CoinPostで今最も読まれています

テラクラシックコミュニティ、 ステーブルコインUSTCの発行停止を決定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

全てのミントを停止

暗号資産(仮想通貨)テラ・クラシック(LUNC)コミュニティは、ステーブルコインUSTC(テラ・クラシックUSD)の全てのミント(発行)及び再ミントの停止案を決定した。21日に締め切られたコミュニティ投票では、約59%が賛成票を投じ、USTCのmint(鋳造)および再mintを停止する提案が可決された。

LUNCコミュニティは、USCTの供給量を削減するためのバーン活動に参加しているが、今回USTC発行を終了することでUSTCの新規供給を止め、米ドルとUSCTの再ペッグを確立するための取り組みが強化される。

コミュニティはまた、大手仮想通貨取引所バイナンスに対し、USTCをバーンするよう依頼する提案を可決した。提案によるとバイナンスは現在、50%のテラ・クラシックトークンLUNCを毎月バーンしているが、残りの50%をUSTCのバーンに割り当てるよう働きかけることになる。

バーン(焼却)

仮想通貨を出金不可能なアドレスに送付し、発行枚数を減らす行為。バーンをすることで、流通する通貨の一枚あたりの価値が高まることになる。株式の「自社株買い」に似た供給量を減らす仕組み。

▶️仮想通貨用語集

エコシステムの崩壊から再興を目指す

旧テラ(LUNA)は、アルゴリズム型ステーブルコインのブロックチェーン決済ネットワークとして開発されたが、旧TerraUSD(UST)は、2022年5月に米ドルとの価値との乖離(デペッグ)が発生し暴落。数日間のうちに99.99%の価値を失った。裏付け資産であった旧LUNAも大きく影響を受け、両方が暴落していくデススパイラルに陥った。

デペッグ騒動から復興を目指すテラは、新しいテラチェーンとなるテラ2.0の作成(ステーブルコイン発行なし)をコミュニティ投票で可決し、旧チェーンはテラ・クラシック(LUNC)とリブランディングされ、継続することとなった。ステーブルコインUSTは、新たにUSTCとしてテラ・クラシック・チェーン上に引き継がれて今日に至る。

しかし、暗号資産(仮想通貨)業界を揺るがしたデペッグ騒動の影響による負の遺産はとてつもなく大きい。

USTの米ドルの価値とのペッグ(連動)維持のためには、UST価格に基づき、LUNAトークンを発行したり、バーンしたりすることで供給量を調節するアルゴリズムが使用されていた。UST価格が1ドルを超えると、LUNAをバーンすることで1USTを入手できる一方、UST価格が下落した場合は、1USTを1ドル相当のLUNAと交換できる仕組みだ。

そのため、USTが下落するほど大量のLUNAが発行され、市場で売却されることになる。実際、デペッグが発生すると、LUNAの流通量は22年5月8日時点の3億4000万枚から5月13日に6兆枚強まで増加した。

バーンされたLUNCの量を追跡するLUNC Metricsによると、コミュニティがこれまでにバーンしたのは約750億LUNCのみで、流通している約5.8兆LUNCの約1.3%に過ぎない。ペッグの再確立を目指すUSTCの価格は執筆時現在、0.01264210ドルとなっている。

LUNCコミュニティは、トークン発行停止によって、LUNCのバーンを促進し価値を高めることで、USTCの価値回復を目指しているが、復興への道のりは長く、険しいものになりそうだ。

関連:フルスタック開発者チーム「六人の侍」 テラ・エコシステムの復興目指す

米SECが創設者を提訴

米証券取引委員会(SEC)は今年2月、崩壊したテラエコシステムを運営していたTerraform Labsと、その創設者であるDo Kwon氏を、証券詐欺を指揮したとして提訴した。

ステーブルコインUSTおよび仮想通貨LUNAがほぼ無価値同然となり、市場では合計約5.9兆円(400億ドル)以上の価値が失われた。

関連:米SEC、旧テラの創設者Do Kwon氏を提訴 証券詐欺で

韓国の捜査当局は昨年9月、資本市場法違反の容疑でKwon氏に逮捕令状を発行。その後、国際刑事警察機構(インターポール)の国際指名手配リストへの掲載手続きを開始しするとともに、韓国外務省に対して、同氏のパスポートを取り消すよう要請した。

関連:韓国の捜査当局、Do Kwonの国際指名手配の申請開始

Kwon氏は3月、偽造書類を用いてドバイへ渡航しようとしていたとしてモンテネグロで逮捕され、現在服役中だが、米国と韓国は同氏の身柄引き渡しを求めている。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア