CoinPostで今最も読まれています

分散型ID開発のオントロジー、2023年のロードマップを発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2023年のロードマップ

Web3に特化した信頼・プライバシー・セキュリティに主眼を置いた分散型IDソリューションおよびデータ特化型のオープンソースプラットフォームを開発するOntology(オントロジー)は23日、2023年のロードマップを公開した。技術、分散型アイデンティティ、エコシステムの3領域で、それぞれ計画を示している。

技術領域のロードマップ

まず、技術面では主に以下の項目を進めていく。

  • メインネットのパフォーマンス最適化を継続
  • ノードとユーザーのステーキング機能およびUIの最適化
  • Ontology EVM Web3 インターフェースの改善
  • 技術文書などを改善し、開発者フレンドリーにする
  • ツール開発など、レイヤー2エコシステムへの注力
  • セキュリティをさらに強化
  • OWNインフラの機能をWeb3の変化する需要に対応させる

オントロジーの独自トークンONTは、トークン保有者に、ガバナンス投票権やトークンをステーキングする権利を付与するものだ。23年には、このステーキング機能やユーザーインターフェース(UI)がさらに進化する形である。

なお、ONTのステーキング報酬は、オントロジー・ガス(ONG)という別のトークンで渡される。このONGは、メインネットを動かす手数料であり、スマートコントラクトの実行やトランザクションの発行など、オントロジー・ブロックチェーンの操作を行う際にも活用されるものだ。

オントロジーは2022年に、独自のイーサリアム仮想マシン(EVM)である「Ontology EVM Web3」を正式に立ち上げている。

これは、イーサリアム上の何千人もの開発者をオントロジーに誘致することを目的として開発されたものだ。ブロックチェーン間の相互運用性を高めることで、開発者の移行コストの削減、より低いガス代などを可能としている。

関連オントロジー、イーサリアム仮想マシンを正式ローンチ

OWNインフラストラクチャーである「Ontology Web3 Network」もアップデートの範疇内。このインフラストラクチャーは、複数の開発ツールを一ヶ所で提供することを目指すものであり、多言語サポートが存在し、マルチチェーン・マルチアセットに対応している。

分散型アイデンティティ領域のロードマップ

オントロジーは2023年、分散型アイデンティティ(DID)と分散型データの、様々な分野での導入をさらに後押ししていく姿勢だ。DID、データ、レピュテーション管理機能を統合して、ユーザーのプライバシーや情報の保護をさらに強化することを目指す。

分散型IDとは

分散型IDとは、中央集権的な身分証明証の発行機関や組織などに依存することなく、自分が誰であるか、また自分に関する情報や保有する資格などを証明・管理することのできる、新たなタイプのIDを指す。

▶️仮想通貨用語集

オントロジーは、独自の分散型IDである「ONT ID」を提供しているところだ。現在はオープンソース化されており、KYC(本人確認)、ウェブサイトへのログイン、P2P(ピアツーピア)通信機能などのオプションも追加されている。

大手自動車メーカーのメルセデスベンツグループもONT IDを基盤にしたサービス、「ウェルカムホーム(Welcome Home)」を共同開発している。ドライバーの車内体験をよりパーソナル化し、その管理プロセスを簡略化するものだ。

ドライバーは本人確認を即座に行ったり、IDを利用して車をレンタルする際に音楽や照明、空調などの設定を受け継ぐことなどができる。

オントロジーは、その他にも、移動サービス用ブロックチェーンの開発を行う「bloXmove」とも提携。運転免許証などを、匿名性の高い方法で共有できるようにするなどしている。

関連Web3時代のIDソリューション、ONT IDとは

エコシステム領域のロードマップ

オントロジーは、2022年に、Ontology EVMのローンチと同時に、独自トークンの形で1,000万ドル(約13.6億円)相当となる開発者向けファンドを設立している。参加プロジェクトが、技術、マーケティング、ビジネス開発などの面でオントロジーから手厚いサポートを受けられるものだ。

2023年には、このファンドへの参加プロセスがよりシンプルにアップグレードされ、開発者がOntology EVM上でさらに開発しやすくなる見込みである。

開発者サポート関係では、2022年4月には、主要な開発者コミュニティ「Dora Hacks」と共同でオンラインハッカソンを開催しており、NFT(非代替性トークン)や、DAO(自律分散型組織)など様々なWeb3分野に取り組む26のプロジェクトが参加した。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア