CoinPostで今最も読まれています

メインネット公開から5周年のオントロジー、1年の進捗を総括

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メインネットローンチから5年

Web3に特化した信頼・プライバシー・セキュリティに配慮した分散型IDソリューションおよびデータ特化型のオープンソースプラットフォーム開発に主眼を置くプロジェクト、Ontology(オントロジー)は6月30日、メインネットのローンチからちょうど5周年を迎えた。

メインネットとは、試験段階であるテストネットの次に、実際の運用環境として公開される独立したパブリックブロックチェーンのことだ。

オントロジーは、2018年6月30日にメインネットを正式にローンチ。それ以来、プライバシーと透明性、信頼性を高めた安全性の高いインフラ構築に注力してきた。

出典:オントロジー

オントロジーが開発した分散型ID「ONT ID」の利用者は、2022年の終わり時点で160万人を突破し、一般的に利用されているDIDソリューションの中で大きなシェアを占めている。世界規模でフリーランスのマーケットプレイスを提供するマイクロワーカーズは、このONT IDを採用。これにより、マイクロワーカーズはユーザーのアカウント履歴や信用スコアを、安全に保存し、共有することが可能になった。

オントロジーのメインネットは現在、合計で164のdApps(分散型アプリ)をホストしており、メインネット上で行われたdApp関連のトランザクションの総数は760万を超えている。これらの数字は、オントロジーのエコシステムとコミュニティが着実に成長を遂げていることを示している。

関連:オントロジー、プロジェクト近況を報告|正式ローンチから5周年

オントロジーは過去1年間で達成した開発の進捗とマイルストーンについて報告している。今回の記事では、その詳細を以下にまとめていく。

過去1年間での主な開発

オントロジーの技術実装、パートナーシップを含む開発の進展について、過去1年間で達成した内容を紹介する。

L2「Goshen Network」をローンチ

Goshen Networkはイーサリアム(ETH)と完全な互換性を持つレイヤー2ネットワーク。オントロジーとイーサリアムの開発者間の交流が一層強化されることが期待されている。このプロジェクトはオントロジーのインキュベーションプログラムを卒業。2023年4月にテストネットを立ち上げ、早期のユーザーに向けて報酬キャンペーンを開始した。

Goshen NetworkはOptimistic rollupsという技術を導入し、メインチェーンであるイーサリアムの分散性とセキュリティを保ちつつ、より低いガスコストで取引処理性能を高めている。Optimistic rollupsは、取引を一旦サイドチェーンで集約し、その後メインチェーンにまとめて反映することで、取引コストを削減し、スループットを向上させる技術だ。

関連:Ontologyのインキュベーションを経て誕生したL2、リワードキャンペーンを実施

パフォーマンスの最適化/ステーキング環境の強化

台帳メモリ使用量とスマートコントラクトデータ保存量の最適化を通して、パフォーマンス、スケーラビリティ、ネットワーク全体の効率性向上を果たした。

ステーキング・エコシステムを大幅拡充。明確さ、使いやすさ、アクセス性の改善を図った。ステーキングプロセスが簡略化され、ユーザーが参加しやすくなった。また、現在リキッドステーキング (stONT)の開発も進行中。実現すると、ONTトークンの流動性を取得して、ステーキングをしながら収益機会にアクセス可能になる。

ONTOウォレットの進化

ONTOウォレットは、分散型ID(DID)の司令塔として機能し、複数のプラットフォームに跨ってDIDを安全に管理できる。自己所有IDのビジョンを実現するための重要な要素であり、ユーザーが自分自身のデジタルプレゼンスを制御できるようにする。

分散型IDとは

分散型IDとは、中央集権的な身分証明証の発行機関や組織などに依存することなく、自分が誰であるか、また自分に関する情報や保有する資格などを証明・管理することのできる、新たなタイプのIDを指す。

▶️仮想通貨用語集

Ontology EVM開発基金の有効活用

Ontology EVM開発基金は、Ontology EVM上で作業を進める開発者たちに重要な支援とリソースを提供し、これによりEVMベースのプロジェクトの発展を促し、イノベーションを推進。これは、Web3の進化と相互運用性の拡大に直結している。

オントロジーは2022年3月に独自のイーサリアム仮想マシーン(EVM)を正式にローンチ。Ontology EVMにより、イーサリアム・ブロックチェーンとの互換性を獲得し、その結果、イーサリアム(ETH)を含む35種類以上のチェーンとの相互接続が可能になっている。

過去1年間での主なパートナーシップ

Alchemy Payとの提携

2023年5月には、仮想通貨決済ゲートウェイAlchemy Payとの提携が実現し、これによりユーザーのアクセスと利便性が一段と向上した。Alchemy Payの決済ゲートウェイは、主に仮想通貨の購入と売却を支援するものであり、VisaやMasterCardといった決済方法も扱う。この提携により、法定通貨を使用してオントロジー (ONT) とオントロジーガス (ONG)の購入がスムーズになった。

iZUMi Financeとの提携

オントロジーは、Ontology EVM向けの分散型取引所(DEX)を提供するDeFiプロトコル、iZUMi Financeと提携。この提携により、ONGからONTへのスムーズな交換が可能となり、DEX内でのユーザー体験が一層簡易化された。

Orange Protocolとの協業

レピュテーション管理を手掛けるOrange Protocolと協力し、クロスチェーンの信用管理機能を強化。この組み合わせにより、ONT IDが分散型IDの進化を遂げ、異なるブロックチェーンネットワーク間での信用の検証を可能にし、分散型エコシステムにおける信頼性と透明性を高めている。

関連:分散型ID開発のオントロジー、2023年のロードマップを発表

これらの成果は、オントロジーが開発者とユーザー間の障壁を取り除くための取り組みを具体化している証拠であり、Web3の体験をよりオープンでスムーズにする方向へと進化させている。パフォーマンスの最適化、ステーキング環境の改善、そして他のプロジェクトとの共同作業を通じて、オントロジーはWeb3の未来を形作り、分散型技術の採用を推進している。

オントロジーは2023年にかけて、分散型アイデンティティ(DID)と分散型データの、様々な分野での導入をさらに後押ししていく姿勢を示している。また、ONTステーキング機能やユーザーインターフェース(UI)がさらに進化する計画だ。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア