LINE独自の巨大経済圏『LINEトークンエコノミー』を始動|5つのdAppsサービスを発表

LINE独自の”巨大経済圏”
月間アクティブユーザー数7,600万人以上とされるLINEが、独自の経済圏を始動する。未来予想やQ&A、商品やグルメレビューなど5つのdAppsサービスを開始。貢献レベルに応じたインセンティブとして、独自コイン「LINK Point」を獲得できる。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

LINE独自の”巨大経済圏”

27日に発表した公式アナウンスでは、「LINE Token Economy」は、LINEが独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤(メインネット)として「LINKエコシステム」を構築し、サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、ともに成長していくことができる共創関係を目指すトークンエコノミー構想としています。

出典:LINE公式サイト(LINE Token Economy)

ユーザーは、新たな「dApp」サービスや、「LINKエコシステム」へ参加するLINEサービスに登録・利用することで、アクション内容やサービスへの貢献レベルに応じ、インセンティブとして独自の汎用コイン「LINK Point(日本向け)」や「LINK(海外向け)」を獲得することができます。

日本国内の居住者のユーザーに向けた「LINK Point」は、「LINKエコシステム」に参加する他の「dApp」サービスで使用できるほか、「LINEポイント」に交換して、1ポイント=1円として、国内9.4万箇所に利用可能な「LINE Pay」での決済や、LINEサービスでの購入・決済時に利用可能だとしています。

開発者用キットの公開を準備

現在の開発者用キットの公開準備を進めており、2019年中を目処にLINE以外が提供するサービスも参加可能となる予定です。

これによって、サービス提供者側は、多くの時間とコストをかけて独自でブロックチェーンネットワークやトークンエコノミーを開発・構築する手間をかけることなく、トークンエコノミーを導入することが可能としています。

FINSUM2018の講演内容

日経新聞社・金融庁共催サミット「FIN/SUM2018」の講演にて、LINEが2つの新しいdAppsサービスを発表しました。

9月26日『ブロックチェーンで変わる世界と知財戦略』と題したパネルディスカッションにLINE株式会社 足立昌聰氏が登壇。

2つの新サービス、「4CAST」と「Wizball」を発表。足立氏は、CoinPostの取材に対し、これらのサービスについて公の場で話すのは初めてと語りました。

今回は、「4CAST」そして「Wizball」の発表となったが、今後もさらにdAppsアプリを発表して行く予定があり、dAppsでも「LINK Point」を使っていただけるような仕組みを考えている。

日本ではメッセンジャーアプリとしてLINEが主に使われていることから、他社との連携も視野に入れているということで、ますますLINK Pointが使えるプラットフォームが広がっていくと思われます。

出典:CoinPost撮影

9/27追記:新たに3つのdApps発表

商品レビュー:Pasha

グルメレビュー:tapas

スポットレビュー:STEP

の3カテゴリを新たに発表しました。

4CASTとは

出典:公式ホームページより

4CASTとは、未来予想プラットフォームです。

実際にアプリをダウンロードしてみると、数ヶ月後〜数年後のイベントが掲載されており、イベントやスポーツの試合に対して、勝敗などを予想するプラットフォームとなっています。

予想が的中したらLINK Point(LINE Pointと交換可能)が付与されるという仕組みで、今後そのLINK PointがLINEプラットフォーム上で使うことができるポイントとなるのでしょう。

詳しい解説は、CoinPostが提携している「dApps Market」でも紹介されています。

また、こちらより、4CASTアプリがダウンロード可能です。

wizballとは

出典:公式ホームページより

Wizballは、知識共有のためのQ&Aサービスです。質問を投稿し、回答者に対して「LINK Point」が付与される形(LINE Pointと交換可能)となります。

LINE独自のブロックチェーン(LINK chain)を基盤とし、サービスの価値向上に貢献したコミュニティメンバーと価値を分かち合うことで、より良い情報共有環境を創り上げていくことを目指すプラットフォームとなります。

Wizballのサイトは こちらよりご覧下さい。

LINEは8月31日「LINE Token Economy」構想を発表し、独自ブロックチェーン「LINK Chain」を発表したことは、記憶に新しいのではないでしょうか。

現在シンガポールにて、仮想通貨取引所BITBOXを運営(日本、アメリカ在住者は利用不可)しており、LINKと呼ばれるトークンも発行中です。

現在日本ではLINK Pointとしてポイントが付与される形となっているが、今後規制が緩和した場合、LINK PointがLINKトークンとして付与されるような仕組みになってくることも予想されます。

LINE社より、ブロックチェーンに関する発表を近々行うと発言しており、今回のdAppsサービスについても触れると予想されます。

CoinPostの関連記事

【速報】『LINKトークン』とLINEの独自仮想通貨エコシステムを「年内に」稼働開始予定と発表
>Coindesk社主催の仮想通貨カンファレンス、Consensus Singaporeで行われたプレゼンテーションでLine社は独自仮想通貨エコシステムを今年12月までに稼働開始する予定を明かした。
【速報】LINEの独自仮想通貨「LINKトークン」10月16日 BITBOXで売買可能に
本日、LINEの運営する仮想通貨交換所「BITBOX」へ独自の仮想通貨「LINK」が10月16日に上場することが発表された。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加