CoinPostで今最も読まれています

オントロジー、プロジェクト近況を報告|正式ローンチから5周年

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

正式ローンチから5周年

Web3に向けた分散型ID(DID)ソリューションおよびデータ特化型のオープンソースプラットフォームを開発するOntology(オントロジー)は11月24日、設立からちょうど5周年を迎えた。

設立当初よりオントロジーは、Web3のアイデンティティ、データ保護、マネジメントなどの基本的な公共インフラを提供するプラットフォームの開発に注力してきた。今日Web3のインフラ製品の1つである「ONT ID」のユーザー数は160万人を超え、最も広く利用されているDIDソリューションの1つとなっている。

また、オントロジーは当初からクロスチェーン間の接続にも意欲的だ。現在では、Ethereum、Polkadotなどを含め、対応チェーンが35種類まで拡大している。

5年目の節目を迎え、オントロジーがこれまでの進捗を報告しているので、以下にその概要をまとめた。

2021年からの進捗

2021年までの歩み

基礎固めに集中した1年目(2018年)

1年目では、オントロジー1.0のメインネットをローンチし、高性能なパブリック・ブロックチェーンとしてのオントロジーの位置づけを明確にした。オントロジー1.0は、スマートコントラクトをIDで実行できる初のパブリックチェーンであり、DIDソリューションに関するビジョンをこの1年間で体現した。

インフラ構築に着手した2年目(2019年)

2年目では、オントロジーのビジョンが明確化し、より広範なブロックチェーン・エコシステムの中で目指すべき位置を具現化した。

分散型IDとデータプライバシーに焦点を当てた企業プロジェクトをさらに進めることで、メインネットを充実させた他、史上初となるクロスチェーンのテストネットであるWasmテストネットの立ち上げやマルチ仮想マシンの立ち上げ、クロスシャードトランザクション処理への対応も始めた。

関連:仮想通貨オントロジーがこれまでの進捗を総括|メインネットローンチ2周年を記念

グローバル展開を始めた3年目(2020年)

3年目では、魅力的なパートナーシップを通じて、DIDとデータのビジョンを拡大する、クロスチェーンにおけるグローバルネットワークとしての地位を確立。

そのためにイーサリアム、NEAR、NEO、TRON、Klaytn、バイナンス・スマートチェーン、ポルカドットにクロスチェーンのDIDソリューションを展開を行った。また、オントロジー2.0へのアップデート、ユーザーのDIDとONTO Walletを1度のログインで済むよう統合し、ユーザーが自分のIDとデータをコントロールできるようなフレームワークの開発など相互運用性に向けたインフラの改善を完了した。

関連:仮想通貨オントロジーのユースケース拡大に向けて|オントロジー2.0解説

Web3と相互運用性を確立した4年目(2021年)

4年目、オントロジーは「Web3と相互運用性」をテーマにWeb3の幅広いビジョンに合うようにONT IDやONTOウォレットなどの既存の製品に磨きをかけ、ユーザーのプライバシーとデータのセキュリティを優先事項の中心に据えた、分散型かつ相互運用型のインターネットに移行可能なパブリックチェーンとしての地位を確立した。

この地位を確立するために、オントロジー技術チームは21年初頭にオントロジーEVM(イーサリアム仮想マシン)の開発を始めた他、ONT IDを通じて洗練されたアプリケーションや実世界でのユースケースを構築することを容易にするアップデートが行われた。

関連:オントロジー正式ローンチから4年 これまでの軌跡 |Ontology(オントロジー)寄稿

2022年の進捗内容

2022年の進捗は以下の通りである。

①Ontolgy EVMが正式ローンチ

2021年から開発を進めていたOntology EVMが3月に正式ローンチした。Ontology EVMは、イーサリアム上の何千人もの開発者をオントロジーに誘致することを目的として開発された。Ontology EVMによりブロックチェーン間の相互運用性が高まることで、開発者の移行コストの削減、より低いガス代でのオントロジーエコシステムへの参入や、これまで以上に迅速なブロック作成などが可能だ。

EVMへの対応により、Ontologyはほとんどの種類のスマートコントラクトに対応するパブリックチェーンプラットフォームとなり、「Web3開発者により身近でフレンドリーな開発環境を提供する」というオントロジーが目指す世界の実現へ前進した。

関連:オントロジー、イーサリアム仮想マシンを正式ローンチ

②ファンド設立とハッカソン

Ontology EVMのローンチと共に、1,000万ドル(約13.7億円)のONT/ONG相当となるEVMファンドを3月に設立した。EVMファンドに参画するプロジェクトには、技術面、マーケティング面、ビジネス開発などオントロジーからの手厚いサポートを受けることが可能だ。

また、開発者は80万人のユーザーを持つ「ONTO Wallet」や、ユーザー数160万人を達成したオントロジーの分散型デジタルIDアプリ「ONT ID」の活用ができる。

また4月には、主要な開発者コミュニティであるDora Hacksと共同でオンラインハッカソンを開催。このハッカソンには合計26のプロジェクトが参加し、NFT、DAO、ドメインネームといった、人気の高いWeb3分野におけるイニシアチブを取った。

③OWN Infrastructure(独自のWeb3インフラ)発表

6月には、相互運用可能なグローバルブロックチェーンエコシステムを構築するために必要なツールを提供するプロトコル「OWN(Ontology Web3 Network)Infrastructure」を発表した。OWNは、DIDおよびデータソリューションの提供を通じて、Web3における信用、プライバシー、セキュリティの確立を目指していくインフラである。

Web3開発者はOWNを活用することで、Web3アプリケーションを迅速に構築し、基本機能をゼロから作成する手間を省くことができる。また、個人もONTO Walletなどの製品を通じて、シームレスかつ迅速にWeb3にアクセスすることが可能。

OWNは、Web3に関わる様々なステークホルダーがこれまで以上にWeb3へ簡単にアクセスできる環境を提供していく。

関連:オントロジーが構築する、ユーザー所有権を通じた分散型社会|Ontology寄稿

今後

設立当初からDIDを強みとして、それを技術力で支えるオントロジーは、激動するWeb3世界に独自の世界を構築し、DIDやネットワークセキュリティ、プライバシー保護を追求する開発者たちのプラットフォームを構築している。

5年が経過し、オントロジーはOWNのモジュール構築とプロダクト開発を完成させた。現在、オントロジーのプラットフォームはさらに拡大し、今後オントロジー上のWeb3インフラのプロダクトはさらに改善されることが予想される。

オントロジーは今後について、「依然として当初のビジョン(分散化かつ信用に基づいたインフラの構築)とミッション(より多くのユーザーに利益を与える効率的な信用メカニズム構築のために、ブロックチェーン技術を活用したデータとDIDを統合する)を守り、Web3信用エコシステムのインフラと実利に即したWeb3アプリケーションを提供し続け、最終的にトラストレスで信頼性の高い分散型世界を実現を目指す」とのことだ。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/17 水曜日
17:30
Polyhedra Networkがグーグル・クラウドと提携 ゼロ知識インフラ「Proof Cloud」を発表
Polyhedra NetworkがGoogle Cloudと提携し、ZK-as-a-service「Proof Cloud」を発表。ゼロ知識証明の生成を簡略化し、個別要件に最適なインフラストラクチャを提供する。Google Cloudは、AIの品質管理に関する機械学習機能を強化するため、ゼロ知識技術を活用するためにPolyhedraと協力する方針だ。
17:29
HashPalette『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画発表
メタバース型ファーミングブロックチェーンゲーム『THE LAND エルフの森』と『EXPO 2025 デジタルウォレット』のコラボ企画が2024年4月24日に開始。特別な釣りイベントで万博チケットを獲得するチャンス!NFT関連事業を手掛けるHashPaletteが開催。
16:16
コインチェックTVCMを5月に放映開始、稲垣吾郎と鈴木もぐら出演
コインチェックが新CM「コインチェッくん篇」を、半減期後となる2024年5月から放映開始。稲垣吾郎と鈴木もぐらが出演。暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン買うならコインチェック」と訴求する。過去のCMからの一貫性にも注目だ。
12:18
ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む
イランとイスラエルを巡る中東情勢不安が株やビットコイン市場に重くのし掛かる中、6万ドルのサポートライン上で際どく推移するBTC価格。ビットコインETFへの資金流入は、過去4週間にわたって減少傾向にある。
12:10
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
10:10
韓国ウォン、対仮想通貨取引高で世界トップに 日本円は?
金融リサーチ企業Kaikoは、中央集権型取引所におけるビットコインなど仮想通貨取引高で、韓国ウォンが米ドルを上回ったと指摘した。
08:50
イーサリアム大口保有者、50億相当を売却
50億相当の仮想通貨イーサリアムを売却して約6億円の損失を出した大口保有者がいることをLookonchainが報告。このアドレスは先月から注目を集めていた。
08:30
Web3のMMORPGゲーム「EFAS」、ソラナ上で経済圏構築へ
EFASはソラナラボが提供する「GameShift」を用いる。「GameShift」とは、ソラナラボが2023年11月にベータ版をリリースした、ゲーム開発者がソラナ上でブロックチェーンを活用した体験をより簡単に作成できるように設計されたプラットフォームだ。
07:30
ソラナ混雑原因のOreマイニング、v2に向けて採掘活動を停止
仮想通貨OREマイニングの停止は永久的なものでなく、システムを最適するためのバージョン2をリリースするために一時的に休止するものだ。
06:50
14年動かなかったビットコイン、4.8億円相当が移動
3日後に半減期を迎える中、2010年4月から動いていなかったビットコイン4.8億円相当が送金された。送金先は仮想通貨取引所コインベースだと指摘されている。
06:30
10万円のイーサリアムOS搭載スマホ「ethOS」、一般販売開始 
ブロックチェーン基盤のethOSフォンは、グーグル「Pixel 7a」機種にイーサリアムのOSがプレインストールされた端末で、分散型のメッセージ機能や決済機能の利用が可能だ。
06:00
a16zが新ファンドで1.1兆円調達、Web3ゲームにも投資か
調達した資金がどのように投資されるかは不明だが、同社のゲーム・ベンチャーは以前、Web3・ブロックチェーンゲーム分野に関心を示したことから、関連の仮想通貨銘柄にも投資すると期待されているようだ。
04/16 火曜日
17:08
暗号資産取引関連の損益計算、約15%が「今回が初めて」と回答|Gtaxアンケート
株式会社Aerial Partnersが実施した「Gtax」利用者向けの2024年暗号資産(仮想通貨)確定申告アンケート結果。取引用途が多岐にわたり、計算処理が複雑化する中で、損益計算の計算ツールへの切り替え需要が高まっていることが示された。
16:23
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
14:25
リップル裁判、23日の公判前にSECと和解する可能性は
米証券取引委員会対リップル社の公判が4月23日に迫る中、16日に公判前会議が予定されていることから、両者が和解するのではないかとの憶測が広まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア