CoinPostで今最も読まれています

米Marathon、採掘ビットコイン量が前月比77%増加

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン生産量が大幅上昇

ナスダック上場の米暗号資産(仮想通貨)マイニング企業「Marathon Digital Holdings(マラソン・デジタル・ホールディングス」(以下、マラソン)は2日、2023年5月のビットコイン(BTC)生産量(採掘量)と、事業の最新情報を報告した。

5月には前月比77%増の1,245ビットコインをマイニングし、2022年同月比では366%増を達成した形だ。年初から現在までには、4,141BTCを採掘している。

また、稼働中のハッシュレートも9%上昇し、15.2 EH/s(エクサハッシュ/秒)に増加した。なお、1EH/sは、1秒間に100京回のハッシュ計算が実行できる能力である。

ハッシュレートとは

マイニングの採掘速度のこと。日本語では「採掘速度」と表現される。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる。

▶️仮想通貨用語集

「Ordinals」の台頭も背景

マラソンのフレッド・ティールCEOは好調な業績の背景には、ハッシュレートの増加と取引手数料の大幅な増加があったとして、次のように説明した。

「Ordinals」の登場により、5月のビットコイン取引手数料が大幅に増加し、高額になった。当社の事業規模と、当該月の稼働時間を改善することにより、この機会から利益を得ることができた。

取引手数料がここまで高いことは、過去を見ても稀なことだが、こうした出来事が仮想通貨マイニング業界の将来にとって、明るい兆しとなる可能性があると考える。

なお、Ordinalsとは、1月21日にリリースされた、ビットコイン版NFT(非代替性トークン)とも呼ばれるプロジェクトだ。

厳密にはNFTではなく「デジタル・アーティファクト(加工品)」と表現されるもので、ビットコインの最小単位であるsatoshiに通し番号をつけて、各satoshiに対して動画や画像などのデータをブロックチェーン上で保存する仕組みである。

すでにYuga LabsやMagic Edenなどの大手NFT事業者も取り扱いを始めており、Ordinalsや、Ordinalプロトコルを利用したビットコイン上のBRC-20トークンへの需要が急増。それにともなって取引手数料も高騰している状況だ。

関連Magic Edenがビットコイン版NFT「Ordinals」市場で拡大

マイニングマシンを増設中

マラソンのハッシュレート増加の背景には、同社がマイニングマシンの追加を進めていることがある。5月には、ノースダコタ州の施設で、新たに約1万台のマイニングマシンを起動。6月1日時点で、稼働中のマシンは約13万台に増加した。

ティールCEOは、マイニングマシンの出力や稼働時間を制御する独自のソフトウェアも、ハッシュレート向上に寄与していると説明している。順調に進めば、「今年の中盤には23EH/sという目標を達成できる軌道に乗っている」とも述べた。

マラソンは、5月中に554 BTCを売却した。今後も運営支援、財務管理、および一般的な企業目的のために、保有ビットコインの一部を売却する予定だ。6月1日の時点で、同社は合計12,259 BTCを保有している。

マラソンは、ビットコイン開発などを支援するBrinkと共同で、ビットコインコア開発者のために、最大約1.4億円(100万ドル)を集めるキャンペーンも展開しているところだ。

マラソンはこの基金について、同社からも2023年までに約7,000万円(50万ドル)を上限として寄付を行うと発表している。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア