CoinPostで今最も読まれています

韓国郵政、ゴールドマン・サックスに仮想通貨の勉強会を打診

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

韓国郵政トップがゴールドマン次期CEOに申し入れ
先日、韓国郵政事業本部のカン・ソンジュ本部長が、ゴールドマンのデービッド・ソロモン次期CEOに対し、仮想通貨を含む最新技術の勉強会の開催を申し出た。勉強会は、早ければ9月末にも香港のゴールドマン調査チームを韓国側が訪問する形で実現する可能性がある。
韓国郵政事業本部とは
韓国の郵便事業統括機関。2000年7月に、基幹産業である郵政/金融事業を国家経営体制で維持しつつ、対内外的な環境の変化に能動的に対応することを目的に発足。郵政事業のほか、郵便局預金/郵便局保険など金融関連事業に関する政策の樹立と執行を担う。2017年の預金高は約63兆ウォン(約6.2兆円)。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

韓国郵政トップの申し入れ

韓国行政当局がゴールドマン・サックスに仮想通貨の教えを請う――そんな機会が、近く現実のものとなりそうです。

先日、韓国郵政事業本部のカン・ソンジュ本部長が、ニューヨークの会合で、ゴールドマンのデービッド・ソロモン次期CEOと仮想通貨についての意見交換会を行いました。

その席でカン本部長は、今月9月末にも、在香港のゴールドマンの仮想通貨調査チームを訪問し、韓国郵政事業本部スタッフとの間でデジタルアセット、ブロックチェーン、AIといった最新技術についての勉強会を開催したい意向を伝えました。

現時点で、韓国郵政事業本部には仮想通貨投資や事業化の計画はありません。

あくまでもこの勉強会の目的は、かつて周縁的な資産にすぎなかった仮想通貨が、どのようにしてメインストリームを形成するに至ったか、その理解に努めることだと関係筋は述べています。

申し出を受けたゴールドマンは先日、デジタルアセット市場部門のトップに元クオンツファンドSVPジャスティン氏を招聘しました。

その一方で同社は本紙既報の通り、期待に傾きつつも、慎重な姿勢も保持し続けています。

今回の韓国郵政事業本部の会合と合意形成に関してもコメントを行っていません。

韓国当局の懸念と出遅れ感

再び韓国に話題を転じると、昨年2017年はグローバル仮想通貨市場の波を大きく受け、特に規制/監督当局にとっては悩みの多い1年だったといえるでしょう。

イーサリアムでは世界最大の取引量を誇るまでになり、他の仮想通貨でも世界各国のトレーダーが市場に注目しています。

こうした加熱気味の動向は規制当局の懸念も呼びました。

2017年9月にはICOと仮想通貨取引所での信用取引を全面禁止する法律が施行されました。

11月には、イ・ナギョン首相が、

「学生を含む韓国人の若年層が、手早く資金を得るために、違法薬物の取引やマルチ商法といった違法行為に手を出し、そこで仮想通貨を使用するケースが見られる」

との懸念を表明したこともありました。

カン本部長は次のように述べています。

「ゴールドマン・サックスの仮想通貨に関するノウハウを当本部に共有させてほしいとお願いした。仮想通貨には可能性があると人々から思われていて、実際に多くの注目を集めている。その強みと弱みを、当本部として学んでいく必要がある。我々にはノウハウの蓄積が必要だ」

韓国および韓国郵政事業本部にとって、まずは日々刻々と変化する投資環境についていく、そのための幅広い知見を得るところから、といったところでしょうか。

CoinPostの関連記事

ゴールドマン・サックスが12年ぶりに新CEOの誕生へ|仮想通貨事業に好意的な発言も
ゴールドマン・サックスを牽引してきたLloyd Blankfein氏が12年の役目に幕を降ろす。後任のDavid Solomon氏は、仮想通貨に肯定的で、優れた経営手腕を発揮してきただけなく、プライベートではDJ「D-Sol」として活躍する異色の存在として知られる。
ゴールドマンサックスCEOが仮想通貨に期待感「皆懐疑的だった携帯電話が普及した例もある」
GSのCEOは「私にはBTCは必要ないが、当初懐疑的に見られていた携帯電話が生活必需品レベルまで普及した例もある。今後数年間で確立される資産クラスになるかも知れない。」と期待感を滲ませました。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア