CoinPostで今最も読まれています

アップル社、FTXサム前CEOをテーマにした書籍の映画化権落札

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

サム前CEOの伝記が映画に

テクノロジー大手Apple(アップル)社は、破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOをテーマにした本の映画化権を獲得した。The Anklerが報じた。

情報筋によると、落札価格は約7億円(500万ドル)だったとされる。

この本は、米国のジャーナリストでベストセラー作家マイケル・ルイス氏の「Going Infinite: The Rise and Fall of a New Tycoon(無限へ:新たな富豪の興亡)」と題されたものだ。10月3日に出版される予定である。

ルイス氏はフリード氏に対して一年間取材を行い、その台頭からFTXの破綻、フリード氏逮捕と一連の出来事を目撃した。稀にみる高額の落札価格は「Going Infinite」が話題になると見込まれていることを示唆している。

ルイス氏は、2015年のヒット映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の原作者としても有名だ。「Going Infinite」についても映画化が予定されていることになる。

アップルが、この映画をストリーミングサービスでリリースするのか劇場公開するのかはまだ明かされていない。アップルは、定額制の動画配信サービス「Apple TV+」を運営している。

様々な映画化プロジェクトが始動

フリード氏に関しては、これまでに合計で少なくとも8つの映画プロジェクトがハリウッドで進められていると報告されている。

例えば、アマゾン・プライムでも、マーベルの「アベンジャーズ」を監督したジョー&アンソニー・ルッソ兄弟が、FTXのミニシリーズを担当するという。

関連FTXの盛衰物語にハリウッドも注目、制作ラッシュ相次ぐ

それに加えて、ナネット・バースタイン監督による映画の制作も進行中だと伝えられているところだ。バースタイン監督は、ウイルス対策ソフトの先駆者であった故ジョン・マカフィー氏や、米国務長官を務めていたヒラリー・クリントン氏に関する映画を手がけていることで知られている。

創設からわずか2年で業界の代表的な大手取引所に成長したFTXが破綻し、フリード氏がマネロンや電信詐欺などの疑いで逮捕されるという変転は、世間の注目を集めるものだった。

また、フリード氏の独特の髪型や服装、言動も映画やドラマと親近性があると考えられた可能性もある。

FTXとは

SBF氏が率いていた仮想通貨取引所。2019年の創設後、急速に頭角を表し、業界最大手バイナンスに次ぐ大手取引所へと成長していた。その後に経営破綻し、11月に米国で破産申請を行なっている。

▶️仮想通貨用語集

初公判が延期となる可能性

書籍の発売予定日10月3日は、当初フリード氏に対する公判開始の日として設定されていた。

現在、フリード氏側の申し立てにより、この期日が5か月延期になる可能性が浮上している。

フリード氏の弁護士は、フリード氏は裁判に向けて証拠を検討する必要があるが、メトロポリタン拘置所がそうした証拠を収めたハードドライブをまだフリード氏に提供していないと述べた。

ニューヨーク地裁のカプラン判事は、「真に予期されていなかった必要性が生じた」ことを証明できる場合には、オンライン審理の開始を延期することも可能だとしているところだ。

関連米仮想通貨・株投資アプリ「ロビンフッド」、FTXサム前CEOらの所有していた株式を買戻し完了 6億ドル相当

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア