CoinPostで今最も読まれています

Visaが描く決済の未来とは 従来型とWeb3型が共存する時代へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンは「ブロードバンド時代」へ

決済大手Visaの暗号資産(仮想通貨)部門のトップCuy Sheffield氏は6日、公式ブログでインターネットの黎明期に言及。今まさに「ブロードバンド時代」を迎えようとしているブロックチェーン技術が、今後大きく発展する可能性を確信していると語り、同社が想定する将来像を紹介した。

Sheffield氏は、その黎明期には誕生したばかりのインターネットを「将来性のないハイテク・プロジェクトにすぎない」と軽んじる傾向は珍しくなかったと指摘。「遅くて信頼できず、不恰好で使い勝手の悪い」当時のインターネットやブラウザからすると、その評価も無理からぬものだったと述べた。

しかし、インターネットを支えるオープンソース技術は進化を続け成熟していく。ブロードバンド、Wi-Fi、3G接続によるネットワーク性能の拡張、スマートフォンの登場と消費者向けの様々なアプリ開発などの相乗効果により、インターネットは発展し今日に至る。

今日、インターネットは宇宙からライブビデオをストリーミングできるほど速く、多くの場所で無料になるくらい安く、6歳の子供でも簡単に使えるようになった。

Sheffield氏は、初期のインターネットと今日のブロックチェーンには類似点があると指摘。批評家は「ブロックチェーンは遅すぎるし、使いにくすぎる上に、高すぎる。ユースケースもない」と批判しているが、インターネットに対する批評を思い起こさせると語る。

Visaはインターネットの黎明期にその可能性を見出し、発展をサポートする上で大きな役割を果たしたと同氏。そして今日、同社はブロックチェーン・ネットワークに大きな可能性を見出しており、様々な未来が想定できるとして、現在取り組んでいるユースケースについて紹介した。

ステーブルコインによるグローバル決済

Visaは5日、加盟店契約会社(アクワイアラ)へのステーブルコインUSDCによる決済機能を、ソラナ(Solana)ブロックチェーンに拡大すると発表した。

Visaは2021年からイーサリアム(ETH)基盤のUSDCによる決済の試験を開始。Crypto.comとの試験運用を経て、イーサリアム上での実装を果たした。今回、ソラナを選んだのは「高速で手数料が極めて安い」ためだという。

関連:VisaがソラナでUSDC決済対応へ

Sheffield氏は、Visaのネットワークが今後、「複数の通貨や銀行の決済ネットワークだけではなく、複数のブロックチェーンネットワークやステーブルコイン、CBDC、トークン化された預入金」を支える未来を想像していると語る。

Visaの役割は、「優先される通貨、決済ネットワーク、電子機器の仕様・規格に関わらず、ユーザーのニーズに対応することだ」と同氏は主張し、次のように述べた。

我々は、伝統的な法定通貨と旧来の決済ネットワークが、グローバルな24時間365日リアルタイムのブロックチェーン・ネットワーク上で機能するトークン化された法定通貨と、共存する時代が長く続くと予想している。

様々な新機能の実験

Visaは、積極的にブロックチェーン技術を活用した決済サービスの導入に取り組んできた。また、様々な先進的な実験も行なっている。

今年2月には、仮想通貨決済サービスを提供するWirexと新たなパートナーシップの提携を発表。英国を拠点として仮想通貨決済アプリを提供するWirexは、世界40カ国以上で仮想通貨対応のデビットカードとプリペイドカードを発行できるようになる。

関連:Visa、仮想通貨決済のWirexと戦略的パートナーシップ締結

今年5月には、イーサリアムのERC-4337「アカウント抽象化」という仕組みを使った実験を行い、報告書を公開した。

アカウント抽象化とは「スマートアカウント」とも呼ばれ、ユーザーがアカウントでスマートコントラクトを使用可能にするブロックチェーン技術で、高度な支払い機能を利用できる。今年3月にイーサリアムのメインネットに実装された新しい機能だ。

この実験には、Visa独自のスマートコントラクト「Paymaster」を使用。Paymasterは、取引をカスタマイズしたり、ユーザーがスマートコントラクトとやり取りする際のガスの支払い処理など、アカウント設定の管理を可能にする。

関連:Visaのイーサリアム実験報告書、「アカウント抽象化」による取引機能を探求

直近では8月に、イーサリアム・ブロックチェーンのガス代を、カードを使って法定通貨で支払えるようにするための実験を行った。

同社はブロックチェーン技術は決済分野で大きな可能性を秘めている一方で、ガス代の支払いのためにネイティブ通貨が必要となるなど、従来の決済にはない複雑さもあると指摘。ガス代の支払いを、カードでコーヒーを買うのと同程度に簡略化することで、ユーザー体験の向上を目指す。

関連:イーサリアムのガス代をカードで支払い Visaが実験を実施

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。
13:40
「Proof of Play」、a16zなどから約50億円調達
ブロックチェーンゲーム企業「Proof of Play」はシードラウンドで約49億円を調達した。プレイヤーが世界構築に参加できるWeb3ゲームを開発していく。
12:17
ビットコイン続落、FOMC後の金融引き締め長期化懸念で日米株安進む
暗号資産(仮想通貨)相場でビットコインが続落した。FOMCにおけるFRBの2024年の金融政策見通し悪化を受け、株安が進んでいる。
12:00
10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は
2023年4月8日に黒田前総裁が退任し、翌9日より植田新総裁が就任し新体制へ。黒田前総裁は10年間でどのような政策をとり、経済・市場環境にどのような影響を与えたのか、また植田新総裁の現時点で発表されている政策による今後の影響も解説します。
11:45
韓国釜山市がWeb3産業育成に本腰 取引所も設立へ
韓国の釜山市はブロックチェーン育成関連の計画を発表。独自メインネットやデジタル資産取引所、100億円規模の育成ファンドを立ち上げるとしている。
11:00
チューリンガムの親会社クシム、Zaif親会社と経営統合へ
Web3企業チューリンガムの親会社クシムは、カイカエクスチェンジホールディングスと経営統合することを取締役会で決議したと発表した。仮想通貨取引所Zaifの運営企業も連結対象となる予定。
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、日銀マイナス0.1%金利維持|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。
16:56
コナミ初のweb3プロジェクト「ZIRCON」、東京ゲームショウで発表
コナミがweb3進出 国内ゲーム大手企業のコナミデジタルエンタテインメントは21日、「東京ゲームショウ2023(TGS2023)」のステージにおいて、ブロックチェーン技術を活用…
15:42
マウントゴックス弁済期限、2024年10月まで延長
2014年に経営破綻した仮想通貨取引所、マウントゴックスの債権者へのビットコインや現金による弁済の期限が、1年延長されることが確認された。弁済先情報が提供されている債権者に関しては、年内に弁済を開始する可能性もあるとしている。
14:44
「ゲソてん byGMO」ブロックチェーンゲームを統合へ
GMOメディア株式会社は、ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」のレイヤー2であり、ゲームプラットフォームとして機能する「GESOTEN Verse(仮)」の開発を発表。従来のWeb2ゲームポータル「ゲソてん byGMO」とユーザー基盤を連携する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧