ブロックチェーン技術、難民救済への活用法

ブロックチェーン技術はビジネスや政府機関での利用が目立ってはいるが、その範疇を超えて社会的領域でも活用が可能である。

こうした領域での活用で特に顕著なのは、貧困に悩まされている人々や社会的な抑圧のもとにいる人々の救済だ。

難民を生む最も大きな原因は紛争だが、この紛争の直接的な解決はブロックチェーンでは難しく、他国からの資金援助の手段などとしては役に立つがこれも根本的な課題解決にはならない。

ブロックチェーンの真の活用は、この技術を通してメディアが情報発信することによる情報の信憑性の確保や、選挙の監視、詐欺や腐敗の防止、さらにはモノの流通の可視化など、外から遮断される情報の可視化・定量化といったところにある。

これらは紛争を未然に防ぐ手段となり、難民救済にブロックチェーンが役立つというわけだ。

また、難民の身体的特徴を個人情報としてブロックチェーンに登録することで手軽に安全な本人確認ができ、その上で食糧配給を適切に行うこともでき、同じく重要な活用法としては難民キャンプの人々に銀行口座を提供することも挙げられる。

参考記事:Humanitarian Aid: How Blockchain Technology Can Help Refugees and Those in Developing Countries

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ブロックチェーン技術を使用したビジネスモデルトップ5
ブロックチェーン技術を使用した事業の拡大がだんだんと広がってきている。その中で、この技術を使用したビジネスモデルのトップ5を掲載している。
中国を牽引する世界のアリババ:新ブロックチェーン技術に高い期待感を示す
アリババの創立者ジャック・マー氏はブロックチェーンの可能性について言及し、この技術の期待感を示した。アリババは中国内外でこの分野のプロジェクトを拡大している。また、それ以外の企業でもブロックチェーンプロジェクトの広がりを見せている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加