CoinPostで今最も読まれています

CoinPostが4/28(金)にセミナーを開催「DeFi・web3技術を既存事業に活用するポイント」を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

4月28日にWeb3セミナー開催

国内最大手の仮想通貨・ブロックチェーンメディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、国内事業者向けにWeb3に関する連続セミナーを毎月開催しています。4月28日(金)は、「分散型金融と呼ばれるDeFiやGameFi、NFTFiと呼ばれる金融の仕組みとデジタルアセット(資産)を組み合わせた事業」をテーマとするセミナーを開催いたします。

申し込みはこちらから:https://coinpost230428.peatix.com/

4月28日のセミナー内容

本セミナーでは、多くの人・企業にサービスや商品を提供している大企業におけるweb3活用事例やトレンドについて、様々な業界・業種から厳選した事例とともに、トレンドの変遷についてお伝えする予定です。 講師として、株式会社HashHubのLawrence(嶋田 翔太)様と、株式会社Gincoの取締役副社長、房安 陽平様をお呼びします。

株式会社HashHubからは、既存金融と分散型金融(DeFi)の違い、DeFiの歴史や、同様の仕組みを横展開しているGameFiやNFTfiの仕組み、既存事業への活用事例などをご紹介いただきます。

web3を利用した事業に取り組むことを考える時に重要な観点があります。それは、デジタルアセットを活用した金融の仕組みを既存のWebサービスに組み込み、新たなサービス体験を創出できる点が魅力である、という点です。そのため、遅かれ早かれ、金融の世界で求められるハードルに事業者は直面せざるを得ません。

そこで、web3を「デジタルアセットとその基盤であるブロックチェーン技術を利用する新しい事業」と定義し、様々な国内事業者をサポートしてきている株式会社Gincoにご登壇いただくこととなりました。同社取締役副社長 房安様からは、様々な企業をサポートしてきた経験を元に、暗号資産やNFT等のデジタルアセットの活用方法やメリット、金融的な側面をもつweb3サービスを実現する際のハードルなどについてお話しいただきます。

セミナー開催背景

22年11月28日に発表された「スタートアップ育成5か年計画」にて、ブロックチェーン技術とWeb3(分散型ウェブ)の税制を含む環境整備を進める、と岸田政権が明言しました。

参考:岸田政権、Web3スタートアップ育成の環境整備に向けたロードマップ示す

国内ではスクウェア・エニックス社、海外では大手コーヒーチェーンのスターバックスコーヒーやなどがブロックチェーン技術の活用を発表していることは、日々のニュースで目にしたことのある人も多いと思われます。

参考:スクエニ年頭所感「ブロックチェーンゲームにさらに注力」

参考:スターバックスNFT、ベータテスト開始

しかしながら、こうした動きの背景にあるWeb3の概念やブロックチェーン技術の理解のハードルが高く、「興味はあるが実際の導入検討には至っていない」「上司から検討を依頼されているが、どこから手をつけたらいいのかわからない」等の声を企業担当者から相談を聞いてきました。

弊社がこれまで培ってきた国内外のブロックチェーン活用事例に関する知識や経験豊かな事業者との関係をもとに、1社でも多くの企業をサポートすべくセミナーを開催することに致しました。

参考:なぜ日本政府は「web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

このようなニーズをお持ちの方にオススメです

  • web3関連事業の立ち上げや、その支援に関わっている人の話を直接聞きたい
  • 実際にweb3事業の立ち上げを検討しているが、まだ勘所がいまいちつかめていない
  • エンターテイメントやゲームに、web3をどう取り入れたらいいのか知りたい
  • web3に関する情報収集をしたいが、どこから手をつけていいのかわからない
  • 自社プロダクトにブロックチェーンやNFTをどのように導入したらいいのかわからない

セミナー概要

日時:2023年4月28日(金)
オンライン参加:Zoomウェビナー
 ※配信URLは後日お伝えいたします。

オフライン会場:SOIL(ソイル)
https://shibuya-soil.com/
東京都渋谷区渋谷一丁目13番9号 渋谷たくぎんビル 7階
※渋谷駅B3出口から宮益坂方面に徒歩1分
https://goo.gl/maps/fPa96qHgKVvNHUzP6

タイムテーブル:
18:00〜 開場

18:15〜 開会、株式会社HashHubセミナー

  • 既存金融と分散型金融の相違点
  • なぜDeFiに注目が集まったのか?
  • ○○Fiを既存事業へ活用した事例とトレンド解説
18:50〜 株式会社Gincoセミナー
  • Web3とは=Webサービス×金融体験
  • Web3の中心的要素・デジタルアセットとは何か
  • デジタルアセットの活用方法と活用メリット
  • 金融的なWeb3サービスを実現する際のハードルとは
19:25〜20:15 講師とCoinPostによるトークセッション、質疑応答

〜21:30 名刺交換会

参加費:無料

申し込みはこちらから:https://coinpost230428.peatix.com/

飲食について

当日は食べ物の提供がございます。ですが、飲食物の持ち込みは可能です。ただし、香りの強い飲食物は、他の参加者の迷惑になる可能性があります。ご遠慮いただけますと幸いです。

参加申し込みについて

Peatixより申し込みをお願いします。なお、現地参加される方につきましては、現地でのQRコード提示が必要となります。
本セミナーは企業担当者向けの内容となります。そのため、企業アドレスの登録をお願いしております。ご協力いただけますと幸いです。

申し込みはこちらから:https://coinpost230428.peatix.com/

登壇者プロフィール

株式会社CoinPost
代表取締役CEO 各務貴仁(かがみ たかひと)氏

株式会社CoinPost 代表取締役CEO。仮想通貨・ブロックチェーンの専門メディア「CoinPost」を運営。高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの情報をより早く正確な情報として届ける運営体制に力を入れている。

CoinPost:https://coinpost.jp/
Twitterアカウント:https://twitter.com/coinpost_kagami

講師プロフィール

株式会社HashHub
Researcher/Bizdev Lawrence(嶋田 翔太)氏

前職では官公庁の福祉行政部門にて住民対応、課内システム管理者などに従事。web3専門のライターとして活動後、2022年12月にリサーチャーとして株式会社HashHubに入社。web3専門メディアでの10本以上の記事寄稿経験、web3特化メディアの運営経験あり。

Twitterアカウント:https://twitter.com/lawrence_crypt


2018年4月に設立。「パブリックブロックチェーンの恩恵をより多くの人に」をパーパス(存在意義)とし、パブリックブロックチェーンの可能性を最大限に引き出し、社会に価値を届けます。ブロックチェーン総合企業としてHashHubレンディング(暗号資産の資産形成サービス)、HashHubリサーチ(web3レポート配信サービス)を提供しています。また、東京大学周辺エリアを拠点に国内外のブロックチェーンのスタートアップ・開発者が集うコワーキングスペースを運営しています。

公式サイト:https://hashhub.tokyo/
Twitterアカウント:https://twitter.com/hashhub_tokyo
HashHub Research法人プラン:https://lp.enterprize.hashhub-research.com/


株式会社Ginco
取締役 副社長 房安 陽平 氏

神戸大学大学院にて音声認識と自然言語処理などコンピュータサイエンスを専攻後、ブロックチェーンの技術開発会社でUI/UXデザインに携わる。その後、LINE株式会社にてスマホのおサイフサービス「LINE Pay」の事業戦略に従事し、アライアンスやグロース施策を担当。2017年に株式会社Gincoを共同創業し、取締役副社長を務める。

Gincoは、「経済のめぐりを変えていく」をビジョンに掲げ、ブロックチェーン技術を活用し、企業のweb3事業を支援するweb3 Development Companyです。 より早く、より安全に、より高い費用対効果でブロックチェーンを活用し、web3化をはじめとする新規サービスの創出や既存サービスの価値向上に取り組めるインフラおよびエンタープライズサービスと、個人が安心安全に暗号資産等のデジタルアセットを利用できるウォレットを展開しております。

公式サイト:https://www.ginco.co.jp/
Twitterアカウント:https://twitter.com/ginco_inc

諸注意

  • このプレスリリースに掲載されている内容は、あくまでも執筆時点で確定した内容に基づいております。諸般の事情により、内容や登壇者が変わる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 受付時に本人確認のため名刺を1枚いただきます。ご用意いただきますよう、よろしくお願いします。
  • セミナー資料の一部を撮影してSNSに投稿することは可能ですが、他の参加者が映りこまないようご配慮ください。
  • 申し込み時にご提供いただいた情報は、弊社のイベント受付管理や各種ご案内(サービス・イベント等)に利用させていただきます。
  • 運営が不適切だと判断した場合、ご来場いただいたとしても参加をご遠慮頂く場合がございます。

申し込みはこちらから:https://coinpost230428.peatix.com/

▼主催企業

株式会社CoinPost
事業内容:仮想通貨・ブロックチェーンに特化したオンラインニュースメディア運営
URL:https://coinpost.jp/
代表者:代表取締役CEO 各務 貴仁
本社:東京都荒川区東日暮里3−27−5 BHビル7階

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア