CoinPostで今最も読まれています

パウエル議会証言を受けビットコイン下落、米株指数との「正の相関」は減少傾向に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

8日の米NY株式市場では、ダウは前日比574ドル(1.72%)安、ナスダックは145ドル(1.25%)安で取引を終えた。

パウエル議長は公聴会証言で「最近の経済指標(インフレ圧力)は想定よりも強かった」と言及。政策金利のターミナルレート(最終到達点)引き上げや利上げペースの再拡大を示唆した。

これを受け、米金利先物市場では次回FOMCでの50bpsの利上げ予想が69.8%まで急伸した。前日時点では31.4%、前月は9.2%であったことから、急激に織り込まれ始めたことが窺える。

CME FedWatch Tool

関連:ナスダックなど米株全面安 パウエル議長の議会証言を嫌気、ドル円137円台に|8日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.58%安の22,107ドル。

BTC/USD日足

市場参加者のリスク回避姿勢が強まり、米株指数の下落に連れ安となった。

21,500ドルのサポートライン(下値支持線)を割り込むと一段安が想定される状況にある中、10日に雇用統計、14日にCPI(米消費者物価指数)、22日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えており、ボラティリティ(価格変動性)拡大に備えるための手仕舞い売りが想定される。

CoinMetricsのデータによれば、米国株式市場(S&P 500)とビットコイン(BTC)価格の“正の相関”は薄れつつある。相関係数は22年4月以来の低水準となる「0.30」まで落ち込んだ。過去最高値は22年9月に記録した「0.66」。

Coinmetrics

相関係数は、類似性の度合いを示す統計学的指標。1.0は完全相関、マイナスの値は逆相関を示すものだ。

過去の歴史では、ビットコインとS&P 500の相関係数(60日間)が「0.3」に達したことは少なく、マイナスで推移していた(負の相関だった)時期もある。仮想通貨バブルが崩壊した2018年には、一時-0.22まで低下した。

一方、20年3月のコロナ・ショック発生時は株やビットコインなどリスク資産全般が暴落し、相関係数0.4まで急上昇した。

調査企業ArcaneResearchによれば、ビットコインと伝統金融市場の相関が大幅に強まったのは、コロナ・ショック後の大規模金融緩和の影響でリスク資産が高騰し始めた20年7月頃から。機関投資家の流入が影響しているものとみられる。

市場の不確実性は

昨年11月に破綻した大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの影響による、クリプト市場の不確実性も依然強い。

今月2日には、米銀行持ち株会社シルバーゲート・キャピタルが、「財務諸表等における会計年度の年次報告書(Form 10-K)を期限内に提出できない」と発表。

米大手取引所コインベースやステーブルコイン発行企業パクソス、クリプト・ドット・コムなどといった主要取引先の暗号資産関連企業が、送金取引および資金決済の提携を相次いで打ち切ったことが判明した。

3日には、「過度なリスクが生じた」として、ビットコインを担保に米ドルを調達可能な自社決済ネットワーク「SEN(Silvergate Exchange Network)」の廃止を決定。その上で米国連邦住宅ローン銀行から36億ドルを借り入れたとされる。

これにより、大手ディバティブ取引所Bybitが「(SWIFTを含む)銀行振込による米ドル決済停止」を発表するなどの影響が出た。

ブルームバーグが報じたところによれば、米国の独立政府機関「連邦預金保険公社(FDIC)」の関係者は、シルバーゲート銀行本社への立ち入り検査で帳簿などを調査した上、救済策について協議したとみられる。

今年1月には、仮想通貨融資企業ジェネシス・グローバル・キャピタルが、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)に基づき“破産申請”したことを発表。負債は推定10億ドル〜100億ドルにおよび、ジェネシスの親会社であるデジタルカレンシーグループ(DCG)にも懸念が波及した。DCGはビットコイン投資信託(GBTC)を発行するグレースケールを擁する。

2月8日には、債権者への返済のため、グレースケールの保有資産の内、イーサリアム投資信託(ETHE)などの持ち分を一部売却して約2200万ドルを得たことがFinancial Timesの報道で伝わった。

関連:DCG、グレースケール提供の仮想通貨投資信託の持ち分を一部売却=報道

一方、今月7日には、グレースケールが「ビットコイン投資信託(GBTC)」のETF(上場投資信託)転換を認めないことについて米証券取引委員会(SEC)を提訴した問題を巡り口頭弁論が行われた。裁判所側は、SECの判断について疑問を呈している。

グレースケール側は、ビットコインの現物ETF承認でCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の監督下に入ることで、投資家保護を強化できると申し立てている。SECはビットコインの先物ETFはすでに承認しているが、現物ETFの承認は繰り返し却下してきた経緯がある。

関連:米裁判所、SECの主張に疑問を呈示 グレースケールGBTCめぐる訴訟で

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧