CoinPostで今最も読まれています

CoinExが展望するAIとWeb3の未来|2つの最先端技術の融合がもたらす変革とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

AI(Artificial Intelligence:人工知能)は、人間の予想を遥かに超えるスピードで進化し続けています。例えば2023年時点ではOpenAIがリリースした生成AI「ChatGPT」が大きな注目を集めており、様々な業務における代替可能性や潜在的リスクについての議論は熱を帯びるばかりです。

AIはテック業界をはじめとして、すでにマーケティング・製造・金融などの業界でも活用されており、今後は医療や福祉の分野でさらなる普及が進むと予測されます。また、ブロックチェーン関連技術との融合により、Web3市場にも大きな変化をもたらすでしょう。

そこで本記事では、香港で設立・2023年現在はイギリスに本拠地を置くグローバルな暗号資産取引所「CoinEx」が考える「AIとWeb3の未来」についてレポート。AIとWeb3の融合で生まれる新たなビジネスモデル等について、ご紹介します。

参考:AI技術の爆発的な普及でWeb3+AIがぶつかる新しいビジネスモデルとは?

1.AIの進歩は、既に人間の想定を超えて加速している

OpenAIの調査によると、ここ10年でAIの処理能力は人間の想定を遥かに超えた速度で進化しています。統計によると、AIのキャパシティは「3〜4ヶ月ごとに2倍」という指数関数的な増加を記録。こういった加速度的な能力の向上により、以前は不可能だとされていた高度な処理が次々と実現されるようになりました。

そもそも、AI・機械学習の概念が確立され始めた時期は1950年代まで遡ります。1956年に開催されたダートマス会議で、米国の計算機学者John McCarthy氏らが「人工知能」という用語を初めて提唱し、計算機を用いた人間の知性を模倣・再現する試みを開始しました。

それから半世紀以上にわたって研究が進められた後、コンピューターの処理能力とデータ容量の増加が進んだ2000年代以降に実用化が加速。例えば、GoogleやMicrosoftといったテック大手は、10年以上前からAIや機械学習を導入しています。

とはいえ、これまで個人がAI技術を直接活用する機会は多くありませんでした。しかし2022年11月に専門技術を必要とせず利用できる対話型AI「ChatGPT」がリリースされ、AIの一般化が爆発的に進行しました。その他にも、医療では画像診断AIやゲノムの解析、金融業界ではクレジットカードの不正検知や審査に活用され始めるなど、AIの普及は加速するばかりです。

このような「AI革命」ともいえる進歩は、AIが人間の進化のスピードをはるかに上回るペースで進歩し、最終的には人間の知能を超えた域に到達することを示唆しています。次章では「Web3業界」において、AIがどのような形で影響を与えていくのか具体例を解説しましょう。

2.AIが「Web3業界」に与えるインパクトとは

AIは、暗号資産・ブロックチェーンなどに関わるWeb3業界にも大きな影響を与えてゆくでしょう。本章では、AIとWeb3という2つの最先端技術が融合して生まれる「インテリジェントブロックチェーン」「インテリジェントdApps」「メタバース」について考察します。

2-1.インテリジェントブロックチェーン

まず考えられるのが、AIとブロックチェーンを融合した「インテリジェントブロックチェーン」です。分散型の金融システムを実現する技術として誕生したブロックチェーン技術とAIは非常に相性が良く、融合すれば両分野において大きな進歩が見込めます。

AIと融合した次世代のブロックチェーンでは、機械学習を用いた機能をインフラストラクチャの核となる部分にビルトインした仕様になると考えられます。結果、ネットワーク全体のセキュリティ強化や、ブロックチェーン上のトランザクション自動化などを大きく促進するでしょう。

2-2.インテリジェントdApps

ブロックチェーン上で実行される分散型アプリケーション「dApps」もまた、核となるシステムに機械学習モデルを組み込むことで、大きな進化を遂げると考えられます。

既にNFT分野においては機械学習の導入が急速に進められており、徐々に他のdAppsサービスにも普及していくでしょう。2023年時点のNFTは、静止画アートや、あらかじめプログラムされた動作のみ実行可能なゲームキャラクターなどが一般的です。

しかしAIを搭載することで、実際に知性や感情を持っているように振る舞うNFTが実現できるでしょう。例えばゲームキャラクターであれば、所有者の感情によって態度を変える・過去に行った対話を記憶している等、本物の人間と同じように会話が成立するNFTが生まれるかもしれません。

メタバースにおいては「管理の自動化」「コンテンツ開発」などの側面でAI関連技術が大きく活用されてゆくでしょう。

ビッグデータを学習させたAIを活用して業務自動化を図る「AIOps(Algorithmic IT Operations)」のような技術を応用すれば、メタバースの監視・統括やリアルタイムでのユーザーインタラクション処理といった定型業務を、24時間365日休まず実行できるシステムを設計可能です。また、画像や動画生成AIによって、メタバース内にユニークでハイクオリティなコンテンツを継続的に供給する、といった活用方法も考えられます。

2-3.インテリジェントプロトコル

さらに近い将来、スマートコントラクトやプロトコルに機械学習を統合した「インテリジェントプロトコル」が生まれるでしょう。インテリジェントプロトコルは、特にDeFi(分散型金融)の分野での活用が期待できます。

既存のDeFiシステムを強化できるほか、より合理的でフェアな資金の貸出・融資サービスを実現するプロトコルの開発も可能でしょう。例えば、AIを活用したデータ解析によって集計されたウォレット保有者のスコアに基づき、世界中のウォレットから得た融資を均等に分配する融資プロトコルなどが考えられます。

このように、AIとWeb3の親和性は高く、この2種類の技術が融合することで生まれる可能性は計り知れないほど大きいです。そこで続いては、こういった変革から生まれ得るビジネスモデルについて考察します。

3.AIとWeb3の融合で生まれる新たなビジネスモデル

CoinExによれば、AIとWeb3の融合により、いくつか新たなビジネスモデルが誕生するとのこと。大きな変化が生まれる分野の代表例としては、以下が挙げられます。

  • デジタルアート
  • 分散型AIマーケットプレイス
  • 分散型データマーケットプレイス

既存のシステムにAIが新たに加わることで、どのような変化がもたらされるのか、各項目を見ていきましょう。

3-1.デジタルアート

デジタルアート市場は、AIとWeb3が融合することで大きな市場を生み出すかもしれません。

デジタルアート市場の主要なコレクターはAI市場・Web3市場に高い関心を寄せている傾向があるため、今後AIとWeb3が普及するにつれて、デジタルアートのニーズも高まる可能性があります。一方でデジタルアートを作成できるアーティストは限られており、需要に比した供給の少なさからアートの価値高騰が起こりやすくなると考えられます。

3-2.分散型AIマーケットプレイス

また、AIモデルをオープンに取引できる「分散型AIマーケットプレイス」も今後大きな発展が期待できる画期的な市場です。

これは、中央集権的なデータ管理の制約を受けない分散型マーケットプレイスで、AIモデルを購入・レンタル・リースできるほか、開発者であれば出品も可能というビジネスモデルです。こういった誰もが自由に取引に参加できるAIのマーケットプレイスが普及すれば、個人がAIの開発や進歩に貢献できるようになり、AI市場の貢献を大きく後押しするでしょう。

ブロックチェーン技術により開発者・購入者の透明性やセキュリティを確保しつつ、DAOによる取引手数料の公平な収益分配といったインセンティブ構造なども実装可能です。

3-4.分散型データマーケットプレイス

さらに、企業が保有する膨大なビジネスデータを売買できる「分散型データマーケットプレイス」も生まれる可能性があります。スマートコントラクトで定められたルールに従って自動で取引が実行されることで、プライバシーの機密性を維持しつつ提供データの移転を可能にします。

分散型データマーケットプレイスにおいて、AIは膨大なデータのノイズ除去や、各ユーザーが関心を持つ分野のデータを提案するアルゴリズムなどの面で活用されるでしょう。

4.暗号資産取引所CoinExの概要

今回、AIとWeb3の将来像について考察したのは、2017年に設立されたグローバルな暗号資産取引所「CoinEx」です。

「暗号資産取引をより簡単に」をモットーに掲げ、暗号資産取引への参入障壁を下げるユーザーフレンドリーな設計が魅力。200以上の国と地域、そして500万人以上のユーザーに、スワップサービス・スポット取引・証拠金取引・ストラテジックトレーディング・先物取引・自動マーケットメーカー(AMM)・金融サービスなどを提供しています。取引銘柄数は726種類、取引ペアは1142ペアと、豊富な取り扱い数を誇るのも特徴です。

コールドウォレットやマルチシグニチャを駆使した、設立以来ハッキングや不正アクセスなどの被害が報告されていない万全のセキュリティ対策と、万が一の場合には100%資産保護の保証があるため安心して取引ができるでしょう。

CoinExの最近の動向としては、香港ユーザー向けの暗号取引サービス「BitHK」を立ち上げるなど、その規模は拡大中です。

5.AIとWeb3の融合は、今後数年でさらに加速する

AIの進化は凄まじく、人間の想定を遥かに凌駕しています。多くの分野での活用が進むとされており、Web3も例外ではありません。

AIとWeb3は相性が良く、ブロックチェーンやdAppsの開発、メタバースの構築などにAIの処理能力の高さや、優れた自動化能力を活用できるでしょう。新たなビジネスモデルが誕生する可能性も秘めており、NFTアートに加えて、新たな検索プラットフォームや、分散型AIマーケットプレイスの誕生が期待されています。

AIがさらに進化すれば、今では考えられないような活用方法が生まれるでしょう。AIとWeb3の融合は、今後も目が離せないトレンドです。

「AI技術の爆発的な普及でWeb3+AIがぶつかる新しいビジネスモデル」については、CoinExのブログでも説明しています。

詳細:https://www.coinex.com/blog/ja_JP/3118-what-new-business-model-will-web-3-and-ai-collide-with

関連:暗号資産取引所CoinEx4周年 CEOが語る最新トレンドと今後のビジョン

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 水曜日
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。
06:25
ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達
米資産運用大手ブラックロックの現物仮想通貨ビットコインETFの上場申請について、流動性提供のためのシードファンディングを10万ドル受けたことが判明した。
06:05
米SEC、グレースケールのイーサリアムETF上場申請の可否判断を延期
米SECは5日、グレースケールの仮想通貨現物イーサリアムETF上場申請の可否判断を延期した。今年中にビットコイン・イーサリアムのETF申請に対するSECの承認はされない見込みだ。
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア