CoinPostで今最も読まれています

Web3ゲーム市場で「アジア」が優位に立つ理由=レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ゲーム市場におけるアジアの優位性

分散型アプリデータ企業「DappRadar」は13日、東京を拠点とする「Pacific Meta」と共同で、アジアと日本におけるWeb3ゲームの消費者行動を分析したレポートを発表した。

これまでも世界のゲーム産業を牽引してきたアジア市場においても、独自トークンを利活用したWeb3のブロックチェーンゲームへの関心は高い。

昨今では、大手ゲーム企業もブロックチェーン技術を開発に取り入れ始めており、RPGゲームを好む文化的背景とも相まって、Web3ゲーム市場が大きく成長する可能性があると評価している。

レポートによればアジアのゲーム人口は約17億人に達し、世界のゲーム人口の55%を占める。年間売り上げ高は約9兆6,800億円(720億ドル)を超える規模だ。また、東南アジアなど今後、経済成長が見込まれる発展途上国が含まれており、ユーザーあたりのゲーム購買力が高まることによって、アジアの市場シェアはさらに拡大すると見られている。

中でも中国、日本、韓国といった先進国はアジアのゲーム産業で大きな役割を果たしており、時価総額の上位100位のうち、62社はこの3カ国の企業だという。また、アジアでは特にブロックチェーン技術への関心が高く、Nexonやスクウェア・エニックスやセガなど、自社IP(知的財産)にブロックチェーン技術を取り入れ始めたゲーム企業もある。

ブロックチェーン技術により、ゲーム企業はゲーム内通貨やアイテムなど、プレイヤーが売買できるゲーム関連のデジタル資産を作成し、配布することが可能になる。また、同技術により、取引の安全性や透明性が確保されるため、ゲーム企業にとっては「魅力的な選択肢」だとレポートは指摘する。

また、アジアのゲーム市場では、戦略やアクションゲームが主流である米国と異なり、「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」ブームに見られるように、RPG(ロールプレイングゲーム)が好まれる傾向が強い。RPGではゲーム内資産の作成や交換を行うことから、ブロックチェーン技術やオープンワールドを取り入れるのに適しているとレポートは分析。RPGへの採用が進むことで、アジアのWeb3ゲーム市場は、大きく成長しイノベーションを起こす体勢が整っているとまとめた。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

日本のブロックチェーンゲーム市場

Pacific Meta社は、日本の20代から70代までの男女1,030名を対象に、ブロックチェーンゲームに関する市場調査を実施。その結果、ブロックチェーンゲームの認知度は現時点で約4割に過ぎなかったが、認知している人で56.8%、認知していない人でも48.6%がブロックチェーンゲームに対して好意的な意見を持っていることから、一般層にもブロックチェーンゲームの潜在需要は十分にあると判断している。

ブロックチェーンゲームで最も魅力を感じる点は「無料でプレイできる」ことで、「スマホでプレイできる」、「ゲーム内でNFT(非代替性トークン)や仮想通貨など(金銭的価値のある)報酬を得ることができる」が続く。

これらの調査結果を踏まえてレポートでは、ブロックチェーンゲーム開発社が、プラットフォームとしてモバイルを優先し、P2E(遊んで稼ぐ)の要素を取り入れることで、日本人のブロックチェーンゲームに対する関心の高まりを上手に活用することができると指摘。日本のゲーム市場はWeb3ゲームへとシフトしていく可能性があると主張した。

関連:web3とAI分野が自民党の政策に、自民・政調審議会でホワイトペーパーを了承

Web2からWeb3へ

レポートは、実際にWeb2からWeb3へ移行する動きを見せているアジアの有名企業の事例を取り上げている。

  • ソニー:NFT関連特許の出願
  • バンダイナムコ:ガンダムをテーマとしたメタバース「Side-G」を展開
  • スクウェア・エニックス:ポリゴン基盤のNFTゲーム「Symbiogenesis」を開発
  • セガ:「三国志大戦」をベースにしたWeb3ゲームの開発、ゲーム特化型のブロックチェーンOasysを採用
  • Oasys:開発中のP2E戦略ゲーム「Defend the Kingdoms」、発売前の事前登録5万人
  • YGG Japan:世界最大のブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games」が母体。日本のIPを活用したブロックチェーンゲームのための環境整備
  • Wemade(韓国): Web3ゲーム「Mir 4 Global」が成功、独自のL1ブロックチェーンの立ち上げ
  • Netmarble:独自ブロックチェーンMarblexによるエコシステム構築、多くのNFTゲームをリリース
  • Com2uS: Cosmos SDKを活用したPoSブロックチェーン「XPLA」を開発

アニメ系NFTコレクション

また、過去半年間ではアニメをベースにしたNFTコレクションも大きな注目を集めており、上位1000のNFTコレクションで取引量の10.73%を占めているという。

レポートはこの期間の30のアニメ系NFTコレクションを分析。一つのコレクションの平均取引高は、約1億7,900万円(133万1,354ドル)で、平均販売額は6万8,755円(511.12 ドル)だった。

「日本のゲーム文化は近年、世界で圧倒的な人気を誇る日本のアニメとのつながりを深めてきたが、NFTを介して一層密接な関係が築かれている」とレポートは指摘した。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア