が続く|18日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/18(土)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:33,826ドル +0.4%
  • ナスダック:11,787ドル -0.58%
  • 日経平均:27,513円 -0.6%
  • 米ドル/円:134.1 +0.17%
  • 米ドル指数:104 +0.2%
  • 米国債10年:年利回り3.81 -0.6%
  • 金先物:1,851ドル -0.02%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:24,677ドル +0.8%
  • イーサリアム:1,705ドル +1.6%

本日のニューヨークダウは反発したが、ナスダックやS&P500は続落。今週は予想上振れの経済指標や連銀高官の発言を受けて市場参加者は一喜一憂して安定しない展開が続いているもようだ。

前日は、今年のFOMCで投票権を持たないタカ派の米セントルイス連銀のブラード総裁が3月のFOMCで0.5ポイントを支持する可能性を排除しないとしたが、本日はややタカ派寄りのリッチモンド連銀のバーキン総裁は0.5ポイントではなく、2月FOMCの利上げ幅と同様の0.25ポイントで段階的な利上げを支持すると発言。バーキン総裁は「ターミナルレートに向かって急速に利上げし、そして休止するというのが適切な金融政策運営の方法だとは思っていない」と指摘した。なお、バーキン総裁はブラード総裁と同様、今年のFOMCでは投票権を持っていない。

関連NYダウ・ナスダック反落 強い経済指標などを受け

「ノーランディングになるか」

これまで市場はFRBの利上げによる景気後退の観測が高まっていたが、1月の雇用統計に加え、CPIやPPIも底堅い経済状況を示していることから、懸念は景気後退から利上げの長期化に戻りつつあるようだ。

一部のアナリストは以前の「ハードランディング(利上げによる景気後退)」シナリオが「ノーランディング」に転換する観測を指摘。ノーランディングとは、より長期にわたってインフレ抑制的な政策を推進しながらも経済成長が持続するという状況だ。

ブルームバーグによると、金融大手のバークレイズのストラテジスト、エマニュエル・コー氏は「ノーランディングへのシフトは、底堅い経済成長とインフレ率が2%より高くより長く続くという構図で、株式にはやや追い風だ」とコメントした。

2月の重要な経済指標日程

  • 23日22時30分(木):米10-12月期 四半期GDP個人消費とコアPCE・改定値
  • 24日22時30分(金):米1月 個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 24日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・確報値

関連仮想通貨市場も注目のCPI(消費者物価指数)とは|わかりやすく解説

米国株

IT・ハイテク株、仮想通貨関連株の多くは続落。個別銘柄の前日比では、NVIDIA-2.7%、c3.ai-1.6%、ビッグベア.ai-1.7%、テスラ+3.1%、マイクロソフト-1.5%、アルファベット-1.2%、アマゾン-0.9%、アップル-0.7%、メタ+0.2%、コインベース-0.5%、シルバーゲート・キャピタル+4%。

関連ビットコイン高騰で25000ドルに迫る、上昇の背景は

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|65.2ドル(-0.6%/+14.2%)
  • マイクロストラテジー|294ドル(+3.5%/+20%)
  • アルゴ・ブロックチェーン|1.85ドル(+2.7%/-2.6%)

上場企業の中でビットコインを最も保有するマイクロストラテジーについては、9月に引受証券会社の Cowen and Companyと5億ドルを上限とする普通株式の売却契約を締結して以来、株式売却によって4,660万ドルを調達したことを発表した。同社はこれまで複数の調達を経て調達資金をビットコインの買い増しに充てていたが、今月2日の決算発表ではビットコインについて1億9,760万ドルの減損を計上している。

関連米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨相場

ビットコインなどは昨日の反落から買い戻され、BTCは24,000ドル台に戻った。

上昇率が目立つ銘柄は、GNS(Gains Network)で前日比+32%。昨日バイナンスへの上場発表を受けて一時50%超と急騰していた。GNSはポリゴンとArbitrum基盤のデリバティブ取引所で、TVL(運用資産額)が1月のArbitrumでのローンチから大幅に上昇している。

出典:defillama

また、バイナンスに関する報道では、CZ氏が米国事業でUSDCなどの「米国基盤トークン」や米ドルのサービス提供を中止する「FUD」を否定し、「ブロックチェーンはボーダーレス」と指摘した。発端は、ブルームバーグが昨日、バイナンスが最近のSECの規制引き締めを受けて米国パートナーとの関係を切ると主張したことだった。

なお、前日には「20年末から21年3月にかけて、シルバーゲート銀行のバイナンス米国法人口座からCZのCEO関連会社Merit Peak Ltdに4億ドルの資金移動があった」とするロイターの報道があったが、送金目的の詳細や報道の真偽のほどは不確実だ。

関連米パンテラキャピタル「仮想通貨相場は底を打ち、次のサイクルに入った可能性がある」

ドル円一時135円

ドル円は1ドル=134.1円、前日比+0.17%。ドルは今週の堅調な米国の経済状況を受けて続伸し一時135.11円の高値をつけた。CPIやPPI、小売売上高データによって年内の利下げ予想はほぼ消滅し、米国債利回りは再び急上昇した。

出典:Yahoo!ファイナンス

関連仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安要因についても解説

来週のGMラヂオ

来週2月20日(月)の21:00から第7回GMラヂオを開催予定。今回はゲストに、Mantle Networkのコミュニケーション&事業開発部門のトップIgneus Terrenus氏を招待する。

関連次回「GM Radio」ゲストはイーサリアムL2開発企業Mantle

今週のGMラヂオ

関連「GM Radio」 次回はイーサリアムL2開発企業Scrollが参加

今週木曜日12:30から第6回GMラヂオを開催した。ゲストに、zkロールアップ開発企業「Scroll」の共同創設者Sandy Peng氏を招待し、「EVMの等価性におけるZK競争」をテーマにL2間の競争や今後の計画などについて話してもらった。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア