CoinPostで今最も読まれています

Cosmosエコシステムに再ステーキングを導入、「Mesh Security」を共同開発へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Mesh Securityの開発へ

ブロックチェーン間の相互運用性を推進するCosmos(ATOM)で、「再ステーキング」の導入に向けた取り組みがスタートしたことが18日にわかった。

新たなソリューション「Mesh Security」は、CosmosSDKで構築された各ブロックチェーン間での相互保護を可能にすることで各チェーンのセキュリティを強化するねらい。

この具体例として、Osmosisでステーキングして得られたデリバティブトークンをJunoで再ステーキングする方法が挙げられる。これにより、各チェーンが単独で動作するよりも高い経済的安全性が期待されている。Osmosis Labsの共同創業者であるサニー・アッガーワル氏は次のように述べた。

Mesh Securityを導入することで、セキュリティに対して双方向的なアプローチが可能となり、OsmosisとJunoのような2つのチェーンが互いに保護を提供し合うことができるようになる。

この提案は、イーサリアム上でステーキングされたETHからデリバティブトークンを生成し、それを他のプロトコルで再ステーキング可能にする「EigenLayer」の方針に似ている。EigenLayerは、ETHのステーキングセキュリティを活用し、サイドチェーン、ロールアップ、dApps、オラクル、ブリッジなどの検証作業を可能にする。

関連:イーサ「再ステーキング」、EigenLayerがテストネットローンチ

Mesh Securityの開発は、Cosmosエコシステム内の主要プロジェクトであるOsmosis Grants Program (OGP)、Axelar、Akash Network、ATOM Accelerator、そしてOsmosis Foundationによって資金調達されている。2024年の第1四半期にメインネット公開の目途が立てられている。

Mesh Securityの設計は、Cosmosエコシステム全体のブロックチェーンに適応可能であるとされている。最初の実装段階では、CosmWasm(WebAssemblyで記述されたスマートコントラクト)を利用したチェーンに対応し、最終的にはすべてのCosmos SDKチェーンをサポートする計画だ。

Cosmosのエコシステムを強化

Cosmosのエコシステムは、相互に運用可能な独立したブロックチェーンで構成されている。CosmWasm対応ネットワークには、プライバシーを重視したSecret Network(SCRT)、コミュニティ主導のL1チェーンJuno(JUNO)、分散型取引に最適化されたネットワークOsmosisなどが含まれている。

Mesh Securityは、独自トークンのステーキングを要する「バリデーター(検証者)」が保護する、アプリケーション固有のブロックチェーン向けに設計されている。公式サイトによると、現在のところ、Cosmosプラットフォーム上には72のアプリケーション及びサービスが存在し、その総時価総額は約8兆円(599億ドル)にのぼる。

「既にステークホルダーセットを持ち、自身を保護するために十分な市場規模を持つアプリケーションチェーンをターゲットとし、追加のセキュリティを提供する」とアッガーワル氏は解説している。

先月には、CosmosSDKで開発されたチェーンがCosmos Hubのセキュリティを活用できるセキュリティ・アズ・ア・サービス「Replicated Security」が稼働した。Cosmos Hubは、Cosmos(ATOM)をステークするバリデーターによって維持されるエコシステム最大のブロックチェーンだ。

Replicated Securityは、新たに独自チェーンを構築するプロジェクトにとって、初日からCosmos Hubの強固なセキュリティを確保できるという利点がある。この仕組みを利用して、スマートコントラクトプラットフォームのNeutronがローンチしている。

バリデータとは

バリデータとは、コンセンサスアルゴリズムに参加してブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのこと。ネットワークのネイティブトークンをロックして「ステーキング」という形で資本を担保する。取引履歴を検証し、その役割を果たすと仮想通貨で報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

関連:ATOMトークンの実用性拡大へ コスモス、セキュリティ共有を開始

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア