CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン反落、週平均取引量が17年12月の最高値を上回った背景は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末4月28日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比272ドル(0.8%)高と続伸した。

関連:米国株大幅反発 メタ+14%、米GDP2期連続で減速|28日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.1%安の28,574ドルに。

BTC/USD日足

月足は年初来4ヶ月連続で陽線となったが、30,000ドル付近のレジスタンスライン(上値抵抗線)に再び跳ね返された。

日本時間4日午前3時に米連邦公開市場委員会(FOMC)の金利発表およびパウエル議長の会見を控えるほか、今週末にかけて米雇用統計などの重要指標発表が続くことから、リスクテイクしにくい状況にある。

海外のアナリストJustin Bennett氏は4月28日時点で、BTC価格は26,000ドル台まで反落するとの見立てを示していた。

ヒートマップ(価格帯別出来高)を見ると、強気派は26,000ドル水準にロングポジションの指値注文を多く置いており、25,200ドル付近のサポートライン(下値支持線)も意識されるところだ。

著名アナリストのピーター・ブラント氏は、現在のビットコインドミナンス(市場占有率)は、約2年間に渡って「38%〜48%」のレンジにあると指摘。 この水準をブレイクした場合、ビットコインに資金が一極集中する可能性があると予想した。

2018年〜2020年の相場では、弱気相場におけるアルトバブル崩壊の反動でアルトコインから資金が抜け、ビットコインのシェアが急拡大するアルトドレイン現象が発生していた。

関連:ビットコインは底堅く推移、5月FOMCは向かい風となる可能性も|bitbankアナリスト寄稿

オンチェーンデータ

ビットコイン取引量(週平均)が過去最高値を記録した。仮想通貨バブルのピーク時である17年12月を上回った。

過去最大となる「19万件/日」を超えるOrdinals(Inscriptions)が影響したものと見られる。Inscriptionsはビットコインの全トランザクションの内、約40%のシェアを占めることもある。

Glassnode

Ordinals Protocol登場によりビットコインの最小単位であるsatoshi(サトシ)に画像データを記録できるようになり、Yuga LabsやDeGods、Magic Edenなどの主要なプレーヤーおよびプラットフォームの参入で認知されると、今年2月頃からビットコイン上のNFT(非代替性トークン)の一種として頻繁に取引されるようになった。

この影響で、2月初旬の平均ブロックサイズは、前月の1.2MBから3MB以上に急増している。

最近の傾向としては、初期に人気化してすぐに衰退した画像ベースのInscriptionsよりも、データサイズの軽いテキストベースのものが急増している。

Glassnode

背景には、実験的に作成された「Bitcoin Request for Comment(BRC-20)」トークンがある。ビットコインネットワークにスクリプトファイルを保存し、ユーザー間のトークントランザクションを可能とするもので急速に関心が高まった。

イーサリアム(ETH)のERC-20規格とは異なり、スマートコントラクトおよびDeFi(分散型金融)アプリケーションはサポートされない。

一方、Ordinals(Inscription)エコシステムの開発を行うOrdinal Labsは4月27日、「BRC-20トークンが本格始動するが、未完成の技術を用いた試作品であり、リスクも非常に高い」と注意を促した。

Ordinals自体については、ビットコインマキシマリストから「サトシ・ナカモトの提唱したビットコイン本来の目的を逸脱する」「トランザクション詰まりになり得る」などの懐疑的な意見もあり、賛否両論が繰り広げられてきた。

グレースケールは4月27日、これまでのデータを振り返った考察を投稿。

プロトコルの開始以来、ネットワークのセキュリティを保つマイナー(採掘業者)に支払われる手数料が大幅に増加していることや、ネットワークをサポートする開発者およびコミュニティの活性化の2つの観点から、「トータルで見ればビットコインネットワークにとってポジティブである」と結論付けた。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/03 土曜日
17:00
サンドウィッチ攻撃とMEVとは?
暗号資産(仮想通貨)イーサリアム基盤の分散型取引所ユニスワップなどで猛威を振るい手数料高騰の要因となっているMEV。サンドウィッチ攻撃など、分散型取引市場の脅威について詳しく解説する
14:00
Uniswapの手数料分配案、合意に至らず
分散型取引所(DEX)Uniswapで、一定以上の取引量を処理する流動性プールに対し、手数料収益の分配先を変更し、コミュニティ全体に還元するという提案についての投票が終了した。
13:00
米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加
ナスダック上場の米仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは最新の事業報告を発表。5月のビットコイン生産量はOrdinalsの台頭も背景に増加した。
12:00
米下院議員ら、仮想通貨規制を明確化する法案を発表
米下院の共和党幹部らは、ビットコインなど仮想通貨の規制に関する法律草案を発表した。証券とコモディティの区別など、仮想通貨規制の明確化を図る法案となる。
10:50
米コインベースデリバティブ、機関投資家向けにビットコイン等の先物取引を提供
米国のコインベースデリバティブエクスチェンジは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの先物取引を機関投資家向けに提供する計画を発表した。CMEによれば、22年は仮想通貨の先物・オプション取引の約33%が米国外で行われていたが、2023年には35%に上昇する傾向にある。
10:05
イーサリアム仮想マシン「Kakarot」、資金調達を完了
仮想通貨イーサリアムの仮想マシンKakarotを開発するプロジェクトは、プレシードラウンドの資金調達を完了。ヴィタリック・ブテリン氏や、L2プロジェクトStarkWareらが出資した。
08:40
米債務上限停止法案が大統領署名へ 米国株続伸
本日のNYダウは+701ドルと大幅に続伸。ナスダックも+139.7高で取引を終えた。米債務上限問題は法案が上院で可決されたことや強い雇用統計が好感された模様だ。
06/02 金曜日
15:59
札幌開催のWeb3カンファレンス「B Dash Crypto」、ピッチコンテストの結果は
Web3特化型カンファレンス「B Dash Crypto」が札幌で開催された。ピッチイベント「Crypto Arena」で優勝に輝いたのは、高速ブロックチェーンAptosとSuiで分散型取引所(DEX)アグリケーターとして機能する「Umi Protocol」だ。
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧