CoinPostで今最も読まれています

ドイツ銀行株急落 米国株式市場は上昇、バイナンスのシステム障害を受けビットコイン下落|25日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3/25(土)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:32,237ドル +0.4%
  • ナスダック:11,823ドル +0.3%
  • 日経平均:27,385円 -0.1%
  • 米ドル/円:130.7 -0.06%
  • 米ドル指数:103.1 +0.5%
  • 米国債10年:年利回り3.37 -0.9%
  • 金先物:1,981ドル -0.7%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:27,553ドル -2.7%
  • イーサリアム:1,756ドル -3.7%

本日のNYダウは小幅に続伸し+132ドルで取引を終えた。ナスダックも続伸し+36ドルで取引を終えた。

ドイツ銀行問題

米時間24日の朝方は、ドイツの金融最大手「ドイツ銀行」が一部の社債を早期に償還すると発表したが、同行の株価は一時14%余りの急落となったことが、金融機関への信用不安を高める材料となり、地銀株売りにつながった。

スイスの規制当局がクレディ・スイスのAT1債(ベイルイン債)の価値をゼロにすることを決めたことが背景にあり、ドイツ銀行は同日に信頼回復のためにジュニア債を額面金額で償還することを提案した。先週末のUBSによるクレディ・スイスの救済買収後も金融システム不安の広がりへの懸念は依然払拭できていないもようだ。

ストックス600銀行指数(Stoxx 600 Banks)は2月に約5年ぶりの高値を付けていたが、米SVB銀の破綻などをきっかけに大幅に下落してきた。

出典:investing.com

ロイターによると、ドイツ銀行の債務不履行リスクを織り込むクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は5年物が2.2%超と018年以来の高水準となった。一方、ドイツのショルツ首相はドイツ銀行について「非常に収益性の高い銀行」と記者団に述べて公にドイツ銀への信頼を表明した。

利上げ停止の期待高まるか

今週木曜日の米FOMCの金利発表後、パウエル議長は年内利下げの可能性を否定したが、市場の一部は今も金融システムの混乱や景気後退が最終的に利下げをさせざるを得なくなることを期待しているようだ。銀行への信頼感が崩れやすい状態にある中、米金利スワップ市場では5月の利上げ織り込みがなくなりつつある。なお、6月にも利下げが始まるとの見方の織り込みが浮上してきた。

出典:CME

また、イエレン米財務長官は24日、金融安定監視評議会(FSOC)の緊急会合を開催するため、米金融監督当局の責任者らを招集した。米連邦準備制度理事会(FRB)や連邦預金保険公社(FDIC)など複数の監督機関のトップがFSOCのメンバーに含まれている。この会合は非公開で、会合後に声明が発表されるかどうかも今のところ定かではない。

関連ビットコイン反落、FOMCパウエル発言やイエレン議会証言で楽観的な見方が後退

ブラード総裁の発言

ブルームバーグによると、タカ派である米セントルイス連銀のブラード総裁は24日、最近の欧米銀行信用問題を受け、規制当局の迅速な対応によって銀行セクターのストレスが和らぐ中、予想以上に粘り強いインフレ圧力を踏まえ、FRBは金利を想定以上に引き上げる必要がある公算が大きいとの見解を示した。今年のFOMC会合で投票権のないブラード総裁だが、適切な金融政策でインフレ抑制を継続すべきだと指摘した。

米総合購買担当者景気指数(PMI)

米S&Pグローバルが24日に発表した3月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は、53.3と昨年5月以来の高水準となった。3月のサービス業PMI(53.3)と製造業PMI(49.3)も共に予想を上回ったが、製造業PMIの方は景気拡大と縮小の節目である「50」を5カ月連続で下回っており、インフレが緩やかに減速する可能性も示された格好だ。一方、サービスセクターへの需要は依然堅調で、企業の値上げ余地があるとされる。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・ビジネス・エコノミスト クリス・ウィリアムソン氏は今回の発表文で「最近の金利引き締めや、銀行セクターのストレスが引き起こした不透明感にさらされる中でのこうした需要の底堅さを、FRBが精査することは重要だろう」と指摘した。

今週以降の経済指標(日本時間)

  • 3月30日21時30分(木):米10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)
  • 3月31日21時30分(金):米2月個人消費支出(PCEコア・デフレーター)(前月比・前年同月比)

関連世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは|分かりやすく解説

米国株

ドイツ銀行の株価急落の影響で地銀の一部は当初売られていたが、ドイツのショルツ首相の発言やイエレン米財務長官がFSOCを緊急召集したことでセンチメントはやや改善したようだ。ドイツ銀行-8.5%、バークレイズ-4.2%、BNPパリバ-5.2%、JPモルガン・チェース-1.5%、シティグループ-0.7%、ファースト・リパブリック-1.3%、バンカメ+0.6%、ウェルスファーゴ-1%(前日比)。

IT・テック株はまちまち。個別銘柄の前日比では、NVIDIA-1.5%、c3.ai+1.5%、ビッグベア.ai-2.5%、テスラ-0.9%、マイクロソフト+1%、アルファベット-0.1%、アマゾン-0.5%、アップル+0.8%、メタ+0.8%。

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|67.8ドル(+2.3%/-9.5%)
  • ブロック|60.6ドル(-1.9%/-18%)
  • マイクロストラテジー|256ドル(-2.5%/-4%)

ヘッジファンドの「ヒンデンブルグ・リサーチ」のショートポジション(空売り)の対象とされた米決済サービスのブロック(旧スクエア)は今週-18%の大幅下げとなった。

関連米ブロック社、空売りレポートで株価急落 「杜撰な顧客確認が詐欺を助長」

バイナンスの取引障害

ビットコイン(BTC)は再び28,000ドル台を割り込み、一時27,000ドルまで下落した。

出典:バイナンス

昨夜8:38、バイナンスはマッチングエンジンに障害があるとして、約2時間ほど現物取引および入出金を停止した。ビットコインなどの銘柄はその発表に際して売られた。

取引所セキュリティへの懸念が再び浮上したが、バイナンスのCZは顧客の資金が安全であると強調し、その後機能が復旧された。

今週のGMラヂオ

今週木曜日にGM Radioを開催した。Ocean Protocolのコアチームでエコシステム開発部門に所属するChristian Casazza氏と、DeFi(分散型金融)部門のNicholas Scavuzzo氏の2名を招待し、データ市場の将来性などについて語ってもらった。

関連「GM Radio」 データの資産化を目指す「Ocean Protocol」が参加

なお先週のラヂオのアーカイブはこちら。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア