CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム高騰、11ヶ月ぶり水準の2100ドル台に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

13日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比383ドル(1.14%)高、ナスダック指数は236ポイント(1.9%)高で取引を終えた。

3月の米生産者物価指数(PPI)の伸びが市場予想を下回りインフレ鈍化が確認されたことで、金融引き締めペースの減速が意識された。

関連:米IT株など大幅反発 3月PPIを好感|14日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.1%高の3,0773ドルに。

BTC/USD週足

世界的なインフレ高止まり(通貨安)や大手銀行の破綻に起因する信用不安、ウクライナ情勢をめぐる地政学リスクなどの影響で資金の逃避先需要が増加する中、代替資産として金(ゴールド)やビットコイン(BTC)相場に追い風となっている。

外為市場では、リスク性資産と逆相関するドル・インデックス(ドル指数)が102ポイント台を下方ブレイクするなど大幅続落しており、昨年の歴史的なドル高局面から一転している。

DXY/USD

イーサリアム(ETH)は前日比11.03%高と高騰した。

ETH/USD日足

1ETH=2100ドル台は昨年8月の高値2080ドルを上回る水準。昨年5月に発生したテラ(LUNA)ショック後では初となる。

大型アップグレード「上海(Shapella)」が無事成功したことに加え、ロック解除で売り圧力が強まるとの予想から増加傾向にあったショートポジションや持高調整後の買い戻しが反発を加速させたものと考えられる。

先物市場では急騰局面でショートスクイーズも確認されたが、年初来3番目程度の規模に留まった。

coinglass

「FundingRate(資金調達率)はフラットで、特に過熱感は見られない。

coinglass

Blockworks ResearchのアナリストであるMatt Fiebach氏は、「約1800万ETH(340億ドル)のETHが半流動的になるという警戒感もある中、エクスポージャーをヘッジ可能なデリバティブは複数あった」と指摘。市場はすでに先の見通しを織り込んでいるとの見解を示した。

TokenUnlocksのデータによれば、上海アップグレード後、初日にビーコンチェーンから出金されたETHの内、95%以上がステーキング報酬分だった。

TokenUnlocks

これは、バリデーターの撤退行動を意味する「完全出金」ではなく、多くのユーザーが累積報酬分のみを引き出す「部分出金」を選択したことを意味する。

イーサリアムの開発者は、急激なネットワークの不安定化避けるため、1日あたりの解除可能なバリデーター数に「1,800(変動あり)」の制限を設けている。バリデーター条件の32ETHを踏まえると57,600ETHに該当するが、これは供給量の0.05%未満の水準に過ぎない。

オンチェーンデータでは、Shapella後に新規入金数96,000 ETHが確認されるも、約1日でステーキング残高は121,170 ETH純減していることから、相応の売り圧力は認められる。

詳細:イーサリアム(ETH)ステーキング報酬の出金状況と今後の見通しは?

リキッドステーキングプラットフォームの関係者は、「The MergeやShapellaアップグレードの影響で、イーサリアムのステーキングに対する機関投資家の関心増加に疑いの余地はない。今後数週間で出金数をはるかに上回る流入につながるだろう」と自信を示した。

根拠には、ステーキング・バーティカルの信頼性が高まり、出金および資金拘束を巡る不確実性が払拭されたことにある。

ステーキングをしながら代替トークンで資産運用可能なリキッドステーキングデリバティブ(LSD)の市場規模も昨今成長著しい。ステーキングされたETHの内、約6割がステーキングデリバティブプロトコルを利用しているとされる。

DeFi Llamaのデータによれば、LSD市場シェアの大半を占めるLido Financeの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は、年初から9割以上増加して125億ドル(1.37兆円)に。Rocket Poolは112%増の9.7億ドル(1070億円)となった。

数年来のETH報酬を回収した多くのステーカーは、さらなる利回り獲得のため、LidoやFraxなどのリキッドステーキングプロバイダーへの再ステークに意欲的なことが想定される。一方、ETH2.0からアンステーク可能になったことは、強制ロック分を活用する分散型ステーキングプロトコル「Lido」の優位性を下げることを意味することから、競争率の激化に伴う勢力図の変化も着目されるところだ。

関連:イーサリアムをステーキングしながら運用可能にする「LSD(リキッドステーキングデリバティブ)」を解説

暗号資産データ​​プロバイダーNansenによると、出金リクエストのキュー(queue)にロックされた833,000ETHの内、2/3以上が暗号資産取引所クラーケンからのものだった。クラーケンは今年2月、米SEC(証券取引委員会)から無登録有価証券として提訴を受け、米顧客向けのステーキングサービス廃止を余儀なくされたものの、出金リクエストの実装待ちとなっていた。

クラーケンの参加者はステーキング継続希望者を含め強制解除される格好となることから、再ステーキング率は高いとの見方がある。

関連:米SECのクラーケン起訴をどう見るか、イーサリアムステーキングへの影響を考察

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する
14:00
Uniswapの手数料分配案、合意に至らず
分散型取引所(DEX)Uniswapで、一定以上の取引量を処理する流動性プールに対し、手数料収益の分配先を変更し、コミュニティ全体に還元するという提案についての投票が終了した。
13:00
米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加
ナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは最新の事業報告を発表。5月のビットコイン生産量はOrdinalsの台頭も背景に増加した。
12:00
米下院議員ら、仮想通貨規制を明確化する法案を発表
米下院の共和党幹部らは、ビットコインなど仮想通貨の規制に関する法律草案を発表した。証券とコモディティの区別など、仮想通貨規制の明確化を図る法案となる。
10:50
米コインベースデリバティブ、機関投資家向けにビットコイン等の先物取引を提供
米国のコインベースデリバティブエクスチェンジは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの先物取引を機関投資家向けに提供する計画を発表した。CMEによれば、22年は仮想通貨の先物・オプション取引の約33%が米国外で行われていたが、2023年には35%に上昇する傾向にある。
10:05
イーサリアム仮想マシン「Kakarot」、資金調達を完了
仮想通貨イーサリアムの仮想マシンKakarotを開発するプロジェクトは、プレシードラウンドの資金調達を完了。ヴィタリック・ブテリン氏や、L2プロジェクトStarkWareらが出資した。
08:40
米債務上限停止法案が大統領署名へ 米国株続伸
本日のNYダウは+701ドルと大幅に続伸。ナスダックも+139.7高で取引を終えた。米債務上限問題は法案が上院で可決されたことや強い雇用統計が好感された模様だ。
06/02 金曜日
15:59
札幌開催のWeb3カンファレンス「B Dash Crypto」、ピッチコンテストの結果は
Web3特化型カンファレンス「B Dash Crypto」が札幌で開催された。ピッチイベント「Crypto Arena」で優勝に輝いたのは、高速ブロックチェーンAptosとSuiで分散型取引所(DEX)アグリケーターとして機能する「Umi Protocol」だ。
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧