暗号資産取引所CoinEx4周年 CEOが語る最新トレンドと今後のビジョン

4周年を迎えた取引所CoinEx

2017年に立ち上げられた暗号資産(仮想通貨)取引所のCoinExは、4周年に突入し、暗号資産市場の成長と共に拡大を続けてきた。

そこで今回、CoinExのHaipo Yang CEOにインタビューを行い、暗号資産のトレンドや規制への対応、次の10年におけるビジョンなどを語ってもらった。Yang氏はIT大手テンセントなどを経て、現在は大手マイニングプールであるViaBTCのCEOも務めている。

暗号資産のこれまでの変化、そして現在のトレンドについて聞かせてください

Haipo Yang氏:暗号資産業界は過去4年間で目覚ましい成長を遂げました。 昨年には、AMMのような革新的なモデルによって、DeFiセクターは洗練されていきました。今日の市場では、暗号資産は多くの投資家のポートフォリオになくてはならない要素になっています。今年、暗号資産の時価総額は3兆ドルに達し、2018年の4倍になりました。

暗号資産ユーザーが専門知識を蓄積するにつれて、短期的な投機家は少なくなり、暗号資産コミュニティがより本格的なものになってきています。

現在のフォーカスは、暗号資産を現実の世界にリンクするための、DeFi中心の財務モデルを構築することです。ユーザーがDeFiに集まるにつれて、コミュニティはイーサリアムのパフォーマンスの低さに直面しました。そのため、ArbitrumやOptimismなどのレイヤー2スケーラビリティソリューションが脚光を浴びています。また、Solana、Avalanche、Terraなどの新しいパブリックチェーンエコシステムも繁栄しています。

DeFiとは別に、ユーザー中心のWeb 3.0は、もう1つの焦点であり、DAOや一部のDIDプロジェクトなどの自律型ガバナンスの新しいモデルはかなりのプライオリティを与えられています。同時に、多くの主要なインターネット企業はメタバースの開発をフォローしています。実際、財務面で有利な面があるGameFiは、エキサイティングなメタバースのセグメントになる可能性もあります。 Play-to-Earnモデルについては、ゲームの経済的属性に関してまだ開発の余地があることは明らかです。

暗号資産ユーザーの動向をどのように捉えているでしょうか

Haipo Yang氏:昨年以来、アクティブな暗号資産ユーザーの数は指数関数的に増加しており、これは、取引量とDAUからも明らかです。さらに、多くのユーザーはDEX(分散型取引所)で取引する傾向があり、先月だけで合計1,000億ドル近くの売上高を記録しました。

多くのユーザーは、会話のトピックやステータスシンボルとしてのNFTにも魅了されています。これらのカルチャー主導のセグメントに加えて、他のトレンドトピックとしては、DeFi、新しいパブリックチェーン、レイヤー2スケーラビリティ、Web 3.0、およびメタバースに関連した暗号資産などがあるでしょう。

規制に対する考え、取引所の対応については

暗号資産への規制はステーブルコインを含め議論が進められてきた。Yang CEOは、規制は必ずしも悪いことではないと語る。

Haipo Yang氏:暗号資産の取引が直面している世界的な規制は、最も話題を呼んでいるトピックの1つです。市場が大きくなるにつれて、規制当局が暗号資産を無視することは困難になります。政府は暗号資産投資に関する政策を導入する可能性がありますが、規制は必ずしも悪いニュースではありません。

一部の規制当局が懸念を表明しているのは事実です。たとえば、SEC(米証券取引委員会)はビットコイン先物ETFの取引を承認しましたが、ビットコイン現物ETFの申請を拒否しました。SECは、暗号資産が取引所による価格操作の対象となる可能性があると考えているため、ビットコイン現物ETFには非常に注意が払われています。

一方で、相場操縦の対象となる市場は暗号資産業界だけではありません。たとえば、2021年初頭のGameStop事件の間、取引所、ブローカー、トレーダーを保護するために、ロビンフッドなどの米国のブローカーは、GMEを含む株式の取引を停止し、個人投資家が利用できないようにしました。大きな衝撃を与えたのは、彼らが所有者の許可なしに株を売った点です。

GameStop株では、従来の取引所もルールを恣意的に破壊し、いつでも取引を禁止する可能性があることを示しています。従来の金融システムと比較して、暗号資産が投資家に大きな脅威をもたらすとは考えていません。それどころか投資家は、ルールを遵守した、透明性のある暗号資産の取引所がより安心できることに気付くでしょう。

多くの国や地域では、暗号資産に関する規制の監視により、業界のコンプライアンスと透明性が向上しています。CoinExでは、さまざまな政府の法律だけでなく、規制も常に受け入れてきました。 CoinExは、これがより安全で安定した投資環境を提供し、確実性を向上させる唯一の方法であると考えています。

暗号資産が普及する上での課題とは

Haipo Yang氏:新規の暗号資産ユーザーは、業界の経験者の予想よりもアクセスしにくいと感じているかもしれません。そもそも、株式やそれを基にした商品と比較して、暗号資産はより高い学習コストを伴います。暗号資産の評価方法は、従来の金融商品よりも複雑で、保守的な投資家がメタバースプロジェクトのような資産を理解して管理することは非常に困難です。

したがって、彼らは、暗号資産取引所で取引するのではなく、信託やETFのようなアプローチを選択して暗号資産に投資する傾向があります。

そのほかにも、多くの初心者は暗号資産ウォレットを使おうとして、その難しさに直面します。また、初期には、業界の急激かつ大規模な成長に伴い、多くの暗号資産に関するスキャンダルがありました。それでも、暗号資産がより多くのユーザーを得るにつれて、これらすべての問題に対して解決策が示され、将来的には暗号資産が主流になると私たちは信じています。

取引所の今後のビジョンについて聞かせてください

Haipo Yang氏:暗号資産市場が拡大するにつれて、取引所は重要な役割を果たします。今後10年間で暗号資産は成長を続け、規制に準拠した透明性のある取引所により市場への参入障壁は低くなり、ユーザーは暗号資産をより迅速に受け入れ取引できるようになります。

これがCoinExの目標です。最高の金融商品とサービスを提供し、資産を安全に保つことで、最高のユーザーエクスペリエンスを提供することです。一方で、CoinExは、グローバルで存在感を持つ世界一の暗号資産取引プラットフォームを目指しています。私たちは暗号資産業界とともに成長することを決意しています

暗号資産の動向を今後、どう見ているでしょうか

Haipo Yang氏:場合によりますが、私の意見では、ビットコインのような資産は​​、その価値が多くの人によく知られているため、長期保有に適しています。その他の人気のある資産について、長期のキャピタルゲインまたは短期的な価値のどちらかを選択するのは、ユーザー次第です。

暗号資産業界は、その成熟度と専門化を段階的に目にしています。従来の金融と比較して、暗号資産の豊富な派生物には成長の余地がありますが、これらの金融商品はプロの投資家に適しているかもしれません。

私のアドバイスは、投資家はテクノロジーを学び、投資経験を豊かにする必要があるということです。これには時間がかかりますが、業界と一緒に成長できる投資家は、その無限の可能性から利益を得ると思います。

CoinExはどのような取引所でしょうか

Haipo Yang氏:CoinExは、4年前の2017年に設立された暗号資産取引所です。現在、スポット取引、契約取引、マージン取引、金融サービス、AMM、取引主導型マイニングなどの暗号資産サービスのポートフォリオを提供しています。

ユーザーの資産を保護しながら、イノベーションを維持することに焦点を置いており、たとえば、DeFiのインフラであるAMMとオーダーブックを組み合わせて、CoinExでは新しい暗号取引体験を提供しました。

また、CoinExはViaBTC Groupによってバックアップされています。私たちはより多くの国と地域でプレゼンスを拡大し、CoinExを世界最高の暗号取引プラットフォームにするために努力しています。

セキュリティについても、セキュリティを優先したチーム体制を築いてきたという。

Haipo Yang氏:元テクニカルエンジニアとして私はテクノロジーを大切にしており、チームに関してはセキュリティが最優先されています。取引所が安全でなければユーザーの資金は安全とは言えないため、システムセキュリティ、O&M(運用・メンテナンス)セキュリティ、およびウォレットのための一連の保護対策を持っています。

コールドウォレットマルチシグニチャ戦略により資産の安全性は保証されており、これまでのところ、CoinExがセキュリティ違反でハッキングされたことはありません。

参考:CoinEx

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します