CoinPostで今最も読まれています

米国株・ナスダック反落 FOMC追加利上げ、年内の利下げ期待が後退|23日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3/23(木)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:32,030ドル -1.6%
  • ナスダック:11,669ドル -1.6%
  • 日経平均:27,466円 +1.9%
  • 米ドル/円:131.3 +0.01%
  • 米ドル指数:102.5 -0.69%
  • 米国債10年:年利回り3.45 -4.3%
  • 金先物:1,973ドル +1.6%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:27,588ドル -2.1%
  • イーサリアム:1,748ドル -2.9%

本日のNYダウやナスダックは反落。NYダウはパウエル議長のFOMC会見を受けて乱高下し-530ドルで取引を終えた。

FRBは23日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、ほぼ市場の予想通り政策金利を0.25%引き上げることを決め、誘導目標を4.75-5.00%に引き上げた。利上げはこれで9会合連続となるが、2月2日の0.25%利上げ幅から引き続き金融引き締めの緩和が進んでいる。

同時に公表されたFOMC参加者の金利見通し(ドット・プロット)によると、政策金利は2023年末時点で5.125%と、昨年12月時点での予測中央値から変わっていない。(ドットチャートとは、FOMC参加者が適切と考える政策金利水準の分布図)。FOMCの声明では「インフレ目標達成のため、継続的な誘導目標レンジ引き上げが適切になると見込む」としていた前回までの表現が削除され、「幾分かの追加引き締めが適切となる可能性がある」との文言が採用されたことが、FRBの利上げ停止が近づいているとの観測を強めたようだ。

しかし、直近の銀行信用リスクから一部の大手金融機関が予想していた利上げ停止(据え置き)の結果にはならなかった。FOMCの声明によると、インフレは依然として高水準にあり、パウエル議長は今回のFOMCで利上げ停止を検討したものの「必要なら想定以上の利上げを実施する」と強調。また、「当局者らは今年の利下げを見込んでいない」とも述べた。

議長は前回のFOMCではディスインフレ(初期段階)が進行していることに言及したが、その後のCPIや雇用統計などの経済指標が粘り強いインフレ圧力を示したことから、インフレ率を2%に戻すために追加の政策決定が適切かもしれないとした。一方、利上げ長期化が銀行の流動性危機を悪化させてしまう点から、リセッション(景気後退)の可能性は再び浮上した格好だ。

また、銀行問題について議長は、米国の銀行システムは「健全かつ強靱だ」と強調し、「金融安定を維持するため、金融当局にはあらゆる手段を活用する用意がある」と説明した。

関連元コインベースCTOが米ドルのハイパーインフレに警鐘、ビットコイン100万ドル到達に賭ける

今週以降の経済指標(日本時間)

  • 3月30日21時30分(木):米10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)
  • 3月31日21時30分(金):米2月個人消費支出(PCEコア・デフレーター)(前月比・前年同月比)

関連世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

米国株

米銀行株はイエレン米財務長官の議会証言を受けて下げを拡大させた。財務長官は「全面的な」預金保険を提供することを検討していないと発言。背景には、同氏が21日に、「中小銀行が預金流出に陥るようなら預金保護が正当化されうる」と述べたことがあり、当時は銀行株が全面高となった。しかし本日の発言を受けて銀行株が急落し株価指数への重しになった。JPモルガン・チェース-2.5%、シティグループ-3%、ファースト・リパブリック-15.4%、バンカメ-3.3%、ウェルスファーゴ-3.3%(前日比)。

なお、IT・テック株もパウエル議長の発言を受けて一部反落。個別銘柄の前日比では、NVIDIA+1%、c3.ai-2.3%、ビッグベア.ai-1.6%、テスラ-3.2%、マイクロソフト-0.5%、アルファベット-1.4%、アマゾン-1.9%、アップル-0.9%、メタ-1.1%、コインベース-8.1%、マイクロストラテジー-9.7%。

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

コインベースにSEC調査

コインベース株は時間外でさらに-12%下落している。同日に、米SECが同社のステーキング・ウォレット・取引所サービスを調査していることを明かした。コインベースの声明によると、「SECのスタッフは、証券取引法違反の可能性を特定したが、それ以上のことはほとんど説明していない」という。

関連米SEC、証券法違反の疑いでコインベースを調査 ウェルズ通知を送付

コインベースは20日に、SECに対し、ステーキングサービスの証券法上の取り扱いをめぐる意見書を提出した。

関連「ステーキングサービスを証券認定から除外すべき理由」米コインベースがSECに請願書提出 

ドル円続落

ドル円は1ドル=131.3円、前日比+0.01%。ドル円はFRB利上げ停止が近いとの観測が強まり、米金利の急低下などを背景に昨日の133円から下落した。

出典:yahoo!ファイナンス

関連なぜ日本政府は「Web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

関連国債と金利の関係、仮想通貨市場への影響について解説

今週のGMラヂオ

昨夜はGM Radioを開催。Ocean Protocolのコアチームでエコシステム開発部門に所属するChristian Casazza氏と、DeFi(分散型金融)部門のNicholas Scavuzzo氏の2名を招待し、データ市場の将来性などについて語ってもらった。

関連「GM Radio」 データの資産化を目指す「Ocean Protocol」が参加

なお先週のラヂオのアーカイブはこちら。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア